>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■外国ネタ・旅行など

ランボルギーニ本社へ行く。併設ミュージアムの様子を画像と動画で紹介

投稿日:2017/02/10 更新日:

イタリアはボローニャにある、ランボルギーニ・ミュージアム(本社/工場と併設)を訪問。
工場訪問は(日本の)ランボルギーニのホームページから予約でき、予め休館日が掲示されています。
入場料は大人一人15ユーロですが、工場を訪問すると無料でこのミュージアムも見学することが可能。
営業時間は9:30~18:00、ランボルギーニ・ブティックも併設されており、様々なランボルギーニ関連製品やグッズも購入できます。

ロケーションとしてはボローニャ市内から25キロ、フェラーリ本社のあるモデナからは17キロ。
フェラーリとかなり近いということで、フェラーリ博物館(ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ)、エンツォ・フェラーリ博物館(ムゼオ・エンツォ・フェラーリ)とあわせて訪れる人が多いようですね。
※マセラティ、ドゥカティ、パガーニも近く、できれば訪問したかったのですが時間が取れず

ここへ訪れるにはボローニャ市内からタクシー(料金的な感覚は日本と同じか、ちょっと安いくらい。もちろん為替にもよりますが)、もしくはバス、個人ツアーなど。
個人ツアーは日本からもツアー会社(日本や現地のもの)を通して手配できますし、現地在住の日本人の方が開催しているツアーもあります。

ランボルギーニ本社周辺地図はこんな感じ。
工場+ミュージアム、そしてランボルギーニ・ストアは同じ敷地内にあり、ちょっと離れたところにミュージアム専用駐車場(なお住所は”モデナ”)。

ぼくは宿泊したホテルに依頼して車とドライバーを一台手配してもらい、ランボルギーニの工場と博物館、ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ、ムゼオ・エンツォ・フェラーリをまとめて回る計画。
料金は250ユーロと安くはありませんが、今回はボローニャの滞在にさほど余裕がなく、自分で車を運転すると(ホテルはレンタカーも手配してくれる)色々と迷ったり、車の乗り入れが制限されているところに入り込んでしまったり(罰金が科される)という危険性、時間的ロスを考えると、「お金を払っても専門の人を手配しよう」ということに。
かつ、ボローニャははじめてなので、色々と現地の情報をドライバーさんから聞いてみよう、という意図もあります。

↓ランボルギーニ本社外観はこんな感じ。
世界各国の言語で歓迎を表す言葉が書かれており、日本語で「こんにちは」ともエントランスの表示されています。
灰皿かゴミ箱のようなものがありますが、この蓋部分の持ち手が「シフトノブ」になっているのは面白いですね。

こちらはエントランスを入ったところの受付。
予約している場合は受付で名前を伝え、お金を払って入館します。

エントランス付近にはランボルギーニ関連の展示物があり、コンセプトカーなどの彫刻、現行モデルのボディカラー、エンブレムやサインボード、モニタへの画像表示なども。

こちらが館内(1Fと2Fという構成です)。
ぼくが訪問した際はセスト・エレメント、ストーケ、カーラ、コンセプトS、ミウラ、ウラッコ、ウルス、LM002、カウンタック、エスパーダ、アヴェンタドール、レヴェントン、ヴェネーノ、ムルシエラゴ、ウラカン、他F1マシンやレースカーの展示内容でした(残念ながらエゴイスタは無し)。

その他、ランボルギーニ各車のエンジンや壁にはこれまでの系譜も。
それぞれのモデルについては画像に収めているので、順次それらを公開したいと思います。

1Fの動画はこんな感じ。

2Fはこんな感じになっています。

なおランボルギーニ・ミュージムはストリートビューにも対応しています。

ランボルギーニ・ミュージアム/工場訪問 関連コンテンツ

ちょっとランボルギーニ本社に行ってくる。2017年2月にフェラーリとあわせて訪問予定
ちょっとマラネロ行ってくる。フェラーリ博物館、エンツォ博物館の行き方など
ランボルギーニ/フェラーリ工場訪問当日のスケジュール確定。これから航空券の手配開始
ちょっとフェラーリにも行ってくる。ランボルギーニとあわせてミュージアム訪問予定
気がつけば近づいてきたランボルギーニ本社訪問。工場、博物館について
イタリア・ボローニャに到着。空港内にはランボルギーニの展示も
ランボルギーニ本社工場を訪問。プロトタイプが走っていたりオープンな件
ランボルギーニ本社へ行く。併設ミュージアムの様子を画像と動画で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラ、カウンタック他クラシックモデルを画像にて
ランボルギーニ・ミュージアムにて。「全部カーボン」セスト・エレメントの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラとミウラ・コンセプトの新旧対決
ランボルギーニ・ミュージアムにて、アヴェンタドールのベアシャーシ画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、超レアなヴェネーノの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて。もうじき市販のウルスを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて。悲運のエストーケを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムより、「レヴェントン」を紹介。戦闘機と同じ塗料を使用
ランボルギーニ・ミュージアムにて。ディアブロ、ムルシエラゴを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。レアモデルのコンセプトS、カーラを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。F1マシン、レースカーの展示を紹介
ボローニャからドバイへ。空港内のランボルギーニ、免税店のミニカー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■近況について, ■外国ネタ・旅行など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.