>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブランド「115周年記念」ワンオフモデル準備中。秋に開催の競売にてお披露目と報じられる

| ロールスロイスはオークションをワンオフモデルの宣伝に活用? | ロールスロイスとRMサザビーズ(オークション開催元)が、「今年の秋に、ブランド115周年を記念し、ファントムベースのワンオフモデルを出品する」と発表。現在のところその詳細はわからず、しかし「明るいレッドにペイントされる」ということが明かされています(中国人の落札を期待しているのかもしれない・・・)。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向けた別世界のラグジュア ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが公式にてM8試乗の様子を公開。エンジンやサス、ステアリングに加えて駆動方式やブレーキの「効き」までもドライバーが調整可能

| ここまで調整幅が広くなると、もう本当の姿がわからない | BMWが新型M8につき、最新のティーザー動画を公開。これまでもティーザー画像そして動画を公表しているものの、今回の動画はそのラインナップ、走行性能や技術に踏み込んだものとなっていて、これを見るに新型M8はかなり期待できそう。まずラインナップについては、「M8クーペ」「M8クーペ・コンペティション」、「M8カブリオレ」「M8コンペティション・カブリオレ」からスタートするとのこと。

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベントレー、ランボルギーニ、シュコダ、セアト、ドゥカティ、イタルデザインといったブランドが集結していますが、フォルクスワーゲンは2030年までに大きく組織を再編成し、いくつかのプレミアムブランドを切り捨てる可能性がある、とのこと。そして驚くべきことにランボルギーニそしてベントレーもその候補に挙がっていると報じられて ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で、相当に高いポテンシャルを持つであろうことが伝わるものばかり。スープラはとくに北米において神格化されており、今回のA90スープラについては「BMWとの共同開発」ということで”これは真のスープラではない”と見る向きも(一般消費者の間で)多いようではあるものの、実際のスープラは「そんなことはどうでも良くなる」くら ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これまでは「サーキット」「オフロード」での走行を紹介してきましたが、今回は公道走行含めて総括となります。 投稿【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦し ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】1000馬力級の新型フェラーリの目撃動画続々!中には「追跡を振り切られた」ドライバーも

| 残念ながら削除された動画も | 5月31日に発表される新型フェラーリですが、これの目撃例が相次いで公開。先日はインスタグラムにて一般人がイタリアにてこのプロトタイプを撮影した動画を公開していますが、今回はそのフルレングス版もYoutubeにアップされています。なお、この新型フェラーリは「ハイブリッドシステム」を積み、986馬力を発生する”ハイパーカーなみの性能”を誇ることがフェラーリによって明かされています。加えて、812スーパーファストの上に位置する「フラッグシップ」となることもフェラーリCEOの発 ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

世界最速のレンタカー?米Sixtが専用カラーにてカスタムされたシェルビー・マスタングのレンタルを開始

| レンタルアップ後は一般を対象に販売も | 以前にレンタカー会社「ハーツ」が5リッターV8、435馬力のシェルビーGT-Hをレンタカーに導入したことで話題になりましたが、今回は別のレンタカー会社、Sixtがシェルビー・マスタングGT-S(5リッターV8、600馬力)を用意した、と発表。ボディカラーはSixtのカンパニーカラーでもあるブラックとオレンジにペイントされ、つまり「専用に製造された」ということを意味します。 まさに最速のレンタカー。マスタングベースのレンタカー専用限定車「シェルビーGT-H」登場 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「世界初」オープン仕様のセーフティカーとしてi8ロードスター投入。しかもウインドウをカットして「スピードスター仕様」にコンバート

| セーフティカーでここまで改造するのは珍しい | BMWがフォーミュラE向けのセーフティカーとしてi8ロードスターを導入。BMWは過去にもクーペバージョンのi8をフォーミュラE用セーフティカーに導入したことがあるものの、今回はオープンモデルの「ロードスター」、しかもさらにトップをチョップして「スピードスター」へと改造したワンオフ車両を制作しての投入です。なお、今回のi8スピードスターは「モナコE-Prix」限定での採用とのことですが、F1ドライバーも「モナコ専用ヘルメット」を着用することがあり、やはり「 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

マスタングのSUV版が現実に!ピュアEV「マッハE」として今年後半に発表とのウワサ

| テスラ・モデルXのライバルとして発売か? | いろいろとウワサとなっていた「マスタングのクロスオーバー」が実現する模様。このクロスオーバーはピュアエレクトリックカーとなり、その名称は「マッハ1(Mach 1)」もしくは「マッハE(Mach E)」になるとされ、一回の充電あたり走行可能距離は600キロ。そしてマスタングのバリエーションであるからにはスポーティーなドライブフィールを持つとされ、今年後半にも発表される、とも報じられています。 こちらもオススメ、関連投稿これいくらで落札されるん?空調入りガレー ...

ReadMore



>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

欧州車に目覚めるきっかけ。BMW Z3ロードスター(1999-2002)

投稿日:2013/12/07 更新日:

z3-top-1

フェアレディZをいじり壊した後に理解したたのが「車はあまり弄るものではない」ということと「基礎能力が高い車でないといくら手をいれても無駄」ということでした。








そこでぼくが考えたのが、あまり弄らなくても性能が高そうな欧州車。
欧州のスポーツ/スポーティカーは軒並み価格が高く、唯一手が出そうな価格であったのがBMW Z3ロードスターです。
フェイスリフトを受けたばかりの6気筒モデルで排気量は2リッター。
ボディもワイドになり魅力的、ということで購入しました。
後輪駆動でMTというところも良かったですね。

車両価格は380万円ほどで、当然楽な買い物ではなかったのですが、ほぼフルローンで購入。
なお、この時に初めて残価設定ローンを組み、残価設定ローンの味をしめたと言えます。

それまで乗っていた日産フェアレディZは前後マルチリンクサスペンションに対向ピストンのブレーキを持っており、パワーも230馬力(ノーマル)。
対してZ3は古めかしいトレーリングアームに片押しピストンのブレーキで、シルキーシックスといえども160馬力。
スペックを見ると相当に走行性能が落ちるのではと思ったのですが、これが予想外に走る車で、スペックというのはあまり意味が無いと感じた車でもあります。


(モデルカーは1/43サイズ、ミニチャンプス。ボディカラーは同じコスモスブラックですが、モデルカーはZ3前期モデルなのでリアフェンダーやテールランプ形状がぼくの乗っていたZ3とは異なります。ホイールはブロンズに塗装済みですが、もちろん形状も異なります。なお、全体的なモデルカーの出来栄えはイマイチ)

トレーリングアームといえども明らかにZよりもグリップが良く、タイヤに依存しないメカニカルグリップ、ロードホールディングとはなんぞや、ということを初めて知った車です。
今までZでサスペンションキットを2回も変えて車高を調整しまくっていたのは何だったんだろう、というほどのスタビリティ。
ブレーキに関してもすぐにフェードしてしまうZの対向ピストンよりも、見た目ファミリーカー向けのようなZ3のブレーキのほうがはるかに止まるわけです。
ローターの材質などの差があるのですが、このあたりは非常に衝撃的でした。

正直言うと「国産スポーツは欧州スポーツに絶対に勝てない。根本が違う」と感じた車ですね。
スペック的には国産車が上ですが、走らせるとまったくスペックは参考にならないわけです。
人間でも単に身長や体重、体脂肪率や運動能力のデータのみで「スポーツが出来る」と判断はできないですしね。

ただ、この時期はまだ「改造意欲」が非常に高いままで、フェアレディZの経験上「これはやめておいたほうがいいだろう」という改造以外はほぼ行うことになります。
よって、納車したその足でサスペンション(スプリングのみ。アイバッハ)交換、マフラー(レムス)・エアフィルター交換を行い、さらにはMロードスター用ミラーとMロードスター用サイドグリルの装着を行っています。

また、後にはホイール交換を行いますが、このとき「BMWの純正ホイールは異常に重い」ということを知ることになります。
後に購入したミニクーパーSのホイールもかなり重かったので、BMWのホイールは伝統的に重いのでしょうね。
なお、交換したホイールはレイズのTE37、ショップがオーダーしたスペシャル品です。
カラーはブロンズで、これがコスモス・ブラックのBMW Z3に見事にマッチ。

その他は各部塗装やHIDへの換装、LEDバルブへの交換など今まで培った技術を用いてバンバン改造。
不要なパーツを外して軽量化を行いますが、やはりパワー不足は否めず。
そして禁断のECUチューンに手を出しますが、それでもやはりパワー不足に悩まされます。
ここで思ったのが、「パワーの低い車のチューンは難しい」ということ。
ターボでない限りはどうやっても難しいですね。

そして暫く乗るうちに様々なトラブルに悩まされます。
まずはステアリングボスが破損して噛んでしまい、ステアリングが切れなくなるという異常事態。
次はVANOSのアウト側がパーになるというもの。
ひいてはバッテリーターミナルの緩みによるショート→発火という事態を経て、「これはもうダメだ」。

追い打ちをかけたのがリアバンパー内に仕込まれた「錘」で、これだけで人間ひとり分の重量が。
素性の良い車を求めたつもりでしたが、様々トラブル、前後重量配分適正化をウリにしているのに「後ろを重くして適正化しているだけだった」という事実に打ちのめされたわけですね。

そして行き着いた答が「本物を買うしかない」ということ。
欧州スポーツカーで本物といえばやはりポルシェ。
そう決めるとさっさとZ3を売り払い(240万円にしかならなかったが、残価設定ローンの追金は無かった)、1年ほどポルシェ・ボクスター購入のために計画的に貯金を始めるわけですね。
なお、売却は買い取り専門ショップですが、ここでも「粘れば高くなる」ことを学びました。
最初は160万円と言われたのですが、「他ではもっと高い値がつく」「低ければ売らない」と粘ってみたところ、240万円まで上昇したのですね。
以降、ぼくは買取ショップ複数に声をかけ、競合させるようにしています。

そして、フェアレディZでひととおり弄った挙句悟ったのが「素性が良くないといくら手を入れても無駄」「ヘタに弄ると車に負担をかける」ということで、BMW Z3で理解したのが「欧州車の走りに対する基本は国産とは比較にならない」「車にはメーカーそれぞれの考え方が宿る」ということ。

その後に購入するポルシェですが、これはまったく弄る箇所のない(必要のない)車で、やはり車を購入するのだったら弄る必要のない車を購入してノーマルで乗るのが一番、と感じました。
そのほうが却って(車は高くても)安く付きますし、売るときも高価(弄った分はほぼ査定に含まれない)なので、無理をしてでもいい車を買うべきだというのが現在に至るまで貫かれているぼくの持論です。

BMWは「演出」がうまく、従って国産からBMWに移行すると「さすが欧州車は違う」と惚れ込んでしまうことがあります(以前のぼくがそうだったように)。
ですが、それはあくまでも演出で、たとえば加速を鋭くするギア比(速いと錯覚する)、勇ましいエンジン音(昔からBMWはこれを重視。i8やM4でもサウンドを擬似的に作っている)、硬いサスペンションなど。

そういたっところがBMWを「より優れた車であると」思わせるわけで、それはメーカーの方針であり、それに納得できる人たちについてはぼくがどうこう言う問題ではありません。

ただ、ぼくはポルシェの息の長い加速(出だしは速くない)、柔らかいサスペンション(それでもピッチやロールは少ない)、地味なエンジン音(無理に誇張する必要がない)に魅力を感じた、ということです。

パっと乗ってみて派手さを感じる/わかりやすいBMWよりも、実際に所有して走りこんでしかわからないポルシェの良さのほうが好き、ということです。

そのため、BMWはZ3以降(一応、iシリーズは”別”と考えている)購入していません。

過去に乗っていた車の関連記事一覧

運動性もデザイン性も期待以上だった。ポルシェ981ボクスター(2013-2015)

初ランボルギーニ。乗ると人生が変わるガヤルドLP560-4(2009-2014)

何もかもがジェントル。レンジローバー・イヴォーク(2012-2013)

素晴らしい車だが印象と存在感が薄い、アウディTT(2010-2011)

スタイル抜群。しかし知名度は低いVWシロッコ(2009-2010)

2番めに所有期間の長かった、ミニクーパーS(R56、2006-2009)

自分には過ぎた車だった?ポルシェ911カレラ(タイプ997、2005-2008)

珍車中の珍車。また買いたいと思わせるホンダ・エレメント(2004-2005)

ポロかルポGTIを狙うべきだった。妥協して購入したVWルポ(2003-2004)

まるでプラモデル。何もないのに楽しかった日産パオ(~2003)

自分の原点。ポルシェ・ボクスターS(タイプ986、2002-2005)

欧州車に目覚めるきっかけ。BMW Z3ロードスター(1999-2002)

色々試し、学んだ車。日産フェアレディZ(Z32、1995-1999)

2台目のプレリュード。大きく進化したBA型(1993-1994)

当時のフェラーリよりも低いボンネット。ホンダ・プレリュード(1991-1993)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.