■近況について ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

シンガポールで泊まったホテル、マリーナベイ・サンズは世界一高額な建築費を誇る複合施設だった

投稿日:2018/10/27 更新日:

| マリーナベイ・サンズはすでにシンガポールのランドマークでもある |

さて、シンガポールで宿泊したホテル、マリーナベイ・サンズ。
三本のタワーの上にエクレアかフランスパンのようなものが載っている構造が独特で、もしかすると名称よりもその形状で記憶している人が多いかも。

運営はラスベガス資本の「ラスベガス・サンズ」だとされており、やはりカジノが入るとともに、大型ショッピングセンターも併設されています。
ちなみにカジノについては「シンガポールにおける運営権の10年間独占権」をラスベガス・サンズが落札していて、そのため2020年辺りまではほかの会社がカジノを運営できない、ということになっているようです。

宿泊者の多くは中国人

なお、ホテルのロビーを見る限り、宿泊者の多くは中国人。
館内の表示も中国語が多数見られます。

ただ、レストランや、マリーナベイ・サンズの名所「インフィニティプール」では中国人の”比率”が少なく(白人が多い)、中国人の目当ては「カジノ」なのかもしれません。

こちらはホテルのエントランス(タワー2側)。
タワー3にも車寄せがあるようですね。

IMG_0715

ロビーはこんな感じ。
「ほとんどが中国人」といったイメージですが、日本人観光客にも圧倒的な人気を誇っており、日本人観光客向けの専用デスクもあります。

なお、クラブルーム等上層階に宿泊するとチェックインもVIPカウンターで行えるようですが、ぼくが到着した時刻が遅く、すでにカウンターはクローズ状態だったのが残念。

なお、ロビー階には「リシャール・ミル」がショップを構えており、このホテルの客層や「格」を物語っていますね。

IMG_0614

ちなみにチェックアウトは並ばなくてもこういったポスト(ロビー階にたくさんある)へ、部屋に設置してある専用のカードに記入し、それを入れておけば完了。

IMG_1826

カジノはやはり大人気

ちなみにカジノはホテルのロビーから行くことが可能。
立地的には「道路を挟んだホテルの向かい」にありますが、ロビーから繋がるエスカレーターから降りてゆくことで「道路をくぐる」ことができます(道路には横断歩道が少なく、地上からカジノへ往くのはちょっと面倒)。

IMG_0491

エスカレーターを降りると正面がカジノ。
その両脇にはショッピングセンターへの入り口が広がりますが、ヴァシュロン・コンスタンタン、パテックフィリップ、ヴァンクリーフ&アーペル、オーデマピゲ、ロレックスなど高級腕時計/宝飾ブランドがイキナリ出現。

IMG_0494

これらはカジノへ向かう人のモチベーションを向上させたり、勝って出てくる人にお金を使わせるための配置なのかもしれませんね。

IMG_0493

こちらがカジノの入り口。
外国人がカジノに入るにはこの「ホテル直結」入り口しかなさそうで、他にもショッピングセンター側からの入口がいくつかあるものの、それらはシンガポール国民専用のようです。

なおカジノには大きなバッグを持って入れないので事前に預ける必要があり、入場にはパスポートの提示が必要。
入場時にチップを購入する必要はなく見学だけでもOKですが(ドリンクはタダでもらえる)、写真撮影はNGです。

IMG_0496



マリーナベイ・サンズ・ホテルの外観はこんな感じ

こちらはマリーナベイ・サンズを「ガーデン」側から見たところ。
ホテルは「ガーデン」と「マリーナベイ」とに面していることになり、それぞれ当然ですが眺望が異なります。
もちろん人気なのは「マリーナベイ側」。

IMG_1803

それにしてもよくこんなモノつくったなあ、と感心せざるを得ないというのが正直な心情。
上の細長い部分は展望台とプールですが、このプールは「世界で最も高い位置」にあるそうです。
木がモジャモジャと生えているのもわかりますね。

なお、この位置になかったとしても「プール」の運営費用は莫大で、それが各ホテルの負担となっているのも事実。
しかしリゾートホテルにとって、プールがないと客を呼べないのもまた事実で、マリーナベイ・サンズは「損して得を取る」方法を選んだ、とされています。
実際のところホテル単体では赤字となるものの、この「類を見ない」プールを餌に呼んだ客をカジノ、そしてショッピングモールへと誘導することで、「施設全体にて」大きな黒字を生んでいる、と言われているようですね。

IMG_1823

展望台(スカイパーク)から見た風景を収めたのがこちらの動画。

そしてマリーナベイ側から見るとこう。

IMG_1895

右の「蓮の花」をイメージした建造物は博物館で、ホテルとの間にある、明るく光っている建物がショッピングセンター。

IMG_1710

夜に一定の時間になると行われるのが光と音のショー(何回か行われる)。
ホテルの上からのライティング、マリーナベイでは噴水が立ち上がり、けっこうスペクタクルで見応えあり。

IMG_1704

ショッピングセンター側はこんな感じ

マリーナベイ・サンズ・ホテル向かいにあるショッピングセンター、「ザ・ショップス・アット・マリーナベイ・サンズ」の前にはこういった遊歩道があり、優雅に散歩が可能。
中国系のシェアバイク(レンタルサイクル)も多数見られます。

IMG_0643

こういった電動スクーターも貸出中。

IMG_0638

このあたりの建造物は独特で、まさにシンガポール特有の風景ですね。
なお、シンガポールは行政がコントロールする範囲が広く、見たところ「広告」「看板」がかなり厳しく制限され、他の観光地に比べると看板が相当に少なくなっています(金融くらいしか見当たらない)。

もちろん美観のためだと思われますが、「かなり統制が取れている」と感じる部分です。

IMG_0649

こちらはルイ・ヴィトン・アイランド・メゾン。
これらショッピングモール、ルイ・ヴィトン・アイランド・メゾンについては別途紹介したいと思います。

IMG_1138

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■近況について, ■外国ネタ・旅行など, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.