>シボレー(CHEVROLET) ■近況について

すごいなこの車。まんまレーシングカー、シボレー・コルベットZ06を見てきたので画像で紹介

投稿日:2017/11/25 更新日:

まさにサーキット生まれ。シボレー・コルベットZ06の内外装を画像で紹介

シボレー・コルベットZ06を見てきたので画像で紹介。※シボレーの公式サイトによるZ06の情報はこちら
実は最新のコルベットZ06を見るのは初めてで、これまでのZ06に比較してとんでもなく進化しているのに驚くことに。
シボレーいわくコルベットZ06は「サーキットで生まれた究極のロードゴーイングマシン」とのことですが、この表現に嘘偽りがないのは一見して理解できるところ。

なおシボレー・コルベットZ06はレース用コルベット「C7.R」と同時開発されたとのことで、「まんまレーシングカー」と言っても過言ではなさそうです。

シボレー・コルベットZ06のスペックを見てみよう

DSC03767

ボディサイズ:全長4515×全幅1970×全高1230ミリ
重量:1690キロ
エンジン:6.2リッターV8 スーパーチャージド
出力:659馬力
0-100キロ加速:2.95秒
トランスミッション:8ATもしくは7MT
価格:13,592,593円

シボレー・コルベットZ06の外装を見てみよう

フロントスプリッター、サイドウイングはカーボン製。
しかもかなりアグレッシブな形状です。

DSC03780

フロントサイドにはウイングレット付き(ビス留めがナイス)。

DSC03769

サイドウイングは立体的な形状。

DSC03776

乗り降りする部分がえぐれていて乗降が楽!

DSC03809

テールパイプは4本。
しかも単なる「筒」ではなく内側がすり鉢状に。

DSC03797

エンブレムはブラック基調。

DSC03795

リアフェンダー上のエアインテークには、エアを導きやすいようにガイド付き。

DSC03793

フロントに追加されたフェンダーアーチ。

DSC03774

リアはオーバーフェンダー(コルベット・グランスポーツ比で+80ミリ)。

DSC03789

ブレーキローターは2ピース。

DSC03772

リヤスポイラー。

DSC03790

形状は完全に市販車とは思えないレベル。

DSC03791

エンド部はこんな感じでビス留め。

DSC03800

とにかく「とんでもないモノを発売したな」という印象しか感じられない車ですね。

DSC03802

リアウインドウのグラデーションはコルベットのマーク!
ジープもウインドウの一部に「ジープのアイコン」がありますが、アメ車はこういったところが面白い、と思わせます。
やはり車を「道具」ではなく「楽しみ」の一つとして捉える国ならではですね。
アウディもこんな感じで「フォーリングス」を使用したり、ランボルギーニも「Y」を使ったりしたらいいのに、と思うところ。

DSC03827

シボレー・コルベットZ06のインテリアを見てみよう

インテリアはブラック一色。
しかしレザーやアルカンタラ、カーボンなど複数素材の使い分けも。

DSC03813



ダッシュボードはマット仕上げのカーボン。

DSC03812

シートはレザーとカーボン、アルカンタラ。

DSC03814

リアのカーゴスペース。

DSC03815

センターコンソールにある「Z06」バッジ。

DSC03816

ルーフ(アウターパネルはカーボン製)の内張りはキルティング。

DSC03820

シフトレバー。

DSC03822

ざっとこんな感じではありますが、あまりのスパルタンさに「かなり驚いた」車。
こういった車がある、そしてここまでこだわっている、ということがもっと知られれば日本におけるアメ車の販売状況も変わってくるのかもしれません。
実際にこうやってみると「噂以上」のものがあり、「見るのと聞くのとでは大違い」の典型ではないか、という印象です。
他の画像はFacebookのアルバム内にアップしています。

シボレー・コルベットZ06が展示されているのはシボレー北大阪さん

シボレー北大阪
大阪府 箕面市半町3-13-4
072-723-1167

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5