>アウディ(Audi)

アウディTTには「タルガトップ」コンセプトが存在した!米同時多発テロ直後の公開だったため完全に忘れ去られることに

| 公開のタイミングがあまりに不運だった”TTオープンスカイ・コンセプト” | 先日、アウディCEOによって引導を渡されてしまったアウディTT。残念ながら販売台数減少に加え、そしてアウディ自身が「スポーツカーには注力しない」という方針のために現行モデルをもって生産が終了されることになります。ただしアウディCEOも「アウディのイメージを変えたというTTの功績」を認めており、実際にTTが果たした役割は大きく、それはほかのどのモデルでもできなかったことだろう、と考えています。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知 ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーが英人気モデルのために1956年製「XJ120」をカスタム。出力向上、高速走行に耐えるほか、内装はヴィンテージレザーでドレスアップ

| モデルならではセンスで内外装をオシャレに変更 | ジャガーが1948年から1954年にかけて製造していた「XK120」をレストアして公開。すでに70年が経過するクルマとなりますが、これはエンジン型式名である「XK」と最高速度の時速120マイル(193キロ)とを組合わせた車名を持ち、つまりは「当寺の相当な高性能車」。エンジンは3.4リッター直列6気筒、出力は180HP、トランスミッションは4速MT。ボディサイズは全長4270ミリ、全幅1550ミリ、全高1270ミリ、重量は1143キロ。生産台数は12,0 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

今まで不明だったマスタング・シェルビーGT500の出力が「760馬力」に確定。フォード史上もっともハイパワー、V8史上もっともリッターあたりの出力が高いエンジンに

| フォードはシボレー、ダッジに比べるとこれまで「それほどマッスル」ではなかった | フォードが「マスタング・シェルビーGT500」のスペックを公開。車両そのものは今年早々に発表されていたものの、スペックは明かされておらず、「出力700馬力以上」「0-100キロ加速3秒台半ば」という曖昧な数字が語られていた程度です。そして今回ついにそのスペックが明らかになったということですが、その出力はなんと760馬力で、これは「647馬力」のフォードGTを超えて”フォードのロードカー史上最強モデル”に。 フォード「マス ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベット発表前の「買い控え」?現行C7コルベットの売れ行きが芳しくなく、在庫は93日分も

| このままでは新型コルベット発表までに売りきることはできない | 新型コルベット(C8)の発表まであと一ヶ月。そんな状況の中、3月には現行コルベット(C7)の在庫が「232日ぶん」余っているとも報じられましたが、最近はその在庫は現在「98日ぶん」まで圧縮されたとの報道も。ただ、経過日数から逆算してみると「とくにペースが速くなったわけでもなく」順当にその数が日割りペースで減っているだけのようです。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニが起死回生を賭けるピュアEV「ミニクーパーS E」の動画を公開し7/9に公開すると発表。しかし競争力を発揮できないだろうと思うその理由

| もはや”ミニだけしか持ちえない”優位性は失われた | ミニが初の量産EV「ミニクーパーS E」を7月9日に発表するとアナウンスし、それにあわせてティーザー動画も公開。現時点ではスペックについては一切語られず、しかし動画を見るとその姿は「紛れもないミニ」。走行する姿を見るに、つい先日目撃されたプロトタイプと同一のカラーリングを持っているようですが、該当プロトタイプが目撃されたのは今回のプロモーションビデオ撮影現場だったのかもしれませんね。 これがピュアエレクトリックMINI、「ミニクーパーS E」だ!偽 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

ニュルブルクリンクの市販車ラップタイムランキング最新版。2019年前半は大きな変動がなく上位安定

| 波乱の2018年とは大きく異なり天下は平定された | さて、2019年も半分を過ぎたため、ニュルブルクリンクのラップタイムのランキングを整理。ただ、2019年は大きな変動はなく、いくつかのクルマが上位以外に入ってきたくらい。具体的には43位のフェラーリ812スーパーファスト、56位のポルシェ718ケイマンGT4(暫定)、70位のBMW M5コンペティション、86位のルノー・メガーヌR.S.がランクインしています。 こちらもオススメ、関連投稿2018年11月の国内輸入車登録ランキング。ヒットが出るも「後 ...

ReadMore

>プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー2008発表!「208」をベースにしながらも更にアクティブかつスポーティーに。ピュアエレクトリックモデルも追加

| プジョーのデザインはここ数年で大きくライバルを引き離した | プジョーが新型2008を発表。2013年に発売された初代に続く2代目ということになりますが、欧州車にしてはけっこう早いタイミングでのモデルチェンジだと思います。おそらくは、ベースとなる208が新型へ移行したことで多くのパーツ/コンポーネントを流用できる、またそのほうが生産効率が良いであろうこと、そして競争が厳しいコンパクトSUVクラスでの競争力確保、といったところがその理由ではないかと考えています。 新型プジョー208発表!ライバルが一気に ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVandenbrink Designが公開したもので、ベースは612スカリエッティ。正直、「最初からこうだったんじゃないか」と思えるほどの自然さを持っており、無理やりっぽさがまったく感じられないカスタムカーです。なお、もとのフェラーリ612スカリエッティはこんなクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かっ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダ・ロードスターをNAのまま「リッターあたり100馬力超え」に。1馬力あたり1万円のリーズナブルなチューニングキット登場

| これまではハードルの高いターボキットしかラインアップれていなかった | マツダ・ロードスターのターボチューンで知られるイギリスのBBR。これまでも「ポン付けターボキット」等を発売してきたものの、今回は珍しく「ターボ無し、自然吸気エンジン」のままでパワーアップを目論むチューニングプログラムを発表。日本以外の国だとロードスターのエンジンは1.5リッターではなく2リッターを採用しているため、今回発表されたのも「2リッターSkyactiv-Gエンジン向け」ということになりますが、このチューニングキットには”得 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

中国にて違法登録されたフェラーリが押収→競売へ。なぜ中国では違法に登録される例が多いのかを考える

| スーパーカー一台にかかる税金は「もう一台分」に等しい | 中国にて、フェラーリ599GTBがなんと約3万円という開始価格からオークションへと出品されることに(しかも最低落札価格はない)。該当のフェラーリ599GTBは中国は南方のドンガンにて警察署が保管している個体で、保険未加入、かつ未登録が発覚したための押収された個体だそう(一部の国や地域では無保険は違法)。この(み保険、未登録という)事実は、このフェラーリが事故を起こした際に発覚したものだとされ、つまり装着されるナンバープレートも「違法に」取得した ...

ReadMore



>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■ニュース

新型レンジローバー・イヴォークのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは11色、オプションは山のようにあるぞ

投稿日:

| 新型レンジローバー・イヴォークの装備詳細が明らかに |

レンジローバー・イヴォークのカーコンフィギュレーターが早速公開に(今の所は本国仕様のみ)。

これを見るとグレードは3種類で、「レンジローバー・イヴォーク」「レンジローバー・イヴォーク Rダイナミック」「レンジローバー・イヴォーク・ファーストエディション」の三つ。

そして「レンジローバー・イヴォーク」だと「イヴォーク」「イヴォークS」の2種、「イヴォーク Rダイナミック」では「Rダイナミック」「RダイナミックS」「RダイナミックSE」「RダイナミックHSE」の4種、「レンジローバー・イヴォーク・ファーストエディション」は1種類のみが選択肢となります。








「レンジローバー・イヴォーク」の装備はこうなっている

これによるとレンジローバー・イヴォーク(ベースグレード)の標準装備は下記の通り。

・LEDヘッドライト
・クリアグラス(スモークではないという意味?)
・スタンダードルーフ
・ボディカラー同色ルーフ
・オートマティックヘッドライト
・LEDテールライト
・アプローチイルミネーション
・ヒーテッドドアミラー
・フラッシュマウントドアハンドル
・テールゲートスポイラー
・リアワイパー
・レインセンサー
・トレーラースタビリティアシスト(TSA/トレーラー牽引時に不安定な状況になると車速が自動的に落ちる)
・前後リカバリー・アイズ(カメラ?)
・サテンブラックフロントバンパー
・ダークテクノリアバンパー
・アトラスサイドベント
・ボディカラー同色ドアミラー

そして「レンジローバー・イヴォーク Rダイナミック」になると前後バンパー含む外観が「Rダイナミック仕様」となり「Rダイナミック」バッジも追加。

evoque

さらに「レンジローバー・イヴォーク・ファーストエディション」では「Rダイナミック」に加えてマトリクスLEDヘッドライト、プライバシーガラス、パノラミックルーフ、ブラックコントラストルーフ、アニメーショナルターンインジケーター(シーケンシャルウインカー?)、ハイラインテールランプ、フロントフォグランプ、オートマチック・ヘッドライト・レベリング、ヘッドライトウォッシャー、自動防眩/電動/アプローチライト付きドアミラーが与えられることに。

エンジンはディーゼル3種、ガソリン3種をラインアップ

なおエンジンの選択肢は下記の通り(日本にはどのエンジンが設定されるのかは不明)。※グレードによって選べるエンジンは異なる

・D150 2リッター4気筒ターボディーゼル(150馬力)
・D180 2リッター4気筒ターボディーゼル(180馬力)
・D240 2リッター4気筒ターボディーゼル(240馬力)
・P200 2リッター4気筒ターボ(200馬力)
・P250 2リッター4気筒ターボ(250馬力)
・P300 2リッター4気筒ターボ(300馬力)

ボディカラーは11種類

新型レンジローバー・イヴォークのボディカラーは従来モデルとそう大きくは変わらず、たとえば「Rダイナミック」だと下記のようなラインアップとなります。
驚くべきはブルー系がなくなったことで、そしてグリーン系も姿を消し、シルバーとホワイト、グレー系が大半を占めることですね、

ぼくも以前に(従来型イヴォークで)乗っていた「フジホワイト」。

fuji

ナルヴィクブラック。

narvik

インダスシルバー。

corris

フィレンツェレッド。

redo

サントリーニブラック。

santrini

カイコウラストーン。

kaikoura

ユーロンホワイト。

yuron

ソウルパールシルバー。

seoul

コリスグレー。

corris

カーパシアングレー。

carpathian

シリコンシルバー。

silicon

ホイールやその他オプションはこんな感じ

ホイールは18インチから21インチまでが揃い、選択肢は9種類。

evoque9

ルーフは「ボディカラー同色」「シルバー」「ブラック」のコントラストルーフが選択できるのもこれまで通りです。
そしてパノラミックルーフ(固定)、スライド式パノラミックルーフも選択可能。

ヘッドライトは標準のLEDのほか、プレミアムLEDヘッドライト、マトリクスLEDヘッドライトがあります。

evoque7

そのほかの外装オプションだとドアミラーやトリム類、エンブレムなどがグロスブラックとなる「ブラックパック」が用意されています。

インテリアの選択肢はこうなっている

イヴォーク Rダイナミックの場合、インテリアカラーは「エボニー+グレインレザー」「クラウド/エボニー+グレインレザー」「エクリプス/エボニー+グレインレザー」が標準の選択肢となり、「穴あき」のパーフォレイト仕上げを選ぶと「ダークガーネット(深いレッド)を選ぶことが可能に。

evoque5

あとはヘッドライナーが明るい「オイスター」とダークな「エボニー」、トリムはアルミやウッドから選択可能。

evoque3

そのほかの内装オプションとしてはインタラクティブドライバーディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、パーフォレイテッド仕上げのステアリングホイール、メリディアンオーディオシステムといったところが主なもの。

あとはパッケージオプションとして自動パーキングが含まれる「パークパック」、寒冷地向けの「コールドパック」、利便性が充実する「ドライブパック」、安全装備を強化する「ドライバーアシストパック」も選べます。



自分仕様のレンジローバーを作ったらこうなった

そのほかにも山のようにオプションがありますが、選んでいるとキリがないので、最低限の選択を入れてみた「自分仕様」がこちら。
イメージ的には「高級ヨット」で、外装はホワイト、内装はネイビー+ブラック+ベージュに明るいウッドを選択。

Rダイナミックに採用されるブロンズアクセントを残してエレガントに仕上げたかったということもあって、「ブラックパック」をあえて選んでいないのがポイントです。

レンジローバー・イヴォークはぼくがこれまでに乗ってきたクルマの中でも「上位」にランクされるお気に入りで、「また買うだろうな」といつも考えている車種。
新型イヴォークが日本でも発表されたのち、早々にディーラーへと行ってみようと思います。

evoque

今回の「自分仕様イヴォーク」について、主な仕様は下記の通り。

ボディカラー:ユーロンホワイト×コントラストルーフ
インテリアカラー:エクリプス/エボニー、ライトオイスタールーフ、ナチュラルアンバートリム
ホイール:20インチ(グロスブラック)
その他オプション:プライバシーガラス、マトリクスLEDヘッドライトなど

VIA:RangeRover

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.