■日本車

新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ

新型レクサスNXに試乗!クルマとしての基本性能が大きく向上、そこへレクサスならではの「おもてなし」。欧州のライバルが「直接照明」だとすると新型NXは「間接照明」のような優しさだ

| 新型レクサスNXはこれまでの「曖昧な」乗り味を一層し、自動車としても高いレベルの走行性能を誇る | 新型レクサスNXは「新世代レクサス」第一弾、ここからレクサスの新しい時代がはじまる さて、大人気 ...

【動画】トヨタがGRスープラのデザイン決定プロセスを公開!どうやら最初から80スープラとの関連性は切り捨てられていたようだ

【動画】トヨタがGRスープラのデザイン決定プロセスを公開!どうやら最初から80スープラとの関連性は切り捨てられていたようだ

| あわせてクレイモデル作成過程も公開、「現実の世界は、画面の中の3Dとは異なる | やはり「アナログ」な仕事は見ていても楽しいものだ さて、トヨタがGRスープラ開発の初期スケッチとクレイモデルを公開 ...

どう見ても本物にしか見えん!タイのショップがローバー200クーペをベースにしたR34スカイラインGT-R「レプリカ」を作成。一部には純正パーツも

どう見ても本物にしか見えん!タイのショップがローバー200クーペをベースにしたR34スカイラインGT-R「レプリカ」を作成。一部には純正パーツも

| R34スカイラインとローバー200クーペとはシルエットやサイズが近いようだ | 個人で楽しむための製作であればまだ許されるが、「販売目的」なのでそのうち摘発されそう さて、タイランドを拠点とする「 ...

【動画】新型レクサスLXエグゼクティブを見てきた!圧倒されるほどの存在感、その価格1800万円。納車までは1年待ち、そして購入時には転売しない旨の誓約書も

【動画】新型レクサスLXエグゼクティブを見てきた!圧倒されるほどの存在感、その価格1800万円。納車までは1年待ち、そして購入時には転売しない旨の誓約書も

| 正直、ここまでの神々しさを放つクルマはそうそうない | ここ最近見たニューモデルの中ではもっとも強い存在感を放っているようだ さて、発表されたばかりのレクサスLXのを見にレクサス箕面さんへ(いつも ...

日産が新型フェアレディZを国内正式発表、価格はProto Specで予想を遥かに超える696万円、同時にZ432R風のカスタマイズモデルも

日産が新型フェアレディZを国内正式発表、価格はProto Specで予想を遥かに超える696万円、同時にZ432R風のカスタマイズモデルも

| 新型フェアレディZは「北米だと4万ドル」と言われていただけにこの価格はちょっと衝撃的 | GRスープラと価格が大きく変わらず、勝負の行方もわからなくなってきた さて、様々なニューモデルが発表されて ...

スバルが東京オートサロンにて「STI E-RA Concept」「ソルテラ STI Concept」発表!STI E-RA Conceptはニュルを6分40秒で走ることを目指すようだ

スバルが東京オートサロンにて「STI E-RA Concept」「ソルテラ STI Concept」発表!STI E-RA Conceptはニュルを6分40秒で走ることを目指すようだ

| エレクトリック時代になってもスバルのAWD技術は健在 | スバルがエレクトリック時代のモータースポーツにどう関わるのかは興味のあるところ さて、スバルが予告通り、東京オートサロン2022において2 ...

バーチャルにてワイドボディ化された80スープラが登場!CGならではの非現実的な姿に心奪われる

バーチャルにてワイドボディ化された80スープラが登場!CGならではの非現実的な姿に心奪われる

| リアルでは実現しにくい造形もバーチャルならしっかり再現 | バンパーと連続するラインを持つ前後フェンダーがカッコいい さて、デジタル系アーティスト、ハイケイド(Hycade)氏が80スープラのワイ ...

GRスープラ

GRスープラにいよいよ6速MTが追加との報道!オートサロンでの豊田章男社長「Zには負けませんから」発言もこれを裏付ける?

2022/1/15    , , ,

| 車体やエンジンを共有するBMW Z4にはMT搭載車が存在し、技術的なハードルは高くない | やはりトヨタは新型フェアレディZを強く意識か さて、長らくウワサされ、そして待ち望まされた「GRスープラ ...

トヨタがGRMNヤリスを500台限定にて発売開始!サーキット用とラリー用、そしてベースモデルの3タイプ。ボディ剛性強化に軽量化、価格は731〜837万円

トヨタがGRMNヤリスを500台限定にて発売開始!サーキット用とラリー用、そしてベースモデルの3タイプ。ボディ剛性強化に軽量化、価格は731〜837万円

| 組み立ては「匠」の技能を有する作業員によって行われる | トヨタはさらにモータースポーツに対する取り組みを強化するようだ さて、トヨタが「GRヤリスのフルチューン版」として予告を行っていた車両を「 ...

トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か

トヨタが「GR GT3コンセプト」を公開!カスターマーチームへの供給を前提としたレーシングカー、そしてそのロードバージョンを発売か

| 今のトヨタの勢いを見るに、本当にGR GT3のロードバージョンを市販しそうだ | そしてその場合、レーシングカーをまず作り、そこから市販車へとコンバートするようだ さて、トヨタが東京オートサロン2 ...

トヨタ「GR GT3 コンセプト」が発表直前にリーク!「市販車をベースにした」レーシングカーのように見え、市販をどうしても期待してしまう

トヨタ「GR GT3 コンセプト」が発表直前にリーク!「市販車をベースにした」レーシングカーのように見え、市販をどうしても期待してしまう

| わざわざ「GT3」という文字を使用したことについては、なんらかの意味があると考えざるを得ない | 一方、そのスタイルは紛れもないレーシングカー さて、本日より開催される東京オートサロン2022にて ...

トヨタのキー

米にて「買って後悔した(満足度が低い)クルマのランキングが公開!トップはトヨタC-HR、そして10位内の9台が日本車とアメ車で構成される

| 日本車というと「高い信頼性によって支持を集めている」と理解していたが | トヨタのクルマは「一瞬、高い人気を獲得し」その後に凋落する例が珍しくはない さて、米コンシューマーレポートは同国内で圧倒的 ...

レクサスが新型LXを発表!新グレード「エグゼクティブ」は1800万円、22インチホイールアルミルーフなど「レクサス初」が満載の究極SUVが誕生

レクサスが新型LXを発表!新グレード「エグゼクティブ」は1800万円、22インチホイールアルミルーフなど「レクサス初」が満載の究極SUVが誕生

| レクサスは基本に忠実に、そしてどんな細かいところも改良してきたようだ | レンジローバーやメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェのSUVに真っ向から戦いを挑む さて、トヨタが新型LXを国内 ...

トヨタがピックアップトラック「タンドラ」に最高級モデル「キャップストーン」追加!レクサスばりのセミアニリンレザーシートに加え、至るところにメッキが施される

トヨタがピックアップトラック「タンドラ」に最高級モデル「キャップストーン」追加!レクサスばりのセミアニリンレザーシートに加え、至るところにメッキが施される

| 「ピックアップトラック」と「高級」とは相容れないような気もするが、アメリカでは人気のあるセグメントであるようだ | そしておそらく、相当な人気を博するのは間違いなさそう さて、トヨタは新型タンドラ ...

三菱が漆黒の「ヴィジョン・ラリーアート・コンセプト」公開!ローダウンにワイドボディ、「走る」「曲がる」「止まる」のレベルを一段と向上

三菱が漆黒の「ヴィジョン・ラリーアート・コンセプト」公開!ローダウンにワイドボディ、「走る」「曲がる」「止まる」のレベルを一段と向上

| まさかエンブレムまで「真っ黒」で来るとは | 三菱が今後ラリーアートをどう扱うのかは注目の的 さて、三菱が数週間前にティーザー画像にて予告したとおり「ヴィジョン・ラリーアート・コンセプト」を公式に ...

これまたスゴいの出た!「ファッションスーパーカー」ミツオカ・オロチにリバティーウォークのワイドボディキットを装着したカスタムカーがオートサロンに降臨

これまたスゴいの出た!「ファッションスーパーカー」ミツオカ・オロチにリバティーウォークのワイドボディキットを装着したカスタムカーがオートサロンに降臨

| まさか希少なミツオカ・オロチをカスタムしようと考えるチューナーが登場しようとは | だがしかし、ある意味ではどんなスーパーカーベースよりもインパクトがあるかもしれない さて、LEDやHID等ライテ ...

新型スバル レガシィ アウトバックの先行展示車を見てきた!大胆なパーツ構成に加えて細部に至るまでデザインに抜かりなし。スバルは新型車の都度レベルを上げてくるな

2021年12月の国産車販売ランキング発表!アウトバック効果でレガシィが前年比11倍、しかしレヴォーグは前年比わずか15%へ。スバルは新車効果が続かない?

| スバルの場合、一定のファンの買い替えに支えられており、そこから需要が広がってゆかないのかもしれない | 一方、トヨタの新車は「息が長く」幅広い客層を取り込むことに成功しているようだ さて、年も開け ...

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

マツダがロータリー(3ローター)エンジン搭載のハイブリッド4WDスポーツの特許を出願!これまでの特許をまとめると「とんでもない」スーパーカーになりそうだ・・・

| どう考えてもこのクルマで利益を出せるとは考えにくく、夢のままで潰える可能性も | ボクとしてはトヨタの介入によって実現することを期待している さて、マツダはこれまでにも様々な「ロータリエンジンを搭 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5