ad-728





●ポルシェ718ケイマン(982) ■ニュース

ポルシェ718ケイマン納車直後の印象。外装について感じたことをまとめてみた

| ポルシェ718ケイマンの外装をチェックしてみよう |

さて、納車となったポルシェ718ケイマン。
ここでその外装について紹介してみようと思います。
718ケイマン自体はなんどか試乗しているものの、試乗にて「ディーラー所有のクルマ」として見るのと、実際にお金を払って購入し「自分のクルマ」として見るのとでは大きな違いがあり、今までに気づかなかった部分も多数。

ヘッドライト

ぼくのケイマンには「ダイナミックコーナリングライト」が装着済み。
これはカーブで「ステアリングを切った方向を照らす」というものですが、ヘッドライトの内部構造が標準のヘッドライトとは異なります。

ポルシェはヘッドライトの種類が多く、718ケイマン/ボクスターだと「標準」のほか、「ダイナミックコーナリングライト(142,000円)」「LEDヘッドライト(323,000円)」「バイキセノンヘッドライト ティンテッド(232,000円)」の4種類があり、それぞれ見た目が異なります。

L1050163

標準だとシンプルなプロジェクター式となり、デイタイムランニングランプはフロントバンパー内のポジションランプがこれを兼用。
ダイナミックコーナリングライトはプロジェクター周辺がゴツくなり、プロジェクターレンズ周辺に4つのLED」が内蔵され、これがデイライトに。

そしてLEDヘッドライトは内部構造が全く変わり、ライトハウジング内の4角にLEDデイタイムランニングランプが装着され、未来的な雰囲気となります。
「バイキセノンヘッドライト ティンテッド」は「ダイナミックコーナリングライト」とおそらく構造は同じで、しかしヘッドライト内部がブラックで精悍な印象へと変身。

なお、ヘッドライトのカバーは「バブル」形状をもっています。

L1050196

テールランプ

718ケイマンへと移行した後、テールランプ内部構造が大きく変化。
外側のレンズがクリアとなり、ランプ内部を見せる構造となりましたが、ポルシェが推し住める「クワッド(4つの)LED」が用いられたデザインとなっています。

L1050216

987世代のケイマンのフェイスリフト後(LED化)でも感じましたが、テールランプが変わると(981から)かなり印象が変わるなあ、と改めて感じます。

L1050179

「PORSCHE」文字入りリアガーニッシュ

ポルシェは991/981世代以前に、リアに「PORSCHE」」文字を入れることはありませんでしたが、991/981以降は「PORSCHE」」文字が入ることに。
そして981ボクスター/ケイマンではこれを「剥がす」ことが可能であったものの、718ボクスター/ケイマンに移行してからはPORSCHE文字がリアガーニッシュに組み込まれ、取り外すことが事実上不可能に。

cayman25

こういった「ブランドアピール」はポルシェらしくないと感じる部分ではありますが、これはおそらく「対中国」戦略。
中国はここ数年で急激にポルシェの販売を伸ばしていますが、それまでは自動車自体が普及しておらず、かつ情報も少なかったために「ポルシェというクルマはこういったカタチをしている」ということが広く認識されておらず、よって「そのクルマがポルシェであると」認知させるためにリアに「PORSCHE」と入れるようになったのだと推測。

L1050313

実際のところ、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWの「金太郎政策」も中国市場での認知度を高めることが目的であったと語られており、ここは日本からすると信じがたい部分ではありますが、「中国の現実」を表す部分ですね。

アウディCEO「今後、金太郎飴デザインはやめる」。なお金太郎飴は中国市場のためだったことも判明

リアフェンダーアーチのモール

2017年モデルまでのケイマン(ボクスター、911にも)には道路交通法に適合させるため、リアフェンダーに「モール」が取り付けられていたものの、2018年モデル以降はこれが撤廃に。
法改正による変更ですが、モールがないとすっきりした印象ですね(ただ、モールがあると”リヤフェンダーを擦ったとき”モールが身代わりになってボディを守ってくれる場合があるかも)。

L1050191

規制緩和でハミタイOK、横出しマフラーOKに。これで日本仕様のあのパーツともオサラバ

意外とエッジがある

ポルシェというと「丸い」印象があるものの、991/981世代からフロントフェンダーとフロントフード周辺にプレスラインが設けられたり、前後フェンダーアーチにもより強いプレスラインが設けられるように。
これよって陰影が強く出るようになったため、ぼくは現行世代の911/718についてはメタリックやダーク系のボディカラーがよく似合う、と考えています。

L1050171

そのほか、細かいところはこんな感じ

フロントウインカーは細長いバー状のLED。

L1050199

リアウイングはちょっとダックテールっぽい感じ(速度によって自動昇降。手動でも上げ下げできる)。

L1050202

ついてきたタイヤはアドバン(ミシュラン、コンチネンタル、ダンロップなど、どのメーカーになるかは納車されるまでわからない)。

L1050198

ドアミラーは991に用意されていたオプションの「スポーツミラー」が標準装備に。

L1050195

テールパイプは「ケイマン」だと台形、「ケイマンS」だと丸二本出しとなります。

L1050218

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●ポルシェ718ケイマン(982), ■ニュース
-, , , , , ,