■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

腕時計は「グリーン」がトレンドのようだ!ロレックスだけではなくパテックフィリップ、パネライ、オーデマピゲ、ウブロも続々「グリーン」を投入

投稿日:2019/12/24 更新日:

| 「グリーン」は欧州だと人気の高い色だが |

さて、「どうやら腕時計のトレンドはグリーンになりそうだ」という動画をウォッチファインダーが公開。
動画ではロレックス・サブマリーナ116610LV、パネライ・ルミノール・サブマーシブルPAM00507、パテックフィリップ・アクアノート5168G-100を紹介していますが、そのほかにも「グリーン」を身にまとう腕時計を紹介したいと思います。

まずはやっぱり「グリーンサブ/ハルク」ことロレックス・サブマリーナ116610LV
これは2003年に登場した16610LV(Cal.3135)がそのはじまりです。
サブマリーナ登場50周年を記念したモデルで、ロレックスのイメージカラーである「グリーン」をベゼルに使用したことが特徴ですね。
2010年まで製造された後に現行モデルの116610LVへとモデルチェンジしていますが、生産数が少ない(と言われる)ことから非常に高い人気を誇り、おそらくは「グリーンを採用した高級腕時計第一号」ではないかと考えています。

ちなみに「グリーン」は欧州だと非常に人気が高いカラーの一つですが、日本ではその人気は(一般に)高くなく、商業史上「グリーンをメインに押し出してヒットした製品は存在しない」と言われているほど。

パテックフィリップのグリーンは「冒険心」を象徴

そして次はパテックフィリップ・アクアノート5168G-010
このカラーは「カーキグリーン」と命名されていて、パテックフィリップいわく「冒険心や、遠くに見える地平線」をイメージしたもの。
ケース素材は「ホワイトゴールド」、ケースサイスは42.2ミリです。

なお、同じホワイトゴールドモデルには「ブルー」バージョン、ローズゴールドモデルには「ブラウン」版も存在します。

20190320094145

パネライは「グリーン推し」

パネライも「GO GREEN」。
サブマーシブル・マリーナ・ミリターレ スペシャルエディション”カーボテック”47MMがその代表格で、これはイタリア海軍特殊部隊「コムスビン」にインスパイアされら「33本限定」モデル。※パネライブティックのみでの販売
価格は4,972,000円と高価ですが、この腕時計を購入すれば、イタリアの海軍エリート部隊と一緒にトレーニングを行う機会をもらえる、という特典付き(パネライは腕時計メゾンにしては珍しくイタリアに拠点を起き、ながらくイタリア海軍向けの腕時計や精密機械を製作してきた)。
ケースサイズは47ミリと巨大で、素材はカーボン製です。

ちなみに最近のパネライはこういった「特典」にこだわっていて、探検家のマイク・ホーンの名を冠したサブマーシブル(PAM00985)を購入すれば北極体験を共にできたり、ダイバーのギヨーム・ネリーモデル(PAM00983)を買うとポリネシアはモーレア島で一緒にダイビングができる、というモデルも。

p

もう一本、パネライから「サブマーシブルPAM01055」。
こちらはサブマーシブル ベルデ ミリターレ”オンライン限定エディション”で、500本のみが販売されます。
素材はステンレススティール、ケース径は42ミリ、価格は1,036,800円。
ほか、パネライは「ブルー」をテーマにしたモデルも発売しているものの、ここまで「グリーン」を押し出したコレクションは珍しく、グリーンを特別扱いしているといった印象も。
実際のところ、これら「グリーン」モデルが購入できるのはオンラインもしくは店頭両方とも「パネライブティックのみ」。

p2

ウブロは限定モデルとしてグリーンを発売

そしてウブロは2019年ニューモデルとして「ビッグバン ウニコ WBC グリーンセラミック リミテッド」を発売。
WBCとは世界ボクシング評議会ですが、かなり珍しいコラボレーションと言えそうです。
なお、限定本数は世界100本ですが、一瞬のうちになくなってしまい、一般の目に触れることすら無かったモデルでもありますね。

ケースはグリーンセラミック(3,000,000円)、そしてボルトや竜頭、プッシュボタンはゴールド、ケース径は45ミリ。
セラミックではなくゴールドケースを採用するモデルもあり(4,120,000円)、こちらはさらに少ない50本限定というレアさを誇ります。

hublot-big-bang-wbc-watches-news

ウブロは昔からの「チタン」「ブラック」「ゴールド」「ホワイト」に加え、セラミックケースを採用し始めたあたりから「ブルー」「レッド」ケースを投入していますが、「グリーン」は限定モデルのみという”特別扱い”。

オーデマピゲも「グリーン」推し

そしてオーデマピゲも「グリーン」に参入。
ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ(REF. #26400SO.OO.A055CA.01)はステンレスケースにカーキセラミックのベゼル/プッシュボタン/リューズを採用(ダイヤルもカーキ)。
ちなみにベルト(ストラップ)はカモフラージュ柄なので、オーデマ・ピゲの場合、「グリーン=ミリタリー」ということなのでしょうね。

oo

オーデマピゲがこういった「色モノ」を発売するのは非常に珍しく、これまではステンレス/チタン、ゴールド、カーボン、ブラックセラミックがメイン。
ただし数年前から「ホワイト」「オレンジ」「ブルー」「パープル」といったカラフルなモデルも登場しています。
ちなみに以前には「サファリ」なる、ブラウンをモチーフにしたモデルも発売していたので、どこかには「冒険」といったテーマが存在するのかもしれません。

VIA: Watchfinder & Co.

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.