■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ポルシェ・ケイマン関連 ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ポルシェ・ボクスター関連 >ポルシェ・カイエン関連 >ポルシェ・マカン関連 >ポルシェ・パナメーラ関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェも「過去最高」の販売台数を更新。No. 1市場はやはり中国、そして成長率も中国がダントツに

マカンは全体の1/3を占めるほどのヒット商品に成長 すでにマクラーレン、ランボルギーニが「過去最高」の販売台数を記録したことを公表していますが、ポルシェも2018年の内容は過去最高であった、と発表。おそらくフェラーリ、アストンマーティン、ロールスロイスも同様に非常に好調な販売推移を発表すると思われますが、こういった状況を見るに世界経済はやはり「悪くはなく」、しかしダウが上がらないのはやはりトランプの招く「先行き不安」が原因なのかもしれません。 マクラーレンの2018年は+43.9%、4,806台へ成長。な ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォーク登場!ヴェラールそっくりの外観に最新テクノロジー満載、英国では459万円から

投稿日:

| イギリスでのレンジローバー・イヴォーク開始価格は459万円から |

レンジローバー・イヴォークの2世代目となる「新型」イヴォーク発表。
パっと見た感じは「まんまヴェラール」で、見分けがつかない人も多いのかもしれません。

ランドローバーによると、その特徴は大まかに下記の通り。

・新プラットフォーム(アーキテクチャ)採用によってスムーズで静粛性の高い走りを実現し、街中でも扱いやすい、応答性がよく俊敏なキャラクター
・3気筒もしくは4気筒インジェニウムエンジン(ガソリン/ディーゼル)、ハイブリッド、48Vマイルドハイブリッド(MHEV)、3気筒PHEVをラインアップ
・「テレインレスポンス2(Terrain Response 2)採用により、街中から山岳まで、どんな環境にでも行くことができる
・アップルCarPlay対応、4GWi-Fiホットスポット内臓
・近代的デザインと上質なインテリアを持ち、「持続可能性のある(サステイナブル)」素材を使用
・全長4.73メートルというコンパクトさを維持しながらも、レッグスペースを拡大
・「グラウンドビューテクノロジー(シースルーボンネット)」、高解像度リアビューミラー(ルームミラー)装備
・イギリスでは31,600ポンドから販売開始








新型レンジローバー・イヴォークは従来のデザインを捨て去った

新型レンジローバー・イヴォークはこれまでプロトタイプに目撃されていたとおり「ツルツルで滑らか」なデザインを採用。
全体的なプロポーションは初代イヴォークを踏襲しているものの、そのディティールは大きく変化し、兄貴分の「ヴェラール」とも共通する外観が与えられています。

rrevq20mystaticnd22111809

フロントだと「押しの強かったバンパーデザインが影を潜め、エアインテークもスマートに。
初代イヴォークが「ダイナミックで力強い」印象であったとすると、新型イヴォークはインテリジェントで洗練された印象ですね。

ヘッドライトは”スーパースリム”マトリクスLED、とのこと。

rrevq20myprototypedrive22111807 (1)

サイドはまさに初代イヴォークのプロポーションを保ったままで、「後ろ下がり」のルーフは(サイズを除き、デザイン上での)ヴェラールとの最も大きな相違点かもしれません。

rrevq20myprototypedrive22111806

リアについても「ヴェラールそっくり」。
これもやはり、初代イヴォークでは存在感のあったバンパーが「ボディデザインに統合された」という印象ですね。

rrevq20mystaticnd22111812

リアオーバーハングが極端に短いのもヴェラールと異なるところだと言えそう。

新型レンジローバー・イヴォークの内装デザインはこうなっている

インテリアについても外観同様、「初代のイメージを踏襲しているものの、細部は大きく変わった」と言ってよく、新形状のステアリングホイール、デジタル表示のメーター、ワイドなメインスクリーン、そしてエアコン等を操作するセカンドスクリーン(タッチ式)が目に入る変更点。

rrevq20myinteriornd22111805

なお後部座席のレッグルームは20ミリ拡大し、グローブボックスの拡大や、10%容量が増加したラゲッジスペースなど、日常の使い勝手も大きく向上しているようですね。

rrevq20myinteriornd22111804

なお、オプションではヴェラール同様に「レザーを使用しない」、つまりウールなどの素材にも対応しています(ヴィーガン対応)。

rrevq20myinfotainments4422111802

新型レンジローバー・イヴォークのプラットフォームはキャリーオーバー

そして色々と噂のあったプラットフォームですが、結局のところ初代に採用されていた「D8」のキャリーオーバー。
ヴェラールは「オールアルミ」プラットフォーム採用と言われるので、外観は似ていてもそこは大きく異なる、ということになりそう。

rrevq20mycapabilitys4422111809

よってエンジンも初代イヴォークからの継続がメインとなり、欧州では148馬力と237馬力に2リッターディーゼルエンジンが用意され、ガソリンエンジン(4気筒)は237馬力と296馬力。

rrevq20mycapabilityds22111803

トランスミッションは9速AT(ZF製)で、欧州だとディーゼルのエントリーグレードのみに価格対策のためかマニュアル・トランスミッションが用意される、とのこと。

↓こちらはランドローバーがパパラッチを避けるためにロンドンの「地下」に設けた秘密のテスト施設。007っぽい

rrevq20myprototypedrive22111815

もちろん駆動方式は4WDを採用し(燃費対策モデルでFFが1種類だけ、これまで同様に欧州で用意される)、第二世代となるアクティブ・ドライブライン(不要な時には降臨の駆動力を遮断して燃費向上に寄与する)、テレインレスポンス2(ドライブモード)、60センチまでの渡河能力を持っています。

rrevq20mycapabilitys4422111812



多彩なドライバーアシストも装備

そのほか、レンジローバーが以前に公開した「透明ボンネット」、つまり車の下にあって通常ドライバーから見えない路面の様子を映し出す”グラウンドビュー(180度の視界がある)”、見た目は「鏡」にしか見えない”クリアサイト”電子式ルームミラーも(映る範囲を調整できる)。

rrevq20myprototypedrive22111842

もちろんアダプティブクルーズコントロール、ステアリングアシスト、レーンキーピングアシスト、エマージェンシーブレーキも装備される、とアナウンスされています。

rrevq20myinteriors4422111808

価格についてはディーゼルモデルのD150(FF)が31600ポンド、D150(4WD)が35100ポンド、ガソリンエンジンモデルは35950ポンドから40350ポンドまで。

グレード詳細は現在不明ですが、「R-Dynamic」グレードなど、おおよそこれまで同様の構成となるようですね。

rrevq20mycapabilityds22111806

VIA:Rangerover

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.