>フェラーリ(Ferrari)

特注カラーの「ジアッロ・モデナ」に彩られたエンツォフェラーリが販売中。そのデザインにはこういった秘話があった

| 最終的に採用されたデザインは「代案」だった | ロンドンのエキゾチックカーディーラー、DDクラシックスにて、エンツォフェラーリの中古が販売中(価格はASK)。ボディカラーは「ジアッロ・モデナ」で、これはエンツォフェラーリの場合、スペシャルオーダーカラー扱いになる、とのこと。ちなみにF40のボディカラーは選択の余地がなく「全てレッド」だったとされていますが、その後のF50や、このエンツォフェラーリも同じような状況だったのかもしれませんね。 フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダCX-30欧州スペックの画像、そしてエンジンラインアップが公開。その美しい姿を見てみよう

| 価格は公開されていないが、おそらくはCX-5に近い値付けになりそう | マツダが欧州仕様のCX-30についてスペック、そして画像を公開。CX-30はマツダ3に続く新世代商品第二弾という位置づけとなっており、CX-3とCX-5との中間といった設定。印象としてはCX-5のクーペ版というもので、プレミアム感の強い内外装を持っています。なお、CX-30のボディサイズは全長4,395ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,540ミリ。CX-3は全長4,275ミリ、全幅1,765ミリ、全高1,550ミリ、そしてCX-5 ...

ReadMore

>ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE)

車内に暖炉!ルノーの斬新なコンセプトカー「ルノー・フォー・ロシア」を見てみよう

| ピュアEV、完全なる自動運転車 | CGアーティスト、 Artyom Trofimenko 氏がルノーの新型コンセプトカー、「RENAULT FOR RUSSIA」を発表。名称はそのまま「ロシアのためのルノー」となりますが、これはデザインコンペに出展された作品のようですね。そのスタイルは先進的で、外観から想像できるとおり「自動運転」を備え、パワートレーンは「フルエレクトリック」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマ ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

まさかの公式!VWがかつての「ワーゲンバス」をEVにコンバートし公開。サスペンションはポルシェとの共同開発

| ホイールなどのデザインは「ボタニカル」 | フォルクスワーゲン・オブ・アメリカが「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン・タイプ2をレストア。これは、フォルクスワーゲンの「エレクトロニクス・リサーチ・ラボラトリー」が名称を変更し「イノベーション・アンド・エンジニアリング・センター・カリフォルニア」として新たに出発することを記念したプロジェクトだそう。 こちらもオススメ、関連投稿VWがゴルフGTI最強モデル「TCR」の詳細画像を公開。専用エアロ、そしてクーリングやブレーキも強化され専用ボディカラーも196 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

G-SHOCKにカーボンモデル続々発売!MUDMASTERにもカーボンケース&ベゼル採用のGG-B100が登場

| これにソーラーが内蔵されていれば「即買い」だったが | カシオが7月の新製品として、カーボンを使用した「MUDMASTER GG-B100」系を発売。カシオはこれまでも「強固、堅牢」な素材としてウレタン樹脂とメタルとケース素材に採用してきましたが、ここ最近は「第三の素材」としてカーボンを採用し、積極的に新製品を投入しています。今回発売されたGG-100系のカラーバリエーションは全3色で、価格はいずれも45,000円(税別)。ただしG-SHOCKの常として、すぐに価格が下がって「20%オフくらい」で買え ...

ReadMore

>ロータス(Lotus)

思ったより凄いの出た!ロータスが「世界最高出力」2000馬力のハイパーカー”エヴァイヤ”発表。日本には早くも9月8日に上陸予定

| 見た目は「クルマ」の形をしているが、中身はレーシングカーと考えたほうが良さそうだ | ロータスが先日よりティーザーキャンペーンを行っていたハイパーカー「Evija(エヴァイヤ)」を正式発表。ロータス初のEVそしてハイパーカーとなりますが、ざっと見ると「アストンマーティン・ヴァルキリー」なみのエクストリームな構造を持っており、一般的な「クルマ」の範囲を大きく超えた乗り物のようです。最近は先行するフェラーリやランボルギーニを追い上げるメーカーが新規/既存問わず多数登場しており、そしてアストンマーティンや今 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期アウディR8はない→一転し次期R8はV10エンジンで登場との報道。なぜそうなったのかを考える

| そこには様々な要素が複雑に絡み合っている | 次期アウディR8についてはその情報が交錯しており、「後継はない」「ピュアEVになる」等様々な話が出ています。そして今回はアウディスポーツのマネージングダイレクター、オリバー・ホフマン氏が英国Autocarに対し、「次期アウディR8はV10エンジン継続」と語ったと報じられています。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「新型2シリーズ・グランクーペはFF」。じゃあ次期2シリーズクーペやM2は?「安心しろ。それらはFRだ」

| BMWのボディ形状や、シリーズ間での差異はますます難解に | BMWは先日、「FRからFFベースにスイッチした」新型1シリーズを公開しましたが、やはりFFベースとなる新型2シリーズ・グランクーペも発表間近、との報道。なお、現在2シリーズにラインナップされるのは「2シリーズ・クーペ」「2シリーズ・グランドツアラー」「2シリーズ・アクティブツアラー」「2シリーズ・カブリオレ」。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

【動画】新型スープラをトップギアがテスト!なんとランボルギーニ・ムルシエラゴ、フェラーリF430より速いタイムを記録する

| しかしながらターゲットとするポルシェ718ケイマンSには及ばず、それよりもテスラ・モデル3のほうが速いのには驚きだ | スティグが新型トヨタ・スープラのステアリングホイールを握り、トップギア・テストトラックを走行。トップギア・テストトラックは、文字通りトップギアが所有しているサーキットで、もともとは飛行場、そしてその後はロータスのテストコースであり、2002年以降は現在のようにトップギアが使用する、という形態に落ち着いています。全長は2.83kmで、カーブ数は「12」。直線とカーブとが連続しており、ブ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

【試乗:スズキ・ジムニー】乗り心地、快適性は飛躍的に向上。「普通に乗れる」本格オフローダー

投稿日:2018/07/16 更新日:

| 意外と普通に乗れるクルマになっていたスズキ・ジムニー |

新型スズキ・ジムニーに試乗。
試乗車のグレードは最上位のXC、ボディカラーはキネティックイエローとブラックとのツートンですが、「XC」のみに設定されている「ボンネットまでブラックになる」カラーリング。
トランスミッションは5速マニュアルとなっています。








新型スズキ・ジムニーの価格/スペックは?

新型スズキ・ジムニーのグレードは三種類。
価格を抑えた実用的なXG、実質的に量販グレードになりそうなXL、そして豪華装備のXC。
ジムニーの場合は「実用」としての購入も多いと思われ、意外やXGも多くの販売比率を獲得するかもしれませんね。

ジムニーXC・・・17,444,200円(5MT)/1,841,400円(4AT)
(XLにプラスして)
・デュアルセンサーブレーキサポート
・LEDヘッドランプ
・へッドランプウォッシャー
・クルーズコントロールシステム
・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
・16インチアルミホイールなど
ジムニーXL・・・1,582,200円(5MT)/1,679,000円(4AT)
(XGに加えて)
・フロントマルチリフレクターフロントフォグランプ
・フルオートエアコン
・キーレスプッシュスタートシステム
・電動格納式リモコンドアミラー
・スモークガラスなど
ジムニーXG・・・1,458,000円(5MT)/1,555,200円(4AT)
・運転席/助手席SRSエアバッグ
・SRAカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
・エアコン
・フロント2スピーカー
16インチスチールホイールなど

さらに新型ジムニー・シエラのスペックはこんな感じ。

ボディサイズ・・・全長3395ミリ、全幅1475ミリ、全高1725ミリ
エンジン・・・658cc/3気筒ターボ
出力・・・64馬力
駆動方式・・・4WD
トランスミッション・・・5MT/4AT
重量・・・1030-1040kg
タイヤサイズ・・・175/80R16

新型スズキ・ジムニーの外観を見てみよう

ジムニーのルックスは「二代目ジムニーを意識した」先祖返り。
ただ、実際に新型ジムニーと二代目ジムニーとを見比べてみるとシルエットにはかなり差があり、とくにフロントのボリュームが新型ではかなり大きい模様。
これは画像だけだと判断しにくい部分ですが、実際に見ると「新型ジムニーは新型ジムニーであって、二代目ジムニーのリバイバルではない」と感じさせるところ。

L1040052

オーバーフェンダーがないぶん(ジムニー・シエラよりも)スマートに見え、より「ハコ」感が強く、そして(黒いオーバーフェンダーが無いので)塗装された部分の面積が大きく見えることも特徴ですね。
↓新型スズキ・ジムニーの外装インプレッション詳細は下記リンクにて

新型スズキ・ジムニーの内装を見てみよう

インテリアはシンプルの一言。
ただし傷つきにくい素材や、反射しにくい素材を使用するなど実用性を考慮。
加えてドア内張りやダッシュボードに「水平」なデザインを取り入れることで、斜面や傾斜において「どれくらい傾いているのか」を把握しやすくするなど、オフロード走行に特化したつくりとなっています。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/28379399337/in/album-72157698316064684/

メインのメーターもハードなイメージを持っており(航空機のメーター風)、そのクラスターの加工も「ヘアライン仕上げ」。
ここは常に目に入る部分でもあり、「かなり高く評価できる」部分ですね。

L1040104

その他のスイッチ類も「最小限」。これは扱いやすさを意識したものだと思われます。

シートは簡素なインテリアに反し、比較的「豪華」。
かなり分厚く大きいということですが、スズキによると「悪路での乗り心地」「長時間運転でも疲れないよう」配慮した結果だとのことで、新型ジムニーに対する考え方が如実に現れている部分かもしれません。

なお、インテリアはジムニー/ジムニー・シエラとも共通となっています。

L1040063

↓新型スズキ・ジムニーの内装インプレッション詳細はこちら

新型スズキ・ジムニーで走ってみよう

新型ジムニーはかなり「特殊」なクルマ。
ラダーフレームを採用しているというところもそうですが、タイヤが細く、そして直径が大きく、さらには最低地上高が高い(205ミリもある。参考までにトヨタ・ハリアーは175ミリ)という特徴があり、一般的な乗用車とは根本的につくりが異なる、と言えます。

なおぼくは2代目ジムニーに乗っていたことがありますが、今残っている記憶は「とにかく背が高くフラフラするクルマで、ステアリングがナーバス、ゴツゴツした乗り心地を持ち、かつうるさい」というもの。
よって今回ぼくが確認したかったのは「普通に乗れるのかどうか」。

新型ジムニーに乗り込んでシートポジション(マニュアル車なのでクラッチを基準にシートポジションを決める)、ミラー類を合わせますが、いずれも調節範囲は広く、自分に合ったドライビングポジションを出すのは比較的容易です。

L1040064

早速エンジンを始動させてみて感じるのは「かなり静か」。
トランスミッションは5速MTなので変速には当然マニュアル操作が必要。
手動式パーキングブレーキをリリースし、軽くアクセルペダルを踏んでクラッチをミートさせますが、クラッチが繋がるポイントは比較的わかりやすく、ナーバスさはないようです。

エンストを恐れて3000回転ほどでクラッチを繋いだものの、おそらくは2000回転、もしかするとアイドリングからのスタートも可能かも。

走り出したところでどんどんシフトアップしてゆきますが、気持ち良く走るには3000回転以上回すのが好ましく、しかし3000回転くらいだとそれほど室内もうるさくはならないので(アウディTTのほうがたぶんうるさい)、スズキは新型ジムニーにおいて相当に静粛性に注意を払ったようですね。

L1040083

実際のところ、スズキはシフトレバーがエンジン/トランスミッションの振動でブルブル震えないようにそのマウント方法を変更したり、シートを肉厚にしたり、ラダーフレームとキャビンとの間のブッシュを上下方向に柔らかくしたり、と様々な手法にて乗り心地を良くする方法を考えている模様。

シフトレバーについてはその長さに起因してか「テコの原理」で振動が大きく伝わり、これを完全に解消するのは難しかったと見え、しかし意外とこれは気になる部分でもあり、MT車を選ぶのであれば、重量があり振動を吸収できるシフトノブに交換した方が良さそう。

そしてスズキの努力の甲斐あって、新型ジムニーの乗り心地に関しては望外に良く、静粛性もまずまず。
振動も少なく、2代目ジムニーに乗っていた身としてはかなり驚かされるところでもあります。
足回りは良く動く印象で、凹凸がある路面でも尖った衝撃を伝えず、かつゆっさゆっさと揺すられる場面もなく、かなり優秀。

カーブを曲がる際もさほど不安を感じず(乗用車に比べるとさすがに車高の高さを感じる)、ブレーキング時の姿勢変化も少なく、かなり安心して普通に運転できるという印象が強いクルマです。
特にステアリングのロック・トゥ・ロックが(おそらく)小さいのは非常に気持ち良く、角度の強いカーブを曲がるときにもステアリングホイールを「ぐるぐる」回さなくていいのは高く評価したいところ(マニュアル・トランスミッションでロック・トゥ・ロックが大きいと扱いにくい)。

L1040065

スズキは軽自動車向けに5AT(オートギヤシフト)とCVT、普通車向けには6AT(エスクードに採用されている)とありますが、それでも用意されるトランスミッションが5MTもしくは4ATなのは「世界中で売ること(中には新興国もある)」を考え、少しでも価格を下げたかったり、補修を容易にしたいということがあったのかもしれませんね。

なお、「2WD(FR)」と4WDとではかなり走行フィーリングが異なり、4WDを選択するとかなり「重く」なります。
実際にスタート時には2WDと同じ感覚で(4WD時に)クラッチを繋ぐと「あれれ」というくらい発進にモタつくので(あわやエンストしそうに)、4WDは相当に負荷があること、つまり燃費が悪くなるであろうことも予想されます。
ただし通常は2WDでも全く問題はなく、よって4WDで走る必要性がなければずっと2WDで走るのが良さそうですが、コーナリング時には4WDのほうが接地感が強く、安心感が高いのも間違いのないところ。

結局どうなの新型スズキ・ジムニー?

スズキは比較的クルマづくりに長けていて、顧客の嗜好に応じたクルマを「つくり分ける」ことができるメーカー。
様々なラインアップを持ちながらもそれぞれのクルマの方向性が明確で、そのために消費者にもその特徴か「伝わりやすい」と思います。

ジムニーの場合は単純に「オフローダー」で、そのためにかなりのものを「切り捨て」、しかし一方ではその悪路走破性のために妥協をしなかったクルマでもありますね。

おそらくですが、ぼくが考えるに長期的に人気化するのは軽自動車規格の「ジムニー」。
実需が大きく、実需となると維持費含めて少しでもコストの低いクルマを選ぼうとする傾向が出てくるので、そのために普通車ではなく軽自動車のほうが好まれるだろう、と推測。※実際に生産量も軽のジムニーの方が多い

ジムニー・シエラのほうがパワーがあって安定感も感じられ「使いやすい」のは事実ですが、基本となる車体は同一で、インテリアの仕様も同一。
つまりジムニー・シエラだからといって(普通車となったぶん)乗り心地が良かったり静かだったり快適なわけではなく、(ワイルドな外観のクルマに)快適性を求めるのであれば「クロスビー」という選択も。

つまりジムニーシリーズはまず「軽規格のジムニーありき」で、こちらのほうが本来の姿なんじゃないか、と思った次第です。

あわせて読みたい新型ジムニー関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >スズキ(SUZUKI), ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.