■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW「我々のM部門はAMGなどライバルを抑え、50年の歴史ではじめてセグメントでトップに立った」。2019年は13.6万台を販売、2020年はM3とM4を発売

投稿日:

| BMWはやはりメルセデス・ベンツをどうしても抜きたかったようだ |

BMWのハイパフォーマンスカー部門「M」が、2019年にはメルセデスAMGを抑えて135,829台を販売し、前年比で32.2%成長した、と発表。
加えて「BMW”M”はハイパフォーマンスカーセグメントでは、もっとも世界で成功したブランドである」ともコメントしています。
ただ、何をもって「ハイパフォーマンスカーセグメント」とするかはメーカーによって捉え方が異なり、たとえば”ハイパフォーマンスカーメーカー”のポルシェは、2019年にBMW Mの倍以上となる280,800台を販売済みなので、BMW Mよりもずっと多くのクルマを販売しています。
ただし、「言ったもの勝ち」なのがこの世界でもありますね。

なお、BMWは全世界的に”メルセデス・ベンツを抜け”という至上命令を出しているとされますが、ハイパフォーマンスカー部門「M」においても打倒AMGを掲げていたであろうことがわかります。

BMWジャパン衝撃の事実。ディーラーへの過剰なノルマ、販売の4割は自社登録、そして正規販売店契約の一方的な解除が明るみに

BMWは「Mを設定するモデルとそうでないモデル」との間に一線を引いている

それはさておき、BMW M部門のボス、マーカス・フラッシュ氏は「BMW M部門の50年における歴史で、ハイパフォーマンスカー部門でトップを獲得したのははじめて」。

そしてM部門にとってもっとも大きな市場は米国であったことも明かし、その販売台数は444,442台(およそ1/3)。
その次はドイツの26,110台、3位は英国の17,688台。

BMW”M”の市販モデルは1978年のM1に端を発することになりますが、その後1980年代なかばからM3、M5、M6へとラインアップを拡大。
現在ではM2、M3、M4、M5、M8、X3 M、X4 M、X5 M、X6 Mというラインアップを持ちますが、「1」や「7」にMモデルは存在せず。
その理由としては、「1シリーズのMモデルは高すぎて誰も買わない」「7シリーズのMモデルはその正確にマッチしない」ということで、Z4にMモデルが存在しないのは「そもそも需要がないから」。※発表されたプレスリリースを見ると、「M340i」「M550d」「M850i」など”M+数字3ケタ”モデルもMモデルにカウントされている

BMWはMモデルを拡大し、同じシリーズの中でも「コンペティション」「CS」といった具合にバリエーションを拡大していますが、現行ラインナップを見る限りでは、メルセデスAMGのように、「すべてのモデルに設定する」というわけではないようです(メルセデスAMGでも、CLSにはAMGが設定されないなど、例外はある)。

2020年は「M」にとっても飛躍の年

そしてBMWは「2020年には新世代のX5 MやX6 M、M8グランクーペ、M2CSのデリバリーが本格化すること」「新型M3、M4の発売があること」からさらなる成長が見込めるとコメント。

新型M3については3つのグレードで展開すると言われますが、MT+FRのシンプルなモデル、AT+4WDのテクノロジー満載モデルが用意されるとも言われ、これまで以上に幅広いユーザーを獲得することになりそうですね。

BMWが新型M3について公式に語る。「出力は480PS、”コンペティション”で510PS。4WDも用意している」。AMG C63に対抗か

VIA:BMW

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.