>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

凄いの出た!未登録、「新車」のホンダS2000が競売に。しかも後期型AP2の最終モデル、開始価格は1000万円以上

| おそらく、これ以上のコンディションを持つS2000は二度と出てこない | 米ebayに走行わずか153km、つまり「ほぼ新車」のホンダS2000が登場。さらに驚くのは「このクルマは一度も登録されたことはなく」、書類の上でも新車であること。さらにモデルイヤーは2009で、後期型S2000(AP2)の最後の最後ということになりますね。開始価格は98,888ドル、つまり1000万円オーバーという値付けになりますが、コレクターにとっては何としても手に入れておきたい一台かもしれません。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

北米より新型スープラ向けのエアロパーツが登場!オーバーフェンダーなしでもこの迫力

| 実車はSEMAに展示し、パーツも間もなく発売予定 | 現在北米ではスープラのカスタム/チューンが加熱しており、ラスベガスにて開催されるチューニングカーの祭典「SEMA」では様々な改造がなされたスープラが展示される見込み。そしてその中のひとつになるであろう、エヴァーシブモータースポーツ(Evasive Motorsport)が自身のFacebook上にて、「フルエアロスープラ」を展示すると発表。そして嬉しいことに、これは「ワンオフ」ではなく、実際にキットとして発売される、と述べています。

ReadMore

AMR

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがヴァンテージに60台のみの限定モデル「ヘリテージ・レーシング」発表。当時と同じカラーを身にまとい専用エアロパーツを装着

| 最も古いモチーフは1923年の”レーザーブレード” | アストンマーティンがヴァンテージに「ヘリテージ・レーシング・エディション」を追加すると発表。2019年という年、そしてグッドウッドはアストン ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

まさかの「MT搭載」!95kg軽量化、アストンマーティン・ヴァンテージAMRが200台限定にて登場

| ヴァンテージAMRののちに標準ヴァンテージにもMT設定 | アストンマーティンが「ヴァンテージ」にそのハードコアバージョン、”ヴァンテージAMR”を追加。AMRとは「アストンマーティンレーシング」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

珍しくアストンマーティンのカスタム登場。ヴァンテージのホイール交換にローダウン、出力は510馬力から700馬力へ

| アストンマーティンは売れている割に「カスタムする人が少ない | ドイツのチューナー、Wheels And More(ホイールズアンドモア、通称WAM)がアストンマーティン・ヴァンテージのカスタムを ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティンがヴァルキリー向けに「8%速くなる」トラックパック、純金オプションなどを公開。徐々にその全容が明らかに

やはり富豪向けに貴金属オプションは欠かせない アストンマーティンがヴァルキリーの「バーチャル」カーコンフィギュレーターを公開。これはVRゴーグルを着用することで自身の眼の前に登場するヴァルキリーを自在 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■近況について ■ニュース

アストンマーティン大阪へ行ってきた!ショールームにあるレアな車たちを見てみよう(1)

| アストンマーティン大阪にはレアものアストンが勢揃い | さて、新型ヴァンテージの試乗のためにアストンマーティン大阪さんへ。 目当てはもちろんヴァンテージだったのですが、ショールームには「DB11 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

アストンマーティンが現実的になった「ヴァルキリー」最新フォトを公開!まさかのグラデーション塗装

| なぜにAMRライムではなく”ブルー”? | アストンマーティンが突如としてヴァルキリーの画像を公開。 ヴァルキリーはレッドブルとの共同開発によって製造されるハイパーカーですが、現時点では「開発中」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが「未完成の」ヴァンテージGT3をレースに投入。実戦にてその開発を進める意向

| 未完成ながらもアストンマーティンはヴァンテージGT3をレースに投入 |   アストンマーティンが新型ヴァンテージのレーシングカー、「ヴァンテージGT3」を10月6日のVLNエンデュランス ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン「ヴァルキリーはV6エンジンの予定だった」「スパルタンすぎて改良の余地はない」

| ヴァルキリーはもともと「究極」だ | アストンマーティンはハイパーカー「ヴァルキリー」を発売予定ですが、その「AMR版」も発売されることは既報の通り。 AMRとは「アストンマーティン・レーシング」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンはDBSスーパーレッジェーラにも「AMR」設定。750馬力を発生?

| DBSスーパーレッジェーラ版DBSは750馬力? | アストンマーティンはそのフラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」を発表したばかりですが、今回早くもそのハイパフォーマンス版を「AMR」ブラ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >その他ポルシェ関連/ニュース

アストンマーティン・ヴァルキリーAMR PROはポルシェの打ち立てたニュルの記録に挑戦する?

| アストンマーティン・ヴァルキリーはポルシェ919ハイブリッドEVOの記録に挑戦? | アストンマーティン・ヴァルキリーの開発パートナー、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表によると「アストンマー ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

アストンマーティン・ラピードAMR登場。巨大なカーボン製センターコンソールを見よ

| DB11 AMRとはけっこう仕様が違う | アストンマーティンはつい先日「DB11 AMR」を公開しましたが、今回は「ラピードAMR」を発表。 「AMR」はアストンマーチン・レーシングの略で、メル ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがニュルに「AMRパフォーマンスセンター」開設。クルマを借りてニュルを走ることも可能

| アストンマーティンはレース志向の顧客も取り込み | アストンマーティンがニュルブルクリンクに「AMRパフォーマンスセンター」をオープン。 実際のところアストンマーティンは20年前からニュルにテスト ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンがレーシングカー強化。ヴァンテージGT3/GT4投入、そして”DB11 AMR”も

| アストンマーティンはヴァンテージをレースへと本格投入 | アストンマーティンがヴァンテージGT3とGT4レースカーのティーザーを開始。 これはカスタマーチーム向けに販売されるもので、2019年シー ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがDB11のトップレンジ「AMR」設定。+30馬力、最高速は335km/h

| DB11にも「AMR」設定 | 先日「うっかり」その存在を公式サイトにアップしてしまった「アストンマーティンDB11 AMR」が正式に発表。 AMR=アストンマーティン・レーシングはモータースポー ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン・ラピードAMRがテスト中。ラピードEといい、なぜアストンはラピードを推すのか?

| アストンマーティンAMRはポルシェでいう「GT」部門 | アストンマーティン・ラピードAMRのプロトタイプが走行中。 ラピードもAMRも耳にするのは久しぶりですが、ラピードはアストンマーティンの4 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

訓練を受けないと失神する速さ。アストンマーティンが人の能力を超えた「ヴァルキリーAMR Pro」発表

| 公道バージョンよりもさらに軽量、パワーウエイトレシオは1以下 | アストンマーティンが「F1よりも速い」と主張しているハイパーカー、ヴァルキリーのサーキット専用バージョン、ヴァルキリーAMR Pr ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン「ラピードEはテスラから顧客を奪おうとは考えていない。なぜならその”上”を狙っているからだ」

155台限定、2019年に登場予定 アストンマーティンはその4ドアサルーン「ラピード」のエレクトリックモデルを発売予定ですが、これについて「テスラの対抗とは考えていない」とのこと。テスラが「モデルS」 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがヴァルキリーAMR Proを公開。「簡単には運転できないぞ。フィジカル強化が必要だ」

それは訓練を受けないと失神するレベルの速さ アストンマーティンがそのハイパーカー「ヴァルキリー」にサーキット専用モデル「ヴァルキリーAMR Pro」を投入する、と発表。 ロードゴーイングバージョンのヴ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.