>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスが「世界で初めて大西洋無着陸横断飛行」を成功させた自社のエンジンにちなんだレイスの限定モデル、「イーグルVIII」を発表

投稿日:2019/05/29 更新日:

| 1919年の無着陸飛行において、唯一壊れなかったのはロールスロイスのエンジンだけだったという |

ロールスロイスが「レイス」に50台のみの限定モデル”イーグル8(Eagle VIII)”を追加。
実車の発表は5月24日から26日にかけて開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて行われる、とのこと。

なお「イーグル」とはロールスロイスの製造していた航空機用エンジンのシリーズ名。
1914年に「イーグルI」が完成し、イーグルVIIIが登場したのは1917年だという記録が残っています。

最終的にはイーグルXVIまでが作られる

そしてイーグルVIIIはイーグルシリーズ通じてもっとも多く製造されたエンジンとなり、1919年にはビッカース・ビミー(Vickers Vimy)爆撃機に搭載され、航空機史上初の大西洋横断無着陸飛行を成功させています(パイロットはジョン・オールコックとアーサー・ブラウン)。

このイーグルVIIIエンジンの排気量はなんと20.3リッター/350馬力、そして形式はV12。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ドアインナーパネルにはウインストン・チャーチルが1919年6月20日に語ったというロールスロイス製エンジンに対する賞賛の言葉 “I do not know what we should most admire – their audacity, determination, skill, science, their aeroplane, their Rolls-Royce engines – or their good fortune,” の記載も。

写真の説明はありません。

なお、大西洋無着陸横断飛行に挑戦した際、ビッカース・ビミーの計器類が故障し、「星を頼りに」カナダのニューファンドランドからアイルランドのクリフデンまで飛んだとされますが、その飛行時間は実に16時間12分、そして飛行距離は3,186キロ。

その飛行中に「唯一故障しなかったのは」ロールスロイスのエンジンだけだ、という記録も残っているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ロールスロイス・レイス・イーグルVIIIの外装は「星を頼りに」飛んだ二人のパイロットが過ごした長い夜をイメージし、ボディカラーはガンメタルとセルビーグレー。
ブラックのグリルはイーグルVIIIのエンジンカウルをイメージしているようですね。

ホイールはパートポリッシュにシャドウフィニッシュが採用されています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

インテリアカラーはブラックとセルビーグレー、そしてアクセントは「ブラス(真鍮)」。

ダッシュボードに使用されるのはスモークされたユーカリで、この上に記されるのは「空から見た地上」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ルーフ内張りには「スターライト」オプションが装着されますが、これは1,183本の光ファイバーを使用し、ビッカース・ビミーのコクピットからジョン・オールコックとアーサー・ブラウンの二人が見た景色を再現しています。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

センターコンソール横にはブラスカラーで6本のステッチが入り、これはビッカース・ビミーに搭載されたイーグルVIIIをイメージしたもの(このレイスに搭載されるのもV12)。

写真の説明はありません。

ちょっと面白いのはこの「クロック」。
グリーンっぽい文字難を持ちますが、これは「超高高度にて飛行し、凍りついたガラス越しに見えるビッカース・ビミーの(照明が灯った)計器類」をイメージしたといい、その他の部分とあわせ、ドラマを感じさせる部分でもありますね。

写真の説明はありません。

そしてクロック上に表示される53°26’22.81”N 10°01’18.74”Wは、ジョン・オールコックとアーサー・ブラウンによるチャレンジの「ちょうど中間」を示す座標。

なおロールスロイスはもともと1906年の設立ですが、その後に「航空機、船舶用エンジン」を作る”ロールスロイス・ホールディングス”と、自動車を作る「ロールスロイス・モーター・カーズ」とに分化。

よって現在は「自動車と航空機」分野における関連性はないものの、歴史的偉業を称える、素晴らしい限定モデルだと言えそうですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.