■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これが992世代、新型ポルシェ911ターボだ!伝説の「5マイルバンパー」復活か

これまで何度かそのプロトタイプが目撃されてきた新型ポルシェ911ターボですが、今回はおそらく工場内で生産もしくはテスト中だと思われる992世代の911ターボの画像がリーク。これはインスタグラムユーザー「t_schleicher」氏によって投稿されたもので(まだ画像やアカウントは削除されていない)、奥の方に映っている赤い作業着からしても「やはりポルシェの工場内部」っぽい感じです。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

世界に一台、走行したのは一度のみ。そのランボルギーニ・マルツァルが51年ぶりにモナコで「二度目の走行」を行う

投稿日:

| マルツァルが51年ぶりにモナコの市街地サーキットを走行 |

ランボルギーニ・マルツァルがモナコを走行。
なぜこれがニュースになるのかというと、ちょうど51年前にも、このマルツァルが同じモナコの市街地コースを走ったためで、まさに「時を経て当時の再現」ということになります。※マルツァルは一台しか製造されていない
しかも、マルツァルが公道を走行したのは、その51年前の「たった一回のみ」なので、今回の走行が以下に貴重かつ歴史的なものであるかもわかりますね。








マルツァルはカウンタックの7年も前にデザインされている

ランボルギーニはベルトーネのデザインによってこの「マルツァル」を発表し、当時(1967年)F1モナコ・グランプリの場に展示。
この際にマルツァルに熱い視線を注いでいたのがモナコのレーニエ皇太子で、それがきっかけとなりモナコグランプリ開催前のデモ走行にはグレース妃とともにこのマルツァルで走行することに(フェルッチョ・ランボルギーニはプロモーション戦略に長けており、これこそ本人が画策したとおりだったのかもしれない)。

そういったこともあってマルツァルそしてランボルギーニはその名を世界に知られることとなっていますが(カウンタックが登場するのはこの7年も後になってから)、このマルツァルそのものが生産に移されることはないままに終わっています。

その理由は「スタイルが先進的すぎて一般には受け入れられないだろう」ということですが、実際にはあまりにも広いグラスエリアや、大きなガルウイングドア(重量増加や安全性、剛性の問題がある)が実際の理由だったのだろう、とぼくは推測。

lamborghini-marzal

ただしマルツァルは姿を変えて1968年に「エスパーダ」として発売され、つまりエスパーダは今年で50周年。
ランボルギーニはそのレストア部門「ポロストリコ」で再生したエスパーダも同時にモナコへと持ち込み、マルツァルとランデブー走行させるという粋な演出を行っています。

なお、マルツァル発表の翌年にエスパーダが早々と登場しているということを考えると、やはりマルツァルは「エスパーダを売るためのプロモーションツール」だったのかも(実際にエスパーダはけっこうなヒットになった)。

↓右がエスパーダ。マルツァルと形状は似ているものの、エンジンはフロントに移動(V12)

lamborghini-marzal2 (1)

ちなみに今回マルツァルを走らせたのはレーニエ皇太子の息子であるアルベール二世、同乗するのは甥のアンドレア・カシラギ。

lamborghini-marzal2 (5)



マルツァルが1967年以降どういった運命をたどったのかはわかりませんが、2008年のベルトーネ閉鎖時に個人コレクターへと売却されており、ということは「それまでベルトーネが保管していた」のかもしれません。
その後にレストアを受けてこの新車コンディションへと蘇っているものの、もしかするとレストアを担当したのはランボルギーニで、そのつながりで今回のモナコ走行が実現したのかも(このマルツァルの所有権は個人コレクターのままで、今年3月のジュネーブにも展示されている)。

lamborghini-marzal2 (4)

なお、デザイン的にはランボルギーニの「祖」にあたり、ハニカム(六角形)を前面に押し出したのはマルツァルが(ランボルギーニにとって)はじめてかも。

この六角形は現代でもランボルギーニの重要なデザインモチーフとなっており、アヴェンタドールやウラカンにも反復使用されていますね(とくにウラカンのダッシュボードはマルツァルそっくり)。

lamborghini-marzal2 (3)

車体はランボルギーニ・ミウラのものを流用していますが、4人乗りとするためにミウラの「V12」を半分に割って「6気筒」とし、車体後部へと搭載しているのがパッケージング状の大きな特徴。

今回はじめて「MARZAL」のロゴを見たことになりますが、「MIURA」と同じような感じで、牛をイメージしたものとなってますね。
このロゴデザインを見る限りではマルツァルも「闘牛」由来なのだと思われますが、実際のところは情報がなく不明です。

lamborghini-marzal2 (6)

なお、リアフードの「ハニカム」はムルシエラゴ(とくにLP670-4が近い)やアヴェンタドールにも形を変えて採用されるデザインモチーフでもありますね。

それでは動画を見てみよう

ランボルギーニは今回、マルツァルがモナコを走行する動画も公開。
まさかこのクルマが走っているところを見ることが叶うとは、と感無量です。※ランボルギーニによるプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.