>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスESは日本では売れない?「米では”車がステータスシンボル”だが日本では違う」

投稿日:2018/06/17 更新日:

| レクサスESは日本では売れない? |

東洋経済にて、”レクサス「ES」日本初導入の小さくない課題”という記事が掲載に。
記事中では日本にも導入が決まったレクサスESについて「アメリカとは事情が異なり、日本では売りにくい」クルマになる可能性がある、と指摘。

その理由としては日本だと上位モデルの「LS」、中級モデルの「IS」」との差別化が難しく、さらにトヨタブランドから発売されるクラウンとバッティングする可能性もある、と述べています。

アメリカでは出世するとレクサスESを買いに行く

レクサスESは「LS」とともにレクサスブランド立ち上げ当初からラインナップされているモデルで、「GS」が販売終了となるためにGSのポジションを獲得するであろうクルマ。
ベースはトヨタ・カムリで、レクサスのセダン中では唯一FFレイアウトを持ち、(日本人から見ると)レクサスの中ではちょっと特殊といえば特殊な立ち位置でもありますね。

そのために日本ではこれまで導入が見送られてきたのだとも考えられますが、アメリカでは「RX」「NX」に次いで3番目に売れているレクサスだそう。

アメリカにおける人気の高さについて、記事中ではその理由を「高級感」だとしており、ISよりも高級に見える内外装が「アメリカのお父さん」に人気だとのこと。
現地での価格はメルセデス・ベンツCクラスよりも安く、アウディA4/BMW3シリーズよりも高い値付けではあるものの、現地セールスマンの言では「レクサスにおいて、ESほど売りやすいクルマはない」。

その理由として、「アメリカでは乗るクルマがステータスを表す」という傾向があり、この理由としてはアメリカではクルマの購入形態についてローンやリースが一般的で、しかし高額なローンは収入に加えて「社会的地位」がないと組めない、ということを挙げています。
加えてアメリカのローンは日本とは異なって「人によって金利や貸付上限が厳しく管理され」、信用や社会的地位が低いと金利が高くなったり、借りることができるお金が少なくなる模様。

よって、いいクルマに乗っている人=収入と社会的地位が高いということになり、アメリカでは「出世するといいクルマを買いに行く」のが通例で、そして真っ先に選ばれるのがレクサスESという風潮があるようですね。

たしかにハリウッド映画を見ていても「昇進」すればいいクルマに乗り換えたりしているので、その傾向は一般的に通用する概念なのかもしれません。

日本では誰でも高額ローンを組める

一方で日本では簡単にローンを組めますし、金利が人によって変わるということも皆無。
社会人一年目でも高額ローンを組めますし、ローンを組むだけならフェラーリやマクラーレン、ランボルギーニでも審査は容易に通過すると思われます(払える/払えないは別として)。

よって日本では高級車に乗っている=「無理してローン組んだんだね。かわいそうに」という風潮があるものの、アメリカでは高級車に乗っている=銀行も認めた立派な人、ということになりそう。

実際にアメリカに行って「何に乗ってんの?」と現地の人に聞かれ「ポルシェ」と応えると、ほとんどの人が「おめでとう」と返してくるのに驚いたことがありますが、その影には「ポルシェのローン審査を通るほどに出世したんだね」という感情があったのだと今更ながらに思います。

そういった「日米の違い」があるためにカムリは「日本だと苦戦するかもしれない」というのが今回の記事の骨子のようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.