>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型スープラの復活を最も望んだのは豊田章男社長だった!A90スープラは恩師のつぶやきが開発のきっかけ

投稿日:2019/02/07 更新日:

「 ドイツメーカーは開発中の新型車を走らせているが、我々トヨタが今走らせているのは販売の終わったスープラだ」

Sankeibizにて、新型トヨタGRスープラ復活の舞台裏を紹介する記事が掲載に。
東京オートサロンでは、新型トヨタGRスープラが「Gazoo Racing」名義にてニュルブルクリンク24時間に参戦するということが発表されたそうですが、新型スープラは「Gazoo Racing」の手がけた初のクルマ。

Gazoo Racingそのものは「社内プロジェクト」だと紹介され、「道が人を鍛え、クルマを鍛える」をモットーとしている、とのこと。

きっかけはトヨタの前マスタードライバーの悔しさをにじませた発言

そして新型スープラですが、その開発が始まったのは既報の通り2012年。
新型GRスープラの開発責任者である多田哲哉氏が「明日ミュンヘンに行け」といきなりトヨタ本社から指示を受け、そこでBMWへ向かった、という例の話から始まっています。

なお、トヨタがBMWを提携の相手として選んだのは「直6エンジンを持っているから」で、というのもスープラも代々直6エンジンがそのアイデンティティのひとつであり、その時点でBMW以外はこのエンジンを持っていなかったためだと語られています(今ではメルセデス・ベンツも直6を復活させた)。

そして記事によると、新型スープラの復活をもっとも望んだのは豊田章男社長であったとのこと。

豊田章男社長は新型スープラのマスタードライバー(テストドライバーのトップ)であるということがスープラ発表時にアナウンスされていましたが、トヨタのマスタードライバーを務めていた(事故によって殉職)成瀬弘氏が豊田章男氏に対して「ドイツメーカーを見てみろ。開発中の新型車でニュルのサーキットを走っているだろ。それに引き換え、トヨタは既に生産が終わったスープラだ。
いつかニュルで開発中のマシンを走らせたいなぁ」とつぶやいたことがあまりにも悔しく、そこでスープラ復活を心に誓った、とのこと。

なお、この成瀬弘氏という人物は、豊田章男社長に対して物怖じしない人であったようで、 「運転のことも分からない人に、クルマのことをああだこうだと言われたくない。月に一度でもいい。もしその気があるなら、俺が運転を教えるよ」と言い放ったそう。

そして新型スープラについては、その成瀬氏の最後の弟子であるベルギー人の開発ドライバーがそのセッティングを完成させたとのことですが、この作業にも豊田章男社長が関わったようですね。

そして豊田章男社長は、新型スープラでニュルブルクリンクを走った際にこう呟いていますが、そのときの心境は本人でないとわからないのかもしれません。

「 成瀬さん、とうとう新型スープラでニュルに来ましたよ 」。

VIA:Sankeibiz,トヨタイムズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.