>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJもコンコルソ・デレガンツァに登場!その勇姿を見てみよう

投稿日:2019/04/17 更新日:

コンコルソ・デレガンツァ京都2019には現行ランボルギーニも勢揃い

さて、京都は二条城にて開催された「コンコルソ・デレガンツァ2019京都」。
総勢50台ものクラシックカーが一同に集いますが、会場には現行のランボルギーニ各モデルも。

ここではアヴェンタドールSVJ、ウルス、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが展示されています。

いつの時代もランボルギーニの「J」は特別なモデル

そんな中で今回紹介するのはランボルギーニ・アヴェンタドール史上最強モデルの「SVJ」。

「SVJ」とは「スーパーヴェローチェ・イオタ」を指しますが、「ヴェローチェ」はイタリア語で速度を意味します。
「J」はイタリア語で「イオタ」と読むそうですが、もともとはFIA競技附則J項にちなんでおり、これに沿って作られたのが1969年の「イオタ」。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

このイオタはいわばランボルギーニのスペシャルモデル、しかも究極のモデルの代名詞的な意味合いも持っていて、よって「SVJ」の「J」は1969年の「イオタ」へのオマージュだということになりそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

そして今回展示されていたのが、発表時のマットグリーンを身にまとうランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ。

写真の説明はありません。

アヴェンタドールSVJからはランボルギーニのデザイナーがスイッチしていて、そのためにこれまでには見られない手法が随所に見られます。
正確に言うならば、新デザイナーのMitja Borkner氏は、コンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」が初仕事。

たとえばこういった「フロートしたパーツ」もその”新しい手法”の一例ですね。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

ホイールはセンターロック、そしてセンターキャップはカーボン。

写真の説明はありません。

サイドステップもカーボン製、そしてウイングレットつき。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

ドアミラーもカーボン製。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

限定であることを示すプレート。
ムルシエラゴやガヤルド前期あたりまでこの「限定シリアルプレート」はリアクォーターウインドウ付近にあったものの、最近の車両ではこのプレートが左フロントの「三角窓」付近に。

画像に含まれている可能性があるもの:靴

アヴェンタドールSV、アヴェンタドールSに比較しても巨大化したリアフェンダーのエアインテーク。
つまりアヴェンタドールSVはそれだけエンジンの発熱量が大きいということになります。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

Cピラー内のエアインテークもカーボン製。

写真の説明はありません。

リアフェンダーを上下で分割するデザインもアヴェンタドールSVJで初めて採用されたもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

この「SVJ」文字はオプション扱いですが、ペイントもしくはデカールの二種類が選択可能です。

画像に含まれている可能性があるもの:靴

特徴的な形状のリアウイングもカーボン製。

写真の説明はありません。

やはり新しい形状のリアディフューザーもカーボン製。

写真の説明はありません。

ウイングのデザインそのものも新しくなっていることがわかります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてリアウイングはクイックリリース(エアロキャッチ)。
つまり開閉式ではなく、「取り外し式」。
安全のため、取り外しには二名いたほうが良さそうですね。

写真の説明はありません。

ほかの画像は「Concorso d'Eleganza Lamborghini Aventador SVJ」に保存中。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.