■近況について ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

ヒルトングループ最高峰の高級ホテル、「ウォルドルフ・アストリア」上海に泊まってきた!イメージとは裏腹にアットホームないいホテルだったぞ

投稿日:2019/11/18 更新日:

| 正直、また泊まりたいと思う。そう思わせるホテルはそう多くない |

さて、上海にて宿泊したホテル、「ウォルドルフ・アストリア上海オン・ザ・バンド」※公式には”ウォルドーフ”という記載があるが、ウォルドルフのほうが一般的
もともとはニューヨークにて開業した最高級ホテルで、国王クラスが宿泊するホテルとしても知られます。
現在ホテルの経営権は中国の安邦保険集団に売却されているものの、それまでと変わらずヒルトングループに属し、ヒルトングループの中では最高峰という位置づけですね。

1998年公開、エディ・マーフィー主演の映画「星の王子 ニューヨークへ行く」にも登場し、当時「世の中にはこういった世界もあるのか・・・」と驚いたことを覚えていますが、要はぼくのような人間とは縁のない高級ホテルということになり、しかし今回ちょっとした事情があってウォルドルフ・アストリア上海に宿泊することとなったわけですね。※ウォルドルフ・アストリアは以前にランボルギーニと提携していて、宿泊客向けにランボルギーニを貸し出していたことがある

ウォルドルフ・アストリアはこんなホテル

ウォルドルフ・アストリア上海の正面はこんな感じ。
ここだけ見ると小さく見えますが、この奥に広大な敷地を持ち、さらにその奥にはもっと大きな「新館」が屹立しています。
ホテルがあるのは異国情緒あふれる建物が並ぶ「バンド地区」つまり外灘。
地下鉄(メトロ)の駅でいえば南京東路あたりが近いようですね。

L1160097

旧館のロビーはこんな感じ。
やたらとレトロな雰囲気があります。

L1150869

こちらは旧館にある「ロングバー」。
重厚なイメージ。

L1160044

ここから新館ですが、まずロビーはこう。
重厚さにモダンさが加わったというイメージ。

L1150977

階下のレストラン。
朝食はここでいただきます。

L1150475

とにかくウォルドルフ・アストリア上海は「シャンデリア大好き」なようで、館内のいたる所にシャンデリアが存在(部屋の中にもある)。

L1150800

3Fにある「ライブラリー」。
つまりは読書室で、宿泊客であれば無料で利用が可能。
午前中であればスコーンやクロワッサン、午後からはフルーツやクッキーが置いてあり、珈琲や紅茶、ソフトドリンクとともに自由に召し上がることが可能。
なお、ソフトドリンクは缶にて供給される(セルフサービス)ので、ぼくはなにかとここでコーラを頂戴することに。

L1150809

こちらはそのコーヒーとクッキー。
これらをいただきながら高級ファッション誌を読んでいると、なんとなくエレガントなひとときを過ごしているような気になります。

L1160100

プール、そしてプールに併設されたジャクジーにスポーツクラブ(ランニングマシン等がある)も。
サウナはありますが、いわゆる「大浴場」的な浴槽がないのがちょっと残念です。

L1160124

ウォルドルフ・アストリア上海の客室はこんな感じ

そしてこちらが宿泊した部屋(17F、リバービュー)から見た眺め。
上海名物、「テレビ塔」が見えますね。

L1160106

部屋から見た夜景はこう。

L1150983

部屋自体はこんな感じ。
けっこう広いですね。

L1150980

洗面台はこんな感じ(ゴージャス)。

L1160024

部屋にはシューキーパーも!

L1160004

部屋の照明やカーテンはベッドサイドにあるタブレットで全て操作可能(便利)。

L1160016

部屋の中にもシャンデリアがあり(シャンデリアが部屋の中にあるホテルにははじめて泊まった)、大理石がふんだんに使用されるなど「豪華な雰囲気」が満点です。

ほかに特筆すべき点としては、コーヒーメーカーにはネスプレッソが常備されていること、毎日フルーツが補充されるということ、トイレは温水洗浄機つき(中国には珍しい)、スリッパが柔らかく肉厚で気持ちいい、バスローブの内側にはマイクロファイバーを使用しており着心地と吸水性が良い、独自の映画チャンネルを持っていて最新作を観ることができる、などなど。

L1150846

なお、ウォルドルフ・アストリア上海には8月に(ポルシェセンター上海を訪問しようと計画していた際に)宿泊する予定だったのですが、その際は台風によって飛行機が飛ばず、上海を訪問することが叶わぬ状態に。

よって当日になってホテルをキャンセル(ドタキャン)することになってしまい、規約によると「当日分は100%宿泊料を徴収される」とされていて、まあ仕方あるまいと思ってキャンセルの電話を入れたところ、事情を理解してくれて「キャンセル料ゼロ」で予約を取り消してくれたわけですね(しかも電話口で”いつでも待ってるよ!”と言ってくれた)。

そういった「予想を超える」対応もあり、次にまた上海を訪問することがあればウォルドルフ・アストリア上海に泊まろうと考えていたのが今回このホテルを選んだ経緯です。

L1150965

そして実際に宿泊してみると、キャンセル対応時同様、非常に「親切な」ホテルで、すぐにぼくの顔を覚えてくれてなにかと声をかけてくれたり、しばらく滞在したために郵便物を贈るようなこともあったのですが、そういった際にも親切に対応してくれたりと「高級ホテル」というイメージとは裏腹にやたらアットホームな印象を受けています。

そんなこともあり、次回にまた上海を訪れることがあればまた選びたい、と思わせるホテルでもありますね。
他の画像はFacebookのアルバム「ウォルドーフ・アストリア上海(197枚)」に保存中。

こちらはウォルドーフ・アストリア上海の施設を収めた動画。

こちらはウォルドーフ・アストリア上海の客室。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■近況について, ■外国ネタ・旅行など, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.