>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW 3シリーズのボディカラーは日本だと3色→欧米では102色。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニの純正カラーも選べるナゾ

投稿日:2019/04/07 更新日:

日本だとブラックとホワイトで80%を占め、あとはせいぜいグレー

BMWが新型(G20)3シリーズにつき、欧米向けのコンフィギュレーターをオープン。
これを見ると、ボディカラーはカスタムカラー抜きで18色、ホイールも日本にはない「ブラック」が選べるほか、インテリアカラーはなんと18色(そのうち10はインディビデュアル)が選択可能。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

一方で日本のコンフィギュレーターはこちらですが、ボディカラーは「アルピン・ホワイトⅢ」「ミネラル・グレー」「ブラック・サファイア」の3色のみ。※コンフィギュレーターから入ると、選択肢に「ミネラル・ホワイト」が追加される
そしてM Sportになると「ミネラル・ホワイト」「ポルティマオ・ブルー」が追加されて5色からチョイスできます。
なお、インテリアは「アンソラジット(ブラック)」1色のみ。

欧米のBMW 3シリーズは標準ボディカラー18+カスタムカラー84、インテリアカラーはオプション含め最大18

つまり、海外のBMW 3シリーズのボディカラーは18色であるのに対し日本は3色(グレードによって5色)、そしてインテリアは海外18に対して日本だとわずか「1」。

写真の説明はありません。

さらにボディカラーについては、BMWのカスタム・プログラム「インディビデュアル」にて、なんと84色が追加で選択できるので、標準色とあわせて「なんと102色」を選べるということになりますね。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

なお、ここでぼくが注目したいのは、「他社のボディカラー」もBMWインディビデュアルにて用意していること。

たとえば「リビエラブルー」「マイアミブルー」「スピードイエロー」はポルシェに用意されるボディカラーで、「ロッソ・コルサ」「イモラ・レッド」はフェラーリ、「ヴェルデ・マンティス」はランボルギーニ(アウディの”ナルド・グレー)もある。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲ランボルギーニ純正色、ヴェルデ・マンティス

これらについては「カラー名が同じ」なだけではなく、おそらくは「色味も一緒」。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲ポルシェ純正色、リビエラ・ブルー

こういった「ほかメーカーのボディカラーを用意」しているのはBMWだけではありませんが(アストンマーティンも他社のボディカラーが選択可能)、この目的としては「ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニのオーナーのセカンドカー需要(同じ色に塗れますよ、というと購入確率が上がるかも)」を狙っていると考えられます。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲これはフェラーリ純正色、ロッソコルサ

これまでにも、「BMWアブダビ」がポルシェやフェラーリの純正ボディカラーにペイントした車両を公開していましたが、こういうことだったのか、と今更ながらに納得です。

なお、日本のBMWがボディカラーを3〜5色しか用意していない理由は謎ですが、ひとつは「売れないから」。
路上を走るBMWを見ても分かる通り、ホワイトとブラックがほとんど(ぼくの調べでは80%)を占めていて、これ以外のボディカラーはそもそも需要がない、ということですね。

ちなみにアウディA4だと、ホワイト系、ブラックのほか、ネイビー、レッドを含めた6色が揃い、メルセデス・ベンツCクラスだとグリーンやレッドを含めた10色がラインアップ。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲ホイールの選択肢も秘本は少なく、「ブラック」が選べない

アウディ、メルセデス・ベンツであってもけしてそのボディカラー選択肢が「多い」とは言えないものの、BMW 3シリーズの「基本3色」というのはかなり少ないと言ってよさそう。

なお、「白黒以外は売れない」という理由のほか、BMWはおそらく販売効率も考えているはずで、受注生産によって注文や生産の手間がかかることを嫌い、徹底して「在庫車を売る」と言う方針を貫いているものと思われます。※一応日本からもインディビデュアルのオーダーは可能ではあるものの、相当に嫌がられたことがある

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.