>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがM1CSL〜M8CSLまでの商標取得。「CSL」「CS」モデル拡充への準備を開始

更新日:

M1 CSL、M2 CSL、M3 CSL、M4 CSL、M5 CSL、M6 CSL、M7 CSL、M8 CSLが登場?

BMWが「M1 CSL」から「M8 CSL」までの商標をドイツ国内にて取得。
これはつまりM1 CSL、M2 CSL、M3 CSL、M4 CSL、M5 CSL、M6 CSL、M7 CSL、M8 CSLの名称をBMWが使用する可能性がある、ということを示唆。
なおBMWは「CSL」を今後ハイパフォーマンスモデルの呼称に用いてゆく、としていますね。

「GTS」は「CSL」に。「CS」シリーズも登場

加えてBMWは先日、「現在のGTSはCSL」に置き換える、と発表。
加えて「CS」シリーズも設定する、としています。
なお「CS」が現在の「コンペティション」に相当するとしているので、当然「CSL」はそれ以上、ということに。

「CSL」は「CSL=Coupe Sport Light」の略でE9世代、E46世代に登場しており、E46世代ではカーボンルーフやエアコンレスという超スパルタンなモデルとなっています。

「M1 CSL」は登場する?

今回BMWはXシリーズ除く全てのラインアップで「CSL」を登録していますが、それが必ずしも実現しないであろうことも想定されます。
というのもBMWは「M1」の復活はないとしており、M4にCSLを設定するのであればM3にはさすがに設定しないであろう、とも考えられるため(そもそも現在のM3はC=クーペではない)。

となると今回取得の意図としては「予防的登録」の可能性があり、これはカシオが「Gショック」のほか、「AショックからZショックまで」の商標を取得しているのと同じで、他社(中国の自動車メーカーとか)が紛らわしい商標を使用しないように考慮したもの、と考えられます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5