>ブガッティ(BUGATTI)

【動画】超カスタムカラーのブガッティ・シロン”ゼブラ”が顧客へ納車!このグラフィックはけっこう人気があるようだ

| かなりアクの強いパターンではあるが | ブガッティ本社にて収められたという、スペシャルカラーを身にまとうシロンスポーツの動画が公開に。これは「ゼブラ」と命名されているそうですが、カラーリング自体はブガッティ・ヴェイロンの「ロル・ブラン」「ル・サフィール・ブル」と同様のパターン(カラーは異なる)を持つようですね。なお、ヴェイロン「ロル・ブラン(L'Or Blanc)」とは2011年にブガッティが発表したヴェイロンのスペシャル・エディション。 こちらもオススメ、関連投稿10選ブガッティが最新限定モデル「1 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】ランボルギーニ・カウンタックが現代に蘇ったらこうなる!カーデザイナーが「カウンタックV2.0」を公開

| 現代のランボルギーニ風デザインエレメントを反映 | これまでにも様々なレンダリングを公開してきたカーデザイナー兼ユーチューバー、スケッチモンキー氏。今回は「ランボルギーニ・カウンタックの現代版」を公開しています。ざっと見ると、フロントがバンパー内がハの字の「オメガデザイン」へ、そしてドアミラーやサイドステップが現在のランボルギーニっぽい意匠へと変更されているようですね。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場未来派 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】世界で2台!”もっとも高価なR34世代のGT-R”、NISMO R34 GT-R Z-Tuneを磨きまくる動画

| このボディカラーを持つR34 GT-R Z-Tuneは世界に二台 | 北米の(ボディコーティングなどを行う)ディティーリングショップが、生産わずか19台、もっとも高価なR34 スカイライン GT-Rとも言われる「NISMO R34 GT-R Z-Tune」のメンテナンス動画を公開。19台のうち日本国内で販売されたのは15台のみと言われるものの、その後のGT-R人気の高まりによって海外バイヤーが日本国内の在庫を買い占めたともされ、現在日本に残っているのは「数台」だけ、とも。 こちらもオススメ、関連投稿1 ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロシアより愛を込めて!ロシア限定、けして眠らないモスクワの夜をイメージしたロールスロイス・レイスの特別仕様が登場

| 成功者がロールスロイスを欲するのは世界共通 | ロールスロイスのモスクワ販売拠点、「ロールスロイス・モスクワ」より、モスクワの夜の雰囲気にインスパイアされたスペシャルエディションが発表に。これはロールスロイス・モスクワが英国のロールスロイス本社に発注したクルマということになりそうですが、「レイス・ブラック&ブライト・コレクション」と題されています。いずれもレイス・ブラックバッジをベースとし、ボディの下半分について「ブレンネングリーン」「オレンジメタリック「トワイライトパープル」が採用され、フロントフー ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】ジャンクヤードで見つけたマツダRX-7を再生し走るまで!2年近くを10分の動画に凝縮してみた

| どう見ても元が「不動車」だったとは思えない | トヨタ・スープラ、日産GT-RやホンダS2000同様、アメリカで高い人気を誇る日本車というとマツダRX-7。映画「ワイルド・スピード」に登場した影響もあってそのプレゼンスを高めていますが、GT-Rと異なりアメリカにも正規輸入されていたため、それなりに個体数も多いようですね。ただ、スポーツカーという性質上、中には「廃車寸前」のRX-7も多数見られ、今回の一台も「ジャンクヤードで見つけてきた」一台の復活劇。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型911GT3”ツーリング”がニュルブルクリンクで積極テスト中。GT系前後バンパーはターボとも大きく異なり、911RSR同様の「センターラジエター」に?

| 911のシリーズ間における差別化は世代を経るごとに大きくなってゆく | ここ最近、テストが活発化している992世代の新型ポルシェ911GT3ツーリング(と思われるプロトタイプ)。今回もニュルブルクリンク近郊、そしてニュルブルクリンクを走行する姿が撮影されています。ポルシェ911GT3「ツーリング」は、911GT3からリアウイングを取り除いた”ジェントルな”911GT3といったイメージですが、もとはというと(991世代における)911Rの行き過ぎたプレミア相場を抑制するために投入されています。 991世 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

え?これがフェラーリ?燃えて完全に形がなくなったフェラーリ458が販売に。「腐っても鯛」だが需要はあるの?

| これでもおそらくは誰かが買う | ダメージを受けた車両専門売買サイト、米Copart。通常の中古車売買サイトでは販売できないようなレベルの車両や完全な不動車まで様々なクルマが売られていますが、今回Copartに登録されたのが「完全に燃えてしまって何のクルマだったのかわからない」フェラーリ458スパイダー。たとえばCopartのトップページに「Ferrari」と入力して絞り込むと現在31台が見つかり、そのダメージ内容は「サイド」「フロント」「リア」「全体」「水没」「焼失」などいろいろなものが出てきます。 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】マルタ島で発見された「30年以上閉鎖されたまま」のスバルティーラーその後。今なおアルシオーネやインプレッサ”当時の”新車が眠り続ける

| けっこうな数のクルマが保管され、全部合わせると相当な価値になりそう | 以前にも紹介した、「マルタ島にて、放置されたスバルディーラー」。当時はけっこうな話題となったため、すぐに世界中のバイヤーが放置されている希少車を買い付けにゆくものと思われましたが、なんと現在でも「そのまま」。そして今回公開された動画では、19080〜1990年代のスバル車のほか、当時のアウディ、フォルクスワーゲンの姿も見られ、一大ワンダーランドであることもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。 ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンの年例行事「コーティングメンテナンス」完了!これでまた1年、美しいクルマに乗れることに

| 今年は塗装面を傷めないようにしたい | さて、ぼくがクルマに乗る上で欠かせないのがコーティング。これに関しては妥協することなく美しさを追求するようにしていますが、現在お願いしているのは兵庫県は尼崎の「煌(きらめき)」さん。718ケイマンについては、昨年9月に新車購入した際に煌さんにてコーティングを施工していただいており、今回は1年後ごとのメンテナンスをお願いしています(1年毎のメンテナンスというのは自分ルール)。この1年における走行距離は約21,000キロで、その間には飛び石キズを受けたり、サイドシル ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >その他アメリカ車

【動画】コルベットベース、800馬力、MTも選べるピュアEV”ジェノベーションGXE”。自身の記録を塗り替え「EV世界最速記録」を樹立

| その速度は338.28km/h、ポルシェ・タイカン、テスラ・モデルSも最高速に挑む? | シボレー・コルベット(C6)をピュアEVにコンバートしたエレクトリックスポーツ、「ジェノベーションGXE」が最高速度338.28km/hを記録し、世界で最も速いEVの記録を塗り替え。ただ、その前の「最速EV」もおなじくジェノベーションが記録した336.3km/hだったので、単に自身の記録を更新した、ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿10選【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

ランボルギーニは2019年前半に「昨年同期比で倍」の台数を製造したと発表。そのうち60%はウルスが占め、このままだと年間1万台に到達しそう

投稿日:2019/07/08 更新日:

| ランボルギーニは当初、ウルスの販売を「3000台くらい」と見積もっていた |

ランボルギーニが2019年前半(1月から6月)の販売状況を公開し、当然ながら過去最高であったこと、そして4,553台を販売したことを公開。

2018年は「通年」で5,750台を販売していますが、その半分の期間で昨年まる1年の80%に相当する台数を販売した、ということになりますね(昨年の同じ時期は2,327台の販売で、倍近いペース)。

なお、この4,553台のうち、ウルスは2,693台を占め、残る1,860台がウラカン(1,211台)とアヴェンタドール(649台)。

日本の販売は4位に転落

主要販売国だとアメリカ(USA)が最大で、その次は中国、次いで英国、そして日本、ドイツの順。
成長が大きかったのは128%となり1,543台を販売したアメリカ、そして1,184台を販売したアジア・パシフィック、167%となったEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ/1,826台)。

これまで日本は安定して2位~3位をキープしていたものの、ウルスの発売によって中国やイギリスに逆転されることになっていますが、これは車体サイズを考えると「いたしかたない」ところでもありますね。

なお、ランボルギーニは、少し前から「スーパーカーを中国にはあまり売りたくない」という意向を示しており、しかしウルスについては「中国で無制限に売る」という方針を見せています。

これについては「イメージ」の問題があり、スーパーカーでバンバン事故を(中国人に)起こされるとブランドイメージが下がりかねず、よって「車種によって販売先を変える」のでしょうね。

ランボルギーニの主役はウルスへ

そんな意味もあり、ウルスの爆発力は凄まじいといったところですが、2000年以降のランボルギーニの販売台数をグラフにしてみるとこんな感じ。

l12

これを見ると、ランボルギーニの歴史において、ウラカン(オレンジ)が相当な割合を占めていることがわかりますね。

そしてこのグラフは「年ベース」で作成していますが、一番右の「2019年」はもちろん半年分のみ。
つまり2019年は異常な勢いで伸びているということがわかり、その理由はもちろんウルス(水色)。

なお、ウラカンとアヴェンタドールは昨年同期比で82%くらい。
つまり「昨年よりも販売が減っている」ということですが、これは中国やロシア、アフリカなど「道が良くない」ところに住んでいる人々がウラカンやアヴェンタドールを選んでいたところ、それらを「ウルス」へと切り替えて購入しているのかも。

もしくは、ランボルギーニはウラカンとアヴェンタドールを合計した販売台数を、希少性維持のために「年間4,000台」までに抑えたいという発言も行っているので、意図的に販売(生産)を抑えているのかもしれません。※マクラーレンは6,000台を上限としている。ランボルギーニの場合、スーパーカーの販売台数を伸ばさないためにウルスを投入したとも言える

ランボルギーニの売上はうなぎのぼり

そしてこちらはランボルギーニの販売台数変遷と売上をグラフにしたもの(ランボルギーニは利益について公表していない)。
青い棒が販売台数、赤い折れ線が売上高を表しており、販売台数以上に(すごいペースで)売上高が伸びていることがわかりますが、にわかに信じられないペースでもあり、車両以外にもグッズや、ライセンス販売による「売上」も増えているのかもしれません。

l11

ランボルギーニはさらにウルスの生産体制を強化

そしてランボルギーニはウルス生産のために今回塗装ラインを新設。
工場そのものはすでに竣工しておりウルスをフル稼働で生産していますが、この塗装ラインのみでなんと「100人」が働いている、とのこと。

542204

さらには「AIを導入した最初の塗装ライン」だとも発表しており、これによって今までにない複雑な塗装も可能になる、としています。

542202

ランボルギーニは「(ウルス含む)トータルでの販売を年間8,000台に収める」という趣旨のコメントを発しているものの、このままのペースだと年間1万台にも達しそうであり、そして工場への度重なる投資を見ると、「ウルスは上限なし」で生産することになりそうですね。

542199

VIA:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウルス関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.