>日産/インフィニティ(Infinity)

インフィニティの謎コンセプト「プロトタイプ9」の美しい画像。メーターはステアリングホイール内に

投稿日:2017/08/19 更新日:

ペブルビーチにてインフィニティの謎コンセプトカー、「プロトタイプ9」の姿が一般公開に。
すでにオフィシャルフォトも公開されており目新しいものではありませんが、今回Motor1のカメラマンmNathan Leach-Proffer氏がその美しい画像をアップしています。

関連投稿
インフィニティが謎のレトロなコンセプトカー発表予定。「70年間、日本に放置されていたスポーツカー」
インフィニティが、その謎コンセプト「プロトタイプ9」画像を公開。さらに深まる謎

プロトタイプ9は「70年前のスポーツカー」がコンセプトで、1989年に活動を開始したインフィニティが公開するには「謎」とも言えるコンセプト。
歴史が浅いからこそ「歴史を求める」のかもしれませんが、このあたり「4年しか生きられない」レプリカントが記憶を求めるのと似ているのかもしれません。

タイヤは現代のものではなく、かなりレトロなトレッドパターンを持つもの。
EVとなりますが、ブレーキは特殊な構造を持っている(インホイールモーターではないものの、回生機構をここに移したのかも)ようですね。

ステアリングホイールのセンターには3眼メーター。
パネルの仕上げも美しく、優雅さや高級感も感じます。

なおインフィニティのエンブレムは「富士山」と「将来に続く道」を表したもので、奥行きを感じさせるデザインがそのコンセプトを視覚的に表現。

ちなみにスタイリングは伝統的な「ロングノーズ」ですが、この車はフロントに巨大なV12エンジンや直6エンジンを納めているわけではなく、「ロングノーズ」である必要がないので、このスタイリングも「謎」。

トラクションを考えるとフロントを短くして座席を前に移動し、重量のかさばるバッテリーを駆動輪に荷重をかけるためリアに配置するか、その容積が大きいのであれば重心を低くするためにフロアに敷き詰めるのが「妥当」ですが、そうしなかったのはインフィニティがこの「レトロなスタイリング」を最重要視したためだと思われます。

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5