>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ダイハツ(DAIHATSU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

クルマの売り方も時代とともに変わる!ダイハツがAIチャットボットを導入し24時間ネット上で顧客対応開始予定

| 現代では顧客と接点を持つのが難しい | 9月より、岐阜ダイハツ販売がAIチャットボットを活用し、ネット上にて24時間顧客対応を行うサービスを開始する、とのこと。これは「Linka」と命名されたサービスで、”AI査定”と”来店予約”を受け付ける、としています。これの導入経緯としては、「以前は来店して購入を検討するケースが多かったが、最近の消費者はネットで必要な情報を調べる事が多く、来店が減った」ことへの対応。※正確に言えば、顧客が自分で調べた結果、販売店にコンタクトすることなく購入を見送っている こちら ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フォード(FORD) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッスルで、比較的若々しくエネルギッシュな人々が購入するというイメージがあり、よってこの結果は「かなり意外」。そしてもうひとつ意外なのは、この「51歳」はカマロやマスタング購入者の平均年齢より”若い”ということ(これらの平均年齢は明かされていないが、アメリカの新車購入者の平均年齢はなんと53歳)。 こちらもオスス ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

20億円を突破して21億円。2台のみ製造されたマクラーレンF1"HDF”がマクラーレン史上最高価格で落札される

| もともとは通常のマクラーレンF1。納車後に「LMスペック」へとマクラーレンがじきじきにカスタム | 先日、オークションにかけられる予定だと紹介したマクラーレンF1"HDF"。これは”通常の”マクラーレンF1として生産されたクルマを、マクラーレンが後に「LM」スペックへとアップグレードさせたものです。 なお、マクラーレンF1 LMは、1995年にマクラーレンF1 GTR(レーシング課)がル・マンでの優勝を飾った際に「優勝記念」として5台のみが製造された「F1のハイパフォーマンスバージョン」ですが、それと ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明言。現行と比較すると見えてくる、新型との「差」は?

| 横から見ると、新型ジュークの印象は現行とはかなり異なる | 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、あわせて2019年9月3日に発表する、とアナウンス。なお、今回の画像は相変わらずそのシルエットしかわからないものの、そのサイドビューを見せています。なお、この画像を現行ジュークと比較してみるとこんな感じ。これまでのスパイフォトを見ると、新型ジュークはほぼ「現行ジュークと変わらないんじゃないか」と考えていましたが、こうやって並べると「けっこう違う」ということもわかります。 ざっと見たところでは、 ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ケーニグセグがブガッティ・シロン、ランボルギーニ・ウラカンのデザイナーを獲得!社内の重要職に配置しデザイン変革を狙う

| ケーニグセグはあわせてデザインセンターを新設 | ケーニグセグが、そのデザイン責任者として「サーシャ(アレクサンダー)セリパノフ氏を獲得した」と発表。サーシャ・セリパノフ氏はフォルクスワーゲングループ在籍中にブガッティ・シロン、そしてランボルギーニではウラカンのデザインに関わったことで知られています。経歴としてはカリフォルニアのアートセンター・オブ・カレッジを卒業後、2003年にマツダの北米法人にインターンとして参加し、その後2004年にフォルクスワーゲングループへ。 ヒュンダイがブガッティ・シロンの ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】新型スープラのスポーツ触媒とECU発売!早速取り付けてアクセル全開にしてみたサウンドを聞いてみよう

| その音はまさにマシンガン | さて、新型スープラのカスタム/チューニングにつき、現在凄まじいスピードで各チューナー/ショップが進めていますが、今回はダウンパイプ(スポーツ触媒)を取り付けたショップが登場。マフラー含むエキゾーストシステムはノーマルのままで、ヘッダー(エキゾーストマニホールド)とエキゾーストシステムとを接続するパーツのみの交換となりるものの、そのサウンドはクリアかつ歯切れの良いものへ(当然音量もUP)。触媒一つでここまで変わるのかと思わされますが、製品自体はRK-Tunesが発売している ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかイケてる?日産GT-R/フェアレディZワゴン。そろそろ2ドアワゴンブームが来そうだが

| 日産は昔からあまりワゴンに興味はなさそうだ | おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏が例によって「もしも」なレンダリングを公開。今回は日産GT-R、フェアレディZが「ワゴン」へとコンバートされたもので、さらにはシャコタンな「スポーティーバージョン」。タイヤはツライチ、そしてレター入り、さらにルーフにはダックテールスポイラー付きという仕様です。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発意外と出てくるのが遅か ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーがE-Type生産14年のうち「3台だけ」製造した”ロードラッググーペ”のレプリカ登場。自動車史上もっとも美しいと言われたその姿を再現

| 1台はスチールボディ、2台はアルミボディ | ジャガーは1961年から1975年にかけてジャガーE-Typeを生産していますが、その歴史の中で3台のみ「ロー・ドラッグ・クーペ」を作成。これは文字通り空気抵抗の低減を目的としてオープンボディをクーペ化し、ボディ鋼板を軽量化のために「薄く」作ったもの。そして、そのうちの一台はスチールボディ(49FXNとして知られる)、残る二台はアルミボディだとされていますが、エンジンは4.2リッター、出力は300馬力以上だとされています。 こちらもオススメ、関連投稿ジャガ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが富裕層向けにハイパーカーの収まる「秘密基地」風ガレージを提案!まるで映画の中の1シーン

| アストンマーティンは富裕層のライフスタイルをプロデュースする方向へ | アストンマーティンは「ヴァルキリー」「ヴァルハラ」と立て続けにハイパーカーを発表していますが、一方では「パーソナル潜水艦」や「超高級タワーマンション」事業にも進出しています。その意図としては、「富裕層のライフスタイルをプロデュースする」というもので、つまりは富裕層が求めるものであればなんでも提供してゆこう、というのがアストンマーティンのスタンスのようですね。 4.5億円、アストンマーティンの潜水艦が本当に生産開始。買ったのは誰? ...

ReadMore

>その他アメリカ車

またまた「ミルスペック・オートモーティブ」によるハマーH1のカスタム。とことんブラック、塗料にはケブラー混入のハード仕様

| このハマーH1は”7番目の”カスタムシリーズ | ハマーH1のカスタムを専業とする「ミルスペック・オートモーティブ」が最新カスタムの施されたH1を公開。ミルスペックオートモーティブは2015年からハマーH1のカスタムを始めていますが、今回は「7つ目」のカスタムシリーズとなります。他のハマー同様、エンジンは6.6リッター・デュラマックス(ディーゼル)V8で、出力は500馬力。トランスミッションはアリソン製の6速AT、そして4WDシステムはもともとの「軍用」から、GM製民生用トラックに使用されるシンプルな ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マツダ(MAZDA) ■近況について ■ニュース

【試乗:マツダ/MAZDA3】VWゴルフは超えることができなくともルノー・メガーヌは超えた?そのデザイン、質感、フィーリングには驚いた

投稿日:2019/07/28 更新日:

| 正直、ここまでの出来とは思ってなかった |

さて、話題の新型車、マツダ3ファストバック(MAZDA3 FASTBACK)に試乗。
発売直後から試乗したいとは思っていたものの時間が取れず、ようやくの試乗となっています。

試乗したマツダ3のグレードは「20S PROACTIVE Touring Selection」、ボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリック。

マツダ3の実車は以前にマツダブランドスペース大阪にてチェックしていますが、屋外で見る、そしてマツダ自慢のソウルレッドクリスタルメタリックのクルマはまた違った印象を与えるように思います。

マツダ3ファストバックの外観はこうなっている

マツダ3ファストバックは、ちょっと古いたとえだと「いすゞ・ピアッツァ(ジウジアーロによるデザイン)」のようなスタイルを持ち、フロントが細く長く、リアのボリュームがあるデザイン。
言うなれば「マヨネーズの容器」に近い形状を持っていて、かなり独特なフォルムだと言えます。

マツダはドライビングポジションを最適化するためにフロントタイヤを可能な限り前に出す傾向にありますが、そのためにノーズが長く、ハッチバックながらも「ロングノーズ・ショートデッキ」的なスタイルを演出することに。

そしてこの「ロングノーズ」の演出には「延長されたフロントグリル」が一役買っているのに間違いなく、マツダは構造上のみならず、デザイン上によってもロングノーズを再現しているワケですね。

L1120138

ハッチバックはもともと「最大効率」を追求したボディ形状で、つまりは「最小のボディに最大のデザイン」を狙ったものとなりますが、そのためいずれのハッチバックもキャビンを最大化するためにキャビンを前方へと拡大したために「ショートノーズ」を持つことになり、たとえば日産マーチやトヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィットなどはその典型例。

そうなると、使い勝手に優れる一方で見た目が「世帯っぽく」なってしまい、しかしマツダはそれを嫌ってこういったデザインを採用したと考えられます(この傾向はCX-3以降顕著になっている)。

L1120165

実際、マツダは「競争の厳しいコンパクトカーセグメントにおいて、価格に頼らず販売を伸ばす」ということを考えているとも述べていて、プレミアム方向へと移行する戦略を採用中。

そしてマツダ3はその「新世代商品第一弾」ということになりますが、たしかにデザイン的には「プレミアム」。

実際、ポルシェ911でも「樹脂そのまま」になっているドアミラーのステー部分や、フロントウインドウ先端の三角パーツは、マツダ3では「ピアノブラック仕上げ」となっており、非常に高い質感を感じさせます。

IMG_4225_edited-1

そして驚くべきは「ウインドウとボディパネルとのギャップの少なさ」。
殆どのクルマにおいて、ここは大きな段差があるものの、マツダ3では限りなくフラッシュサーフェスに近づけており、これは正直「驚異的なレベル」。

IMG_4226_edited-1

そして明確なプレスラインを廃止したボディサイド、とくにCピラーからドアにかけては独特な表情を見せていて、ここはマツダが「光の移ろいによる印象の変化」を見て欲しいと(マツダ3発表時に)語っていたとおり、マツダ3におけるひとつのハイライトだと言えそう。

なお、これだけ「プレミアム」に寄せながらも、なぜマツダはCピラーに後部ドアハンドルを(C-HRのように)埋め込まなかったのか不思議に思っていましたが、もしCピラーにドアハンドルを埋め込んでしまうと、今回マツダ3で実現したような「フラッシュサーフェス」が実現できなかったのかもしれません。

IMG_4220_edited-1

マツダ3のインテリアはこうなっている

マツダは近年、外装だけではなくインテリアにも非常に力を入れていて、まずは「ドライビングポジション」。
これはちょっと前からマツダが注力しているものでもありますが、マツダ3のカタログの一番最初に掲げられていて、その「重視度合い」がわかろうというもの。

このドライビングポジションには「オフセットしていないペダルレイアウト(そのために前輪が前に出ている)」「操作しやすいレイアウトを持つ操作系」「クルマとの一体感が感じられるシート構造」といった要素が含まれますが、マツダ3ではドラポジに加え「内装の質感」も特筆モノ。

L1120164

ステアリングホイールに使用されるレザーの質、ダッシュボードやドア内張りの「見た目の柔らかさ(マツダは”硬い”素材を減らしたかったという)」、ウインカーやワイパーレバーを操作したときのタッチ、内装の随所にアクセントとして使用されるアルミ調パーツの質感は特に優れている、と感じる部分です。

L1120163

なお、マツダ3は上述のように「デザインのプライオリティが高いクルマ」。
よりスタイリッシュに見せるためにフロントグラスを寝かし、かつグラスエリアを小さく取っているので、「外から見るとカッコいい」ものの、実際に運転席に座るとかなり窮屈。
前席に限っていえば、ぼくがふだん乗っているポルシェ718ケイマンよりも圧迫感がある、と言う印象です。

L1120161

ただ、これもモノは考えようで、「囲まれ感があって安心できる」「スポーツカーらしいタイトさがある」と思えば特段苦になるものではなく、しかし購入を検討している人は一度体験しておく必要がある、とも思います(人によっては我慢できないかも)。

マツダ3で走ってみよう

車内に乗り込み、エンジンをスタートさせてシートやミラーを調整し、いざスタート。
エンジンスタートは「プッシュボタン」にて行いますが、始動時の振動やノイズはよく抑えられており、しかし「ガソリンエンジンが始動した」という心地よいサウンドとバイブレーションを一瞬だけ伝えてくれます。

アイドリング時のおける振動はほぼ皆無、そしてエンジン音や排気音もほど室内に入ってこず、マツダ3では室内の静粛性においてもかなりこだわったと発表されているとおり、その快適性は完全にクラスを超えたという印象。

L1120158

アクセルを踏み込んだときもそれは同じで、音や振動をしっかり抑え込んでいるために「クルマが無理をしているという(音が急に大きくなる割に進まない、といった)」感覚もなく、スムーズに加速するのはかなり好印象。

これはマツダが採用を進めている「G-ベクタリングコントロール」の影響も大きいと思われ、安定した姿勢がいっそうの「スムーズさ」を感じさせるようですね。

ブレーキについてもそのタッチは非常に好ましく、ブレーキペダルを踏んだ初期はやさしく効き始め、そこから踏み込むとしっかりと減速して行き、最後に停止するときも全くショックを伝えずにピタリと止まります。
このあたりは「レクサス的」というと言いすぎかもしれませんが、それに近いレベルのフィーリングを持つのは間違いない、と思います。

ハンドリングについても「マツダ」なのでそこは間違いはなく、小径ステアリングホイールと相まって「キビキビと曲がる」という印象。
ロック・トゥ・ロックはかなり小さいようで、タイトなカーブでもステアリングホイールをぐるぐる回さずともきれいに弧を描きます。

そしてやはりGベクタリングコントロールの効果なのかロール、ピッチがしっかり抑え込まれていて、ほぼフラットな姿勢を保っているのも好印象。

L1120133

ちなみに標準装備の「オーディオ」はなかなかの音質を持っており、マツダが(マツダ3において)独立させた「オーディオ」コンテンツを持つこともうなずけます。
マツダいわく「必要な音が自然に聞こえてくる上質な音響空間、
MAZDA HARMONIC ACOUSTICS(マツダ ハーモニック アコースティックス)を構築」したとのことですが、まずこのサウンドで(普通の人は)不満が出ないと思われ、それでも不満があれば、車体と同時設計された「BOSEサウンドシステム」もオプションで用意されています。

ちなみに、音量をけっこう上げた状態でいったんクルマを降り、ドアを閉めてみると、「音量を大きくしたのに、その音が車外に漏れてこない」ことがわかりますが(これはディーラーの人が”是非試してくれ”と言っていたのでやってみた)、これもちょっとした衝撃を受ける部分。

L1120140

通常の車だと「絶対に」音が車外に漏れるはずですが、そうならないということは防音や制振がしっかりしていて、かつ車体の剛性、パーツの取付剛性も非常に高いということですね。

そして、「中の音が外に漏れない」ということは、同時に「外の音が車内に入らない」ということにもなり、これは「ドアのストリップが二重になっている」等、マツダがコストを惜しまずにこだわった結果だと言えそう。

結局どうなのマツダ3?

ほぼ欠点らしい欠点がなく、デザイン、質感、装備、走りともに驚くべきレベルに達しているのがマツダ3で、しかし惜しむらくは「リアサスペンションが硬いこと」、「コーナリング中に段差を踏むと車体前半分が震えること」が少し気になる部分。※リアサスペンションはトーションビーム

特に前者は「常に後部座席に人を乗せる」という使い方をするのであれば、必ずその状態での試乗を行ったほうが良さそうです。

マツダ3について、多くのメディアが「VWゴルフを超えた」という表現を用いており、ぼくは試乗前に「そんなワケはない」と考えていたのですが(ぼくはゴルフ7を非常に高く評価していて、乗用車の完成形だとも考えている)、試乗後には「ゴルフに”近い”かもしれないな」と考え方を改めることに。

IMG_4219_edited-1

マツダ3がゴルフに劣るとすれば、それはダイレクトさやレスポンス、ボディ剛性の高さ、ドライバビリティ、内装の仕上げや装備といったところですが、逆にマツダ3がゴルフを超えていると思うのは「静粛性(足回りはゴルフのほうが柔らかく優れる)」「ブレーキのタッチ(これも効きはゴルフのほうが優れるが、マツダ3のほうが踏み始め、停車直前のフィールがマイルド)。

ただ、「フォルクスワーゲン・ゴルフを超えてはいないが、ルノー・メガーヌは超えているかもしれない」と思わせるのがマツダ3であり、その意味では国産車離れした性能や品質を持つクルマ、だと断言できます。

試乗車データ:マツダ3 / 2.0 20Sプロアクティブ・ツーリングセレクション

ボディサイズ:全長4,460ミリ、全幅1,795ミリ、全高1,440ミリ
エンジン:2リッター直4
出力:156PS
トランスミッション:6AT
駆動輪:前輪(FF)
サスペンション形式:F/マクファーソンストラット R/トーションビーム
価格:258.9万円

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >マツダ(MAZDA), ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.