>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後発 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿BMW M2/M4/M5/M6 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore

>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える こちらもオススメ、関連投稿FCAが公式にヴァイパー後継を否定。「そんなものは無い。そのカネも無い」またまたレアカーが競売に。車とは思えない形をしたコンセプトカーなど5台が登場【動画】コルベットをベースにした「ジェノベーションGXE」市販モデル公開。EVなのにMTも用意、すでにギネス最速記録も保有新型コルベットにはまだまだ秘密がある?今度はミドシップ化に伴い「放熱エンジンフード」をパテント登録新型コルベット怪情報。「名 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

【競売】スープラ、RX-7、NSXなど90年代のドリームカー、そしてバブルの象徴「AMGワイドボディ」も!個人コレクション140台が出品予定

| 世界中の希少なコレクターズカーが一気に140台も競売へ | 1980-1990年代のクルマを中心とした「ネオクラシックカー」140台のコレクションが一斉にオークションへと登場予定。 これはRMサザビーズが2019年に何回かに分けてオークションを開催すると発表したもので、そのタイトルも「ヤングタイマー・ドリームガレージ(youngtimer dream garage)」。 内容としてはメルセデス・ベンツ34台、BMWが27台、ロールスロイスが12台、ベントレーが11台、ポルシェが8台、ジャガーが8台、フ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新しく570Sの限定モデルを発表。輝かしいモータースポーツの歴史を反映し、6台のみが製造

マクラーレン創業者の誕生からレース黎明期、1995年のル・マン制覇まで マクラーレンが570Sと570Sスパイダーをカスタムした新限定モデル「レーシング・スルー・ジ・エイジス(Racing Through the Ages)を発表。これはマクラーレン・ビバリーヒルズがマクラーレンのカスタム部門「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)にオーダーして特別仕様へと仕立てあげたもの。 ボディカラーは3色で、「ムリワイ」「パパイヤスパーク」「サルトグレー」の三色で、いずれもマクラーレンのレーシングヒス ...

ReadMore



■服や小物、時計、雑貨など

オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノ(26400SO)レビュー。強烈な存在感を放つ腕時計

更新日:

さて、紆余曲折あってやっと戻って来た(というか別の個体に交換となった)オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフ(26400SO)のレビュー。
しばらく使用した感想をここで述べてみます。








ぼくが他に使用している42ミリのロイヤルオーク・オフショアクロノグラフ(Ref.26020)↓に比べると「わずか2ミリ」大きなケースとはいえど、相当に大きい、と言えます。
そのため存在感は抜群。

ただ、42ミリ版ロイヤルオーク・オフショアクロのと最も大きく異なるのはそのサイズのみではなく、各部のエッジの処理。
44ミリではそのエッジがより「鋭く」、指先で触っても明らかにカドの立ち方が鋭くなっていいます。
要は「カクカクしている」ということですが、44ミリモデルはダイアルを除くと「丸い」デザインを持つパーツがなく(42ミリモデルはプッシュボタンが丸)、これによって全体的にシャープなイメージとなっており、実際の見た目はサイズやパーツ(プッシュボタンやガード形状)の変更以上に違う、と言って良いでしょう。

ロイヤルオークシリーズはもともとジェラルド・ジェンタのデザインで、彼はこの腕時計のデザイン時に「どこを磨いて、どこをブラシ仕上げに」して時計を立体的に見せるか細かく指示したと言いますが、その初代設計時の思想がこのモデルにも息づいている、と考えて良さそうですね。

プッシュボタンも上面、側面で「ブラシ仕上げ/鏡面仕上げ」が使い分けられており、やはり立体的に見えるように考えられ、それなベゼルも同様。
そしてブラシ仕上げの「溝」が深いのもロイヤルオークの特徴で、この溝が素材に陰影を作っており、これがロイヤルオークの表情を独特のものにしている、と言えるでしょう。

この「溝」はステンレス部においては陰影を作ることで時計自体を「暗く」見せており、これによって重厚感が出ている、とぼくは考えています。
逆にセラミック部(黒い部分)においてはこの溝が光を反射することで、黒いセラミックにも「きらめき」を感じることに。
ガラスやベゼルの面が「平面」ということもあり、この広い面が「反射」することで存在感をアピールしているとも考えられますね(ガラスが丸かったり、ロレックス・デイトナのようにガラスとベゼルの面における角度が異なると反射する”面積”が小さくなる)。

文字盤はおなじみ「メガ・タペストリー(大柄の立体的なチェック模様)」。
シンプルな文字盤ですが、このメガ・タペストリーがシンプルな文字盤に陰影を作り、ケースやベゼルの「溝」同様、腕時計に表情を与えていますね。

インデックスの加工精度も高く、意外と見落としがちな部分で貼りますが、ここはそのブランドの力量が現れる部分。
針もそうですが、インデックスや針の「面」がきっちり出ていないと、やはりそのブランドの製品は「ちょっと信用できない」、と考えたりします。

ケースとベルト部は独特の接続方法を持ちますが、これはロイヤルオーク独特のデザインでもあり、そのために「文字盤やベゼルが見えなくても」ロイヤルオークだと認識できる部分でもありますね(文字盤を見ずにそのブランドを判別できる腕時計は数少ない)。
また、ケースとベルト、その間の四角い二つのパーツ(ピンバックル)との「チリの小ささ、ツライチ度合い」も絶妙で、加工精度の高さを視覚で感じられる部分(実際に指先で触っても段差がほとんど感じられないほどの滑らかさ)。

プッシュボタンのガードはヘキサボルト、ベルトとケースはマイナスネジで取り付けられていますが、これらネジの精度も高く、何から何までよくできている、と感じます。

なおベルトは「ラバー」ではあるものの、シリコンのように柔らかい素材ではなく比較的硬め。
かつ、ケース形状に沿うように外側に向かって伸びており、「内側に」、つまり腕に沿うように曲げるのは困難です。
しかもベルトの穴も欧米人の腕の太さにあわせて設定されているようで、日本人で痩せている人だとまずベルトの穴を最小で使用したとしても「ゴソゴソ」になるのは間違いありません(一説によるとベルトサイズは何種類かある模様)。
ぼくは「ゴソゴソ」でも気にしないタイプですが、腕に時計をしっかりフィットさせたい人は試着が必須と思われます。

こちらはバックルですが、複数パーツが組み合わされるもやはりその段差は極小で、とにかく高い精度で加工されていることがわかる部分。
面を均一に加工したり、エッジを「直角に」加工するのは実際には相当に高い技術を要するのですが、ロイヤルオークは細部に至るまで一分の隙もない高いレベルで製造されていることがわかりますね。

なおバックルには「AP」の文字がエンボス可能されますが、この凹んでいる部分は梨地の「フロスト加工」。
これもまた加工に困難を極める技術だと思われ、非常に贅沢な作りを持っている、と思わせます。

全般的に見ると、シャープなエッジを持ち、腕時計には珍しい「直線」「面」で魅せるデザイン。
かつパーツ一つ一つの「面」を大きく取り、複数パーツの面を連続させてさらに面積を拡大し、加えて面ごとに加工を変えることで立体感を強調するという手法を採用しており、腕時計においてはかなり独特の考え方をもっていると言えそう。
腕時計に必要な部品を見直し、旧来の「常識」を超えた範囲で再構成しなおしたのがロイヤルオーク・オフショア・クロノグラフ、とぼくは認識しています。

腕時計によってはブライトリング(ナビタイマー)のように精緻なデザインをもってディティールで魅せるデザインもありますが、ロイヤルオーク・オフショアは極端にシンプルなデザインであり、細かい部分ではなく、パーツ単位など「ダイナミックな」デザインを持つ腕時計。

対極にあるのは上記ナビタイマーやセイコー・アストロンと言った感じで、やはり近いのは同じジェラルド・ジェンタがデザインしたパテックフィリップ・ノーチラス。
面に変化を持たせ、パーツごとが向いている「角度」がそれぞれ異なるという意味ではロレックス・ヨットマスターもロイヤルオークとは異なる方向性を持ったデザインではありますね。

今までにも様々な腕時計を使用してきましたが、その中でも非常に満足度の高い腕時計だと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.