ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■日本車

スペインの砂浜にて、警察の所有するランドクルーザーがスタック→満潮にてなすすべもなく水没。引き潮後にようやく救出される

スペインの砂浜にて、警察の所有するランドクルーザーがスタック→満潮にてなすすべもなく水没。引き潮後にようやく救出される

| まさか「オフロードキング」ランドクルーザーが浜辺で足を取られてしまうとは | ランクルだけに、何事もなく再び走り出すことを期待 さて、スペインのサンルーカル・デ・バラメダのラス・ピレタス海岸にて、 ...

新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km

新型レクサスRZ 450eついに発表!スピンドルグリルを捨てて「スピンドルボディ」へと昇華、駆動方式は4WD、出力は313馬力、航続距離は450km

| レクサスRZの駆動方式は4WDのみ、残念ながら価格情報は発表されていない | 生産開始時期や注文方法も謎のまま さて、トヨタがついにレクサス初の「EV専用設計」を持つラインアップ、新型RZ 450 ...

【動画】新型フェアレディZ「NISMO」バージョンが岡山国際にて目撃される!ボンネットとFフェンダーはカーボン製、かなり本気なハードコアモデルとなりそうだ

【動画】新型フェアレディZ「NISMO」バージョンが岡山国際にて目撃される!ボンネットとFフェンダーはカーボン製、かなり本気なハードコアモデルとなりそうだ

| 日産はフェアレディZのアフターマーケット市場を盛り上げたい意向を持っているのだと思われる | 今後、フェアレディZは日産のモータースポーツイメージを牽引するスポーツカーとして、様々なプロモーション ...

ホンダS2000CRが高値高騰!競売にてあと数日残し1300万円まで上昇!少し前には1600万円で落札され、完全に「手が届かない領域に」到達

ホンダS2000CRが高値高騰!競売にてあと数日残し1300万円まで上昇。少し前には1600万円で落札され、完全に「手が届かない領域に」到達する

| むしろ、S2000はこれまで「あまり価格が上がらなかった」のが不思議なくらい | インテグラ・タイプRの価格も連動して上昇中 さて、現在90年代の日本車は北米市場にて高い人気を誇っており、信じられ ...

「うわ きもちいい」。レクサスが新型EV、RZ 450e発表を前にティーザー動画/画像を公開。その開発過程を各部門の担当者が語る

「うわ きもちいい」。レクサスが新型EV、RZ 450e発表を前にティーザー動画/画像を公開。その開発過程を各部門の担当者が語る

| レクサスRZ 450eはどれくらいの価格、そして航続可能距離を持つのか要注目 | EVにおいてはガソリン車とは異なる要素が求められる さて、トヨタは4月20日の午後7時に新型レクサスRZを発表する ...

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

やっぱりホンダは3ドア版のインテグラを発売すべきだったな・・・。CGデザイナーが「ホンダ・インテグラ 無限バージョン」のレンダリングを公開

さて、アメリカでは「アキュラ・インテグラ」、中国でも「ホンダ・インテグラ」が発表されていますが、いずれも4ドアボディを持ち、ぼくらの考えるインテグラとはちょっと様相が異なります。そこでCGアーティスト ...

【動画】ホットウィール製のマツダRX7を「CGアーティストの作成したバーチャルカスタム」と同じ仕様へ!神業的ミニカーの改造過程を見てみよう

【動画】ホットウィール製のマツダRX7を「CGアーティストの作成したバーチャルカスタム」と同じ仕様へ!神業的ミニカーの改造過程を見てみよう

| エアロパーツはもちろん、エンジンまでもを「自作」にて再現 | これだけの腕前があれば、思ったものはなんでも作ることができそうだ さて、これまでにも数々のトミカやホットウィールをカスタムしてきたユー ...

マツダ版Gazoo Racing?マツダが「倶楽部 MAZDA SPIRIT RACING」をスタートさせると大々的に発表!マツダスピードの再来か

マツダ版Gazoo Racing?マツダが「倶楽部 MAZDA SPIRIT RACING」をスタートさせると大々的に発表!マツダスピードの再来か

| ただし今回は「仲間と仲間」「マツダとファン」とがつながることができる仕組みを構築している点が新しい | マツダは今後さらなる展開を計画中、楽しみに続報を待ちたい さて、マツダはそのモータースポーツ ...

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

トヨタ・クラウンのSUV版はハイブリッド、2023年夏から日本と米国、中国で販売開始との報道。ただし2022年10月には「別の」クラウンが米国上陸?

| トヨタ・クラウンにまつわるウワサはいろいろと尽きないが | SUV版のクラウンを発売するというのはいろいろな面で理にかなっている さて、ちょっと前に話題となった「クラウンがSUVに」という話。その ...

【動画】さすがはトヨタ!ハチロク、86、GR86三世代のFRがトリプルドリフトを決め、しかもその車内にドローンを通過させるという驚愕映像をTVCMにて公開

【動画】さすがはトヨタ!ハチロク、86、GR86三世代のFRがトリプルドリフトを決め、しかもその車内にドローンを通過させるという驚愕映像をTVCMにて公開

| トヨタは様々な方法を駆使してクルマの楽しさを伝えようと頑張っている | アメリカでも頭文字Dとのコラボ動画シリーズが公開中 さて、Gazoo Racingが昨日「ハチロクトレノ(AE86)と86、 ...

GRスープラに「MTモデル」追加が公式に予告される!詳細は近日公開、続報を待とうぞ

GRスープラに「MTモデル」追加が公式に予告される!詳細は近日公開、マニュアル・トランスミッションに関する続報を待とうぞ

| おそらくは「それほど売れない」だろうが、MTをラインアップに加える意義、そして宣伝効果は大きい | ボクはBMWのMTに3年乗ったが、ペダルのストロークが長いのにクラッチがやたら手前でつながったと ...

マツダはなぜこの時代にベンツよりも大きな排気量のエンジンを投入するのか?CX-60の価格設定とマツダの戦略について考える

マツダはなぜこの時代にベンツよりも大きな排気量のエンジンを投入するのか?CX-60の価格設定とマツダの戦略について考える

| マツダは自社のポジション、そして得手不得手、なによりも価格のバランスを考えているようだ | そこには「プレミアム化」を目指しながらも価格の制約に縛られるというジレンマが見え隠れする さて、マツダは ...

レクサスRZ 450eの姿が発表を前にリーク!まさかの「ボディ塗り分け」により全身を用いてスピンドルを表現、そう来るとは思ってもみなかった

レクサスRZ 450eの姿が発表を前にリーク!まさかの「ボディ塗り分け」により全身を用いてスピンドルを表現、そう来るとは思ってもみなかった

| ボクはてっきり電動化時代のレクサスはスピンドルグリルを控えめに、そして上品になると考えていたが | ある意味ではこれを考えついた人は天才かもしれない さて、レクサスは4月20日にブランニューモデル ...

スバルが2023年モデルのマイナーチェンジ版レガシィ アウトバックを北米で発表!新しい顔に強化された予防安全機能、カーナビには注目の「what3words」を導入

スバルが2023年モデルのマイナーチェンジ版レガシィ アウトバックを北米で発表!新しい顔に強化された予防安全機能、カーナビには注目の「what3words」を導入

| とくにフロントは変更しなくても良かったように思うが、きっとスバルの戦略があるのだろう | 生産の都合上、日本仕様も遅かれ早かれこれに近い変更を受けることになるのかも さて、スバルがメインとなる北米 ...

新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表

新型NSXはEVで復活?ホンダが4輪電動化計画を発表し「スペシャリティ」「フラッグシップ」という2つのスポーツモデルを導入すると発表

| これまでホンダはエレクトリック化で「出遅れた感」があったが、ここで一気に巻き返しを図る計画か | 車種ベースではトヨタ、日産よりも多い30モデル さて、EVシフトでは(ホンダeを発売しながらも)グ ...

犬の絵がキュート!トヨタが「全自動で犬を散歩させるハイテクロボ」の特許を出願!トイレ掃除やしつけも行い、なんならワンコが自分で操縦もできるようだ

犬の絵がキュート!トヨタが「全自動で犬を散歩させるハイテクロボ」の特許を出願!トイレ掃除やしつけも行い、なんならワンコが自分で操縦もできるようだ

| トヨタはこれまでにも様々なトンデモ特許を出願してきたが、これはその中でもずば抜けて奇妙である | ただ、個人的には実現できれば面白いと考えている さて、これまでにも「自動車泥棒に対して催涙ガスを噴 ...

日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す

日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す

| 今の段階でも各社とも「ソリッドステートバッテリーの実用化が想定よりも遅れている」状態 | いったいどこが「記念すべき第一号」となるのか さて、現在の電気自動車に使用されるバッテリーは主に「リチウム ...

GRカローラは「新型スバルWRX STIの発売が無くなった」ことでトヨタが急遽投入を決めたクルマなのか?ボクはこう考える

GRカローラは「新型スバルWRX STIの発売が無くなった」ことでトヨタが急遽投入を決めたクルマなのか?ボクはこう考える

2022/4/10    , , , , ,

| トヨタはスバルWRX STIの有無に関係なくGRカローラを発売していただろう | ただし「急に」発売の話が持ち上がったのは事実ではないかと考えている さて、トヨタは「GRカローラ」を発表したところ ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5