>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニはハイブリッド用の電源としてスーパーキャパシタを使用する模様。「スーパースポーツにとってこれが最も効果的な解決策だ」

ランボルギーニはすでにスーパーキャパシタをアヴェンタドールに取り入れている ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデルについてハイブリッド化を行うと明言していますが、今のところその手法は不明。なおハイブリッド化を行うのは運動性能追求のためではなく「環境規制対応」という側面が大きいと思われ、というのも2021年施行の「ユーロ7」によってランボルギーニのV12エンジンは大きなパワーダウンを余儀なくされる可能性があるため。 ランボルギーニ「V12自然吸気エンジンを今後の環境規制に適応させることは可能だ。だが、そ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない。サスペンションはショック少なめ、ダンピングは強め

さて、マクラーレン720試乗「中編」。前回はその内外装を見てきましたが、内外装の印象としては、「歴史がないことを逆手に取って、現代の素材や技術をフルに活用し、マクラーレンが納得できるレベルで新しく設計されたクルマ」。つまり他スーパーカーメーカーのように(市販車の)歴史や設計/パーツの資産がないため、デザインにも「過去モデルへのオマージュ」を取り入れたり、既存パーツを流用したりといったことができない半面、「じゃあイチから作ろう」ということになったのだと思いますが、クルマに関する技術は日進月歩で、その最新の技 ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI)

【動画】パガーニ動画3連発。世界最大のパガーニミーティング、パガーニ本社でエアロパッケージをアップデートした「ゾンダ・ファンタズマEVO」など

パガーニは購入後もアップデートを行うことが可能なために長く乗ることができる さて、なにやら春になってパガーニの動きが活発に。そんなわけでパガーニ関連動画がいくつか公開されていますが、ここで数本を紹介してみたいと思います。まずは北米で開催されたパガーニの「世界最大級」ミーティング。ディーラーの開催したパガーニオーナーの集まりのようで、紳士淑女が続々会場へと登場する内容に。中にはこれまで見たことがないようなグラフィックを持つ個体も登場しており、「こんなにパガーニが納車されていたのか・・・」と思うことに。 こち ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ「ボクスターはEV化に適している。今年中にEV化するかどうかの判断を行うつもりだ」。もしかすると次期ボクスター/ケイマンはEVに

ポルシェは過去にピュアエレクトリック版ボクスター/ケイマンを試作している ポルシェがなんと「ボクスターをエレクトリック化する」という話が浮上。これはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏がカーメディア「Which Car」に語ったもので、「ボクスターはエレクトリック化に適している」と前置きした上で、今年中に次世代ボクスターをエレクトリック化するかどうかを決定する、と述べています(ケイマンには触れられていない)。 こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン570Sスパイダーのカスタムが北米から。ブロンズホイールに車高ダウン、リアウイングの渋い一台

ブロンズホイールは北米で高い人気を誇る ホイールメーカー、ブリクストン(Brixton)によるマクラーレン570Sスパイダーのカスタムが公開に。ブラックのボディカラーにブロンズのホイール(ブリクストン製鍛造、PF10 Duro)がなんともゴージャスなイメージですが、最近はこのカラーの組み合わせがけっこう多く見られ、とくに北米では人気があるようです。 こちらもオススメ、関連投稿マクラーレンの考える「2050年のF1マシン」。その頃のレースはもはや「ゲーム」や「エンターテイメント」になっているのかも【動画】キ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

【動画】ゼロヨン無敵のマクラーレン720Sがついに王座を譲る時が来た!その相手は「フルエレクトリック」に改造されたポルシェ944

マクラーレン720Sにとっては、まるで悪夢のようだ マクラーレン720Sはとにかく「ドラッグレース最強」として知られ、それまでのキングであったテスラ・モデルS P100Dでも全く敵わないほど。フェラーリでもランボルギーニでも、ブガッティであっても、そして合法ドラッグレーサーであるダッジ・チャレンジャーSRTデーモンでも歯が立たないというのが現状ですが、今回なんとマクラーレン720Sが「完敗」してしまう相手が登場しています。 【動画】30本の勝負中、負けたのは2回だけ。ユーチューバーが自身のマクラーレン72 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニはさらなる限定アヴェンタドールを用意?「アヴェンタドールは我々の送り出す最後の”純粋な”V12モデルだ。ファイナルモデルなしにハイブリッド化は行わない」

まだまだアヴェンタドール後継モデルについては謎が多い ランボルギーニ・アヴェンタドールはすでに登場から8年が経過し、そろそろ次期モデルの声が聞こえてきそうなものですが、現在のところニューモデルのウワサはナシ。これにはアヴェンタドール後継モデルがハイブリッドになるという可能性が高く、そして現在のところバッテリー技術が「期待するレベルにはないため」開発を行おうにも開発するだけの環境が整っていない(開発している間にどんどんバッテリーが進歩する)、ということがあるのかも。※同じ理由で、ポルシェは2025年までは9 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている

マクラーレン720は「目で見てわかる」機能性に溢れている さて、マクラーレン720Sに試乗。ぼくはマクラーレンのクルマを非常に高く評価していて、それはF1コンストラクターならではの合理的な設計(なにもかもが無駄なく最短距離でまとめられている)、そしてカーボンモノコックシャシー(カーボンモノセル)採用、パーツの取付剛性が高いというのが主なところ。もちろん他にも多くの評価すべきところがあるものの、この価格で「ここまでやった」クルマは他に例を見ず(驚くべきことに2400万円くらいの”540C”でもカーボンモノコ ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】マスタング史上最強モデル!シェルビーGT500の「ドライブモードごと」のアクセルレスポンスとサウンドはこう違う

やはりV8サウンドは刺激的 フォード・マスタング・シェルビーGT500の「各ドライブモードでのサウンドとエンジン吹け上がり」の差を収めた動画が公開に。マスタング・シェルビーGT500は「マスタング史上もっともパワフル」なクルマですが、最近のクルマらしくドライブモードを備えています。そのドライブモードとは「クワイエット」「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の4つ。「クワイエット」は標準仕様のマスタングにも備わるモードではあるものの、わざわざこれがあるということは、「通常時でも音がどれだけデカいのか」というこ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

タイヤ関連の出費続き!ポルシェ718ケイマンのリアタイヤが釘を踏み、パンク修理不可能であれば「交換」を強いられることに

まさかここまで予想外のタイヤ関連出費が続くとは ランボルギーニ・ウラカンのリヤタイヤが想定外の「クラック」によって交換することとなりましたが、今回はなんとポルシェ718ケイマンが釘を踏んでしまうというトラブルが発生。ちなみにウラカンは前後タイヤ交換にて36万円ほどの出費を要していますが、もしケイマンのタイヤも交換となるとこれまた予想外の出費が要求されることに(バイクを買おうと思ってたのに、その資金が一気に減ってしまう)。 こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッ ...

ReadMore



>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォーク登場!ヴェラールそっくりの外観に最新テクノロジー満載、英国では459万円から

投稿日:

| イギリスでのレンジローバー・イヴォーク開始価格は459万円から |

レンジローバー・イヴォークの2世代目となる「新型」イヴォーク発表。
パっと見た感じは「まんまヴェラール」で、見分けがつかない人も多いのかもしれません。

ランドローバーによると、その特徴は大まかに下記の通り。

・新プラットフォーム(アーキテクチャ)採用によってスムーズで静粛性の高い走りを実現し、街中でも扱いやすい、応答性がよく俊敏なキャラクター
・3気筒もしくは4気筒インジェニウムエンジン(ガソリン/ディーゼル)、ハイブリッド、48Vマイルドハイブリッド(MHEV)、3気筒PHEVをラインアップ
・「テレインレスポンス2(Terrain Response 2)採用により、街中から山岳まで、どんな環境にでも行くことができる
・アップルCarPlay対応、4GWi-Fiホットスポット内臓
・近代的デザインと上質なインテリアを持ち、「持続可能性のある(サステイナブル)」素材を使用
・全長4.73メートルというコンパクトさを維持しながらも、レッグスペースを拡大
・「グラウンドビューテクノロジー(シースルーボンネット)」、高解像度リアビューミラー(ルームミラー)装備
・イギリスでは31,600ポンドから販売開始








新型レンジローバー・イヴォークは従来のデザインを捨て去った

新型レンジローバー・イヴォークはこれまでプロトタイプに目撃されていたとおり「ツルツルで滑らか」なデザインを採用。
全体的なプロポーションは初代イヴォークを踏襲しているものの、そのディティールは大きく変化し、兄貴分の「ヴェラール」とも共通する外観が与えられています。

rrevq20mystaticnd22111809

フロントだと「押しの強かったバンパーデザインが影を潜め、エアインテークもスマートに。
初代イヴォークが「ダイナミックで力強い」印象であったとすると、新型イヴォークはインテリジェントで洗練された印象ですね。

ヘッドライトは”スーパースリム”マトリクスLED、とのこと。

rrevq20myprototypedrive22111807 (1)

サイドはまさに初代イヴォークのプロポーションを保ったままで、「後ろ下がり」のルーフは(サイズを除き、デザイン上での)ヴェラールとの最も大きな相違点かもしれません。

rrevq20myprototypedrive22111806

リアについても「ヴェラールそっくり」。
これもやはり、初代イヴォークでは存在感のあったバンパーが「ボディデザインに統合された」という印象ですね。

rrevq20mystaticnd22111812

リアオーバーハングが極端に短いのもヴェラールと異なるところだと言えそう。

新型レンジローバー・イヴォークの内装デザインはこうなっている

インテリアについても外観同様、「初代のイメージを踏襲しているものの、細部は大きく変わった」と言ってよく、新形状のステアリングホイール、デジタル表示のメーター、ワイドなメインスクリーン、そしてエアコン等を操作するセカンドスクリーン(タッチ式)が目に入る変更点。

rrevq20myinteriornd22111805

なお後部座席のレッグルームは20ミリ拡大し、グローブボックスの拡大や、10%容量が増加したラゲッジスペースなど、日常の使い勝手も大きく向上しているようですね。

rrevq20myinteriornd22111804

なお、オプションではヴェラール同様に「レザーを使用しない」、つまりウールなどの素材にも対応しています(ヴィーガン対応)。

rrevq20myinfotainments4422111802

新型レンジローバー・イヴォークのプラットフォームはキャリーオーバー

そして色々と噂のあったプラットフォームですが、結局のところ初代に採用されていた「D8」のキャリーオーバー。
ヴェラールは「オールアルミ」プラットフォーム採用と言われるので、外観は似ていてもそこは大きく異なる、ということになりそう。

rrevq20mycapabilitys4422111809

よってエンジンも初代イヴォークからの継続がメインとなり、欧州では148馬力と237馬力に2リッターディーゼルエンジンが用意され、ガソリンエンジン(4気筒)は237馬力と296馬力。

rrevq20mycapabilityds22111803

トランスミッションは9速AT(ZF製)で、欧州だとディーゼルのエントリーグレードのみに価格対策のためかマニュアル・トランスミッションが用意される、とのこと。

↓こちらはランドローバーがパパラッチを避けるためにロンドンの「地下」に設けた秘密のテスト施設。007っぽい

rrevq20myprototypedrive22111815

もちろん駆動方式は4WDを採用し(燃費対策モデルでFFが1種類だけ、これまで同様に欧州で用意される)、第二世代となるアクティブ・ドライブライン(不要な時には降臨の駆動力を遮断して燃費向上に寄与する)、テレインレスポンス2(ドライブモード)、60センチまでの渡河能力を持っています。

rrevq20mycapabilitys4422111812



多彩なドライバーアシストも装備

そのほか、レンジローバーが以前に公開した「透明ボンネット」、つまり車の下にあって通常ドライバーから見えない路面の様子を映し出す”グラウンドビュー(180度の視界がある)”、見た目は「鏡」にしか見えない”クリアサイト”電子式ルームミラーも(映る範囲を調整できる)。

rrevq20myprototypedrive22111842

もちろんアダプティブクルーズコントロール、ステアリングアシスト、レーンキーピングアシスト、エマージェンシーブレーキも装備される、とアナウンスされています。

rrevq20myinteriors4422111808

価格についてはディーゼルモデルのD150(FF)が31600ポンド、D150(4WD)が35100ポンド、ガソリンエンジンモデルは35950ポンドから40350ポンドまで。

グレード詳細は現在不明ですが、「R-Dynamic」グレードなど、おおよそこれまで同様の構成となるようですね。

rrevq20mycapabilityds22111806

VIA:Rangerover

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.