ad-728

■近況について

ダイナースよりブラックカードの招待状が届く。ここでその内容を紹介してみる

2017/05/20

Pocket
LINEで送る

ダイナースから「ブラックカード(ダイナースではプレミアムカード)」の招待状が。
なにやら真っ黒で豪勢な封書が届き、中身を見ると「プレミアムカード」の招待とその特典などが記載されています。
ぼくが加入しているのは「BMWダイナースカード(BMW購入時に加入した)」なのでブラックカードも「BMWプレミアムダイナースカード」となっています。

なお、このブラックカードの招待については一定期間BMW”ダイナースカードを保有しているために送付されていると思われ、ぼくの地位や所得に無関係に招待されているものと思われます。

まずはパールっぽい上質な紙に「特別なあなた様に」プレミアムダイナースカードをおすすめしたく、と印刷された案内。

こちらは特典が記載された見開きの冊子。
キャッシュバック、リッツ・カールトンホテル、フォーシーズンズ、ニューオータニでのサービス、空港パーキングでのサービスなどが記載されています。

こちらはインビテーション。
「利用限度額に一律の制限はない(現在のカードでも限度額はありませんが)」との記載がありますね。
他、プレミアム専用デスク、プレミアム旅行デスク、契印限定イベント、銀座ラウンジ、空港ラウンジ、プライオリティパス、空港送迎タクシー、手荷物宅配サービス、料亭プラン、プレミアム・エグゼクティブ・ダイニング、名門ゴルフ場優待予約、プライベートレッスン割引、その他諸々が記載。

こちらは入会キット。

年会費は13万円。

なおぼくは現在メインでダイナースカード(BMW版)を使用していますが、このカードは通常のダイナースカードよりもポイント還元率が高かったり(なんでもかんでもカードを切って買い物をすれば」けっこうポイントが貯まる)、何かと得点が多いのも特徴。
このカードを使用する前は「楽天カードゴールドカード」を使用しており、その前は「エネオスカード」。
エネオスカードは発行元が変わって魅力がなくなり、その後に楽天カードに乗り換えたわけですが、i3を購入した際に現在のダイナースへとチェンジ。

というのもこのカードで「BMW(車)を買える」ので、購入前に作っておいてi3の支払いをこれで行えば相当数のポイントが戻ってくるため(なお限度額は”ない”)。

ただダイナースは国内外ともあまり使えることがなく、よって現在は(普通の)楽天カードと併用しており、この二枚で生活している、ということになります。
ダイナースBMWカードについてはそれなりに満足していますが、見た目が「BMW」なのですぐにBMWに乗っているということがバレてしまうのが困るところ。
かつ、「BMW大好きっ子」みたいに思われるのもノーサンキューなところであります(今まで3台もBMWがを購入した割に、ぼくはあまりBMWが好きではない)。

ちなみにぼくはクレジットカードにこだわりはなく、「イオンや楽天のように」モロに流通系のものは敬遠したいとは思いますが、ゴールド、プラチナ、ブラックなどのグレード、もしくはカード会社(アメックスやダイナース、VISAなど)については無頓着。
自分の生活環境に合っていれば、そしてポイントが沢山つけばそれでいい、と考えています。

なおこちらはマスターカードですが「ブラックカードはこうやって届く」という動画。
さすが年会費の高いカードだけあり、ボックスも高級ですね。



-■近況について
-, , , , ,