>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

本当?VWシロッコが「EVになって復活」とのウワサ。VW「情熱的な車になる」

投稿日:2017/09/16 更新日:

シロッコがEVになって復活、というウワサ。
シロッコは売れ行き不調によって次期モデルの予定はない、と伝えられており、しかし今回AutoExpressが「シロッコはMEB(VWのEV用プラットフォーム)を採用したエレクトリックモデルとして開発中」と報じています。
シロッコというとぼくが短期間ながら所有しており、久々に足回りにまで手を出した車ですが、その車高やツライチ度に関しては我ながら「決まった」と考えており、カスタム的満足度が高かった車。

ただしその価格は新車だと異常に高く、当時同じエンジンを積むゴルフが278万円くらいだったのに対してシロッコはこれよりも100万円以上高価な価格設定。
さすがにこの価格では売れようもなく、後に値下げを行っていますが、それでも割高感は拭えずにそのまま廃盤。
なお同世代のゴルフRが505万円だったの対してシロッコRは523万円でしたが、ゴルフRは4WD、シロッコRはFF。
正直「なぜこんなに高いのかわからない」という車であったのは事実です。

それでもぼくが購入したのは「格好良かったから」というだけの理由で、しかし「新車で購入すると売る時に痛い目を見る」ということはわかっていたため、ディーラーのデモカー落ちを格安で入手した、という経緯も。



AutoExpressによると、フォルクスワーゲンが「EVシロッコはエモーショナルな車になる」「最終のシロッコと似たようなデザインになる」と語ったと報じているので、VWから何らかの話を引き出したのは間違いなさそう。

加えて170馬力から300馬力程度までのモデルをラインアップし、前後にモーターを持つ「4WD」も登場するとしており、これが実現すればぼくとしては狂喜乱舞。

フォルクスワーゲンはそのEVブランドとして「I.D.」をスタートさせますが、この「EVシロッコ」が名前を変えて「I.D.ブランド」から登場するのか、それとも「フォルクスワーゲン・ブランド」からシロッコEVとして復活するのかは不明。
しかしながら現行ゴルフのエレクトリックバージョンは「I.D.に吸収されて消滅する」と言われているため、やはりEVシロッコはI.D.ブランドより、その姿だけを引き継いて「ニューモデル」として登場するのかもしれませんね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5