>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・セナにリコール。「ケーブルと金属パーツが接触しケーブル破損の可能性。最悪はエンジンストール」。”炎上”については今のところ触れられず

投稿日:2019/09/15 更新日:

| 現在、リコールはオーストラリア市場のみ |

マクラーレンが、オーストラリアにて「セナ」に対してリコールを届け出。
不具合の内容としてはエンジンのハーネスがメタルリンクパーツと接触してダメージを受けることがある、というもの。
もしダメージを受けた場合はエンジンの失火やストール、エキゾーストシステムの断裂やパワーダウンを誘発し、事故の可能性がある、としています。

もちろんこういった症状は「最悪」の場合だと思いますが、ケーブルの損傷でここまでの問題が出るのか、と思うと恐ろしくもあり、その重要性もわかります。

オーストラリアで登録されたセナは13台のみ

なお、オーストラリアでセナが納車されたのはわずか13台のみで、そのためセナのオーナーにコンタクトを取るのは非常に容易であり、これらの修理も問題なく行える模様。

現在のところ、このリコールが出されているのはオーストラリアのみですが、もちろんどこの国でも同様の問題が生じる可能性があり、追って他の国でもリコール届け出があるのかも。

ちなみに、以前オーストラリアの中古市場に登場した限定5台のフルカーボンボディを持つセナもリコール対象に含まれることになりそうです。

限定5台、フルカーボンボディ(4400万円のオプション)を身にまとうマクラーレン・セナが中古市場に。その仕様を見てみよう

マクラーレン・セナは火災の危険性も

ちなみにマクラーレン・セナは過去に二件の火災が報じられており、1件は有名ユーチューバー、サロモン氏が所有して「いた」個体。
納車後わずか数日で炎上、そして全焼してしまい、しかしマクラーレンとは補償の問題でモメているようですね。

納車からわずか数日。有名ユーチューバー、サロモン氏所有のマクラーレン・セナが発火し炎上

そしてもう一件は今回リコールが出されたオーストラリアでのイベント中に炎上したもの。
F1 GP開催前のエキシビションにおいてゲルハルト・ベルガーが運転中に発火してしまい、しかしすぐに車両を停止させ大事には至らず。

マクラーレン・セナ「2台目の炎上」が発生。最初に炎上したオーナーは「マクラーレンに合計3億円も払ったのに何も対応しない」という動画を公開

なお、マクラーレンは非常にリコールの少ない会社で、記憶しているのは過去に一回くらい。
540C / 570S / 570Sスパイダー / 570GT / 650S / 650Sスパイダー / 675LT / 675LTスパイダーに対し、エアバッグ関連のリコールが日本国内において届け出られています(これはタカタに起因する問題で、マクラーレンに責任はない)。
そして(P1など)セナ以外には燃えたという話も聞かず、それがセナの「炎上」をより際立たせているようにも思います。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.