■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWは1シリーズに”M2並”の400馬力を発生する「M140e」を発売する、とのウワサ。これまで燃費向上に活用していたエレクトリック技術をパフォーマンス向上に利用か

投稿日:2019/08/18 更新日:

| BMWはこれまでエレクトリック技術とパフォーマンス向上とは相容れないとしていた |

BMWは2023年までに25ものエレクトリックモデル(EVだけではなくハイブリッド含む)を発売すると公表していますが、今回「400馬力を発生する”M140e”が発売される」というウワサが登場。

なお、登場したばかりの新型1シリーズのトップレンジは「M135i xDrive」で、これは302馬力を発生する2リッター4気筒エンジンに4WDを組み合わせ、0−100キロ加速4.7秒を誇る俊足モデル。

今回のウワサが真実だとすると、これよりもさらに高いパフォーマンスを持ち、1シリーズながらもM2コンペティションの410馬力に迫る出力を持つ、ということになりますね。

BMWは「エレクトリックとパフォーマンス」とを切り分けている

ただ、これには簡単にうなずけない理由もあり、というのもBMWはエレクトリックモデルと走行性能との乗り入れを考えていないため。

i3やi8に「M」モデルが存在しないのも「BMWはの考えるエレクトリックモデルは環境性能追求のためで、パフォーマンス向上のためではない」からだとしており、Mモデルがエレクトリック化されないのもまた同様。

BMWはずいぶん早くからエレクトリック化に力を入れてきたブランドではありますが、それだけにエレクトリック化の限界や問題点についてほかメーカーよりも熟知していると考えられ、「現在の」エレクトリック技術では、パフォーマンスを上げるどころか下げてしまうと考えているようですね。

これはメルセデス・ベンツがパフォーマンス向上のために「EQパワー」を用いようとしてしているのと真逆ですが、メルセデス・ベンツも「AMG GT 4ドアクーペ」最強モデルとして”800馬力”を発生するプラグインハイブリッドモデルを投入すると言われたものの、未だ実現できないまま。
つまりは「エレクトリック技術をパフォーマンス向上に役立てたい」メルセデス・ベンツであっても実際にこれを達成できておらず、つまりは「現在の電動化技術でクルマは速くならない」のかも。

ただ、そんなことにはとうの昔に気づいているBMWは最近「Mモデルのエレクトリック化」に動く様子を見せており、これまでのBMWでは考えられなかった「Mモデル+エレクトリック」、ヴィジョンMネクスト・コンセプトを発表し、実際にこれを発売するとも言われます。

こういった変化を鑑みるに、今すぐは無理だとしても、近い「将来」には400馬力を発生するM140eが登場する可能性もあるかもしれない、とは思います。

VIA: Automobile

あわせて読みたい、BMW 1シリーズ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.