>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォーク登場!ヴェラールそっくりの外観に最新テクノロジー満載、英国では459万円から

投稿日:

| イギリスでのレンジローバー・イヴォーク開始価格は459万円から |

レンジローバー・イヴォークの2世代目となる「新型」イヴォーク発表。
パっと見た感じは「まんまヴェラール」で、見分けがつかない人も多いのかもしれません。

ランドローバーによると、その特徴は大まかに下記の通り。

・新プラットフォーム(アーキテクチャ)採用によってスムーズで静粛性の高い走りを実現し、街中でも扱いやすい、応答性がよく俊敏なキャラクター
・3気筒もしくは4気筒インジェニウムエンジン(ガソリン/ディーゼル)、ハイブリッド、48Vマイルドハイブリッド(MHEV)、3気筒PHEVをラインアップ
・「テレインレスポンス2(Terrain Response 2)採用により、街中から山岳まで、どんな環境にでも行くことができる
・アップルCarPlay対応、4GWi-Fiホットスポット内臓
・近代的デザインと上質なインテリアを持ち、「持続可能性のある(サステイナブル)」素材を使用
・全長4.73メートルというコンパクトさを維持しながらも、レッグスペースを拡大
・「グラウンドビューテクノロジー(シースルーボンネット)」、高解像度リアビューミラー(ルームミラー)装備
・イギリスでは31,600ポンドから販売開始

新型レンジローバー・イヴォークは従来のデザインを捨て去った

新型レンジローバー・イヴォークはこれまでプロトタイプに目撃されていたとおり「ツルツルで滑らか」なデザインを採用。
全体的なプロポーションは初代イヴォークを踏襲しているものの、そのディティールは大きく変化し、兄貴分の「ヴェラール」とも共通する外観が与えられています。

rrevq20mystaticnd22111809

フロントだと「押しの強かったバンパーデザインが影を潜め、エアインテークもスマートに。
初代イヴォークが「ダイナミックで力強い」印象であったとすると、新型イヴォークはインテリジェントで洗練された印象ですね。

ヘッドライトは”スーパースリム”マトリクスLED、とのこと。

rrevq20myprototypedrive22111807 (1)

サイドはまさに初代イヴォークのプロポーションを保ったままで、「後ろ下がり」のルーフは(サイズを除き、デザイン上での)ヴェラールとの最も大きな相違点かもしれません。

rrevq20myprototypedrive22111806

リアについても「ヴェラールそっくり」。
これもやはり、初代イヴォークでは存在感のあったバンパーが「ボディデザインに統合された」という印象ですね。

rrevq20mystaticnd22111812

リアオーバーハングが極端に短いのもヴェラールと異なるところだと言えそう。

新型レンジローバー・イヴォークの内装デザインはこうなっている

インテリアについても外観同様、「初代のイメージを踏襲しているものの、細部は大きく変わった」と言ってよく、新形状のステアリングホイール、デジタル表示のメーター、ワイドなメインスクリーン、そしてエアコン等を操作するセカンドスクリーン(タッチ式)が目に入る変更点。

rrevq20myinteriornd22111805

なお後部座席のレッグルームは20ミリ拡大し、グローブボックスの拡大や、10%容量が増加したラゲッジスペースなど、日常の使い勝手も大きく向上しているようですね。

rrevq20myinteriornd22111804

なお、オプションではヴェラール同様に「レザーを使用しない」、つまりウールなどの素材にも対応しています(ヴィーガン対応)。

rrevq20myinfotainments4422111802

新型レンジローバー・イヴォークのプラットフォームはキャリーオーバー

そして色々と噂のあったプラットフォームですが、結局のところ初代に採用されていた「D8」のキャリーオーバー。
ヴェラールは「オールアルミ」プラットフォーム採用と言われるので、外観は似ていてもそこは大きく異なる、ということになりそう。

rrevq20mycapabilitys4422111809

よってエンジンも初代イヴォークからの継続がメインとなり、欧州では148馬力と237馬力に2リッターディーゼルエンジンが用意され、ガソリンエンジン(4気筒)は237馬力と296馬力。

rrevq20mycapabilityds22111803

トランスミッションは9速AT(ZF製)で、欧州だとディーゼルのエントリーグレードのみに価格対策のためかマニュアル・トランスミッションが用意される、とのこと。

↓こちらはランドローバーがパパラッチを避けるためにロンドンの「地下」に設けた秘密のテスト施設。007っぽい

rrevq20myprototypedrive22111815

もちろん駆動方式は4WDを採用し(燃費対策モデルでFFが1種類だけ、これまで同様に欧州で用意される)、第二世代となるアクティブ・ドライブライン(不要な時には降臨の駆動力を遮断して燃費向上に寄与する)、テレインレスポンス2(ドライブモード)、60センチまでの渡河能力を持っています。

rrevq20mycapabilitys4422111812



多彩なドライバーアシストも装備

そのほか、レンジローバーが以前に公開した「透明ボンネット」、つまり車の下にあって通常ドライバーから見えない路面の様子を映し出す”グラウンドビュー(180度の視界がある)”、見た目は「鏡」にしか見えない”クリアサイト”電子式ルームミラーも(映る範囲を調整できる)。

rrevq20myprototypedrive22111842

もちろんアダプティブクルーズコントロール、ステアリングアシスト、レーンキーピングアシスト、エマージェンシーブレーキも装備される、とアナウンスされています。

rrevq20myinteriors4422111808

価格についてはディーゼルモデルのD150(FF)が31600ポンド、D150(4WD)が35100ポンド、ガソリンエンジンモデルは35950ポンドから40350ポンドまで。

グレード詳細は現在不明ですが、「R-Dynamic」グレードなど、おおよそこれまで同様の構成となるようですね。

rrevq20mycapabilityds22111806

VIA:Rangerover

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.