>その他アメリカ車

ついに個人フェラーリコレクターのプロジェクト実現。キャメロン・グリッケンハウスSCG 004Sが公開に

更新日:

ついにグリッケンハウス氏の手掛ける市販車が公開に

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスがそのスーパーカー「SCG 004S」を公開。
すでにいくつかティーザー画像が公開されていますが、その通りの「センターシート」3シーターモデルとなっています。
基本骨格はカーボンファイバーで車体重量は1179キロ。
エンジンは5リッター650馬力、トランスミッションは6速マニュアル(オプションでシーケンシャル・トランスミッションも用意)を採用。

SCG003は一体どこへ?

scg-004s

なお今回発表されたのは「SCG "004"S」。
この前には「SCG 003」という計画があったものの、それは市販されないままにSCG 004が登場しており、SCG 003がどこへ行ったのかはちょっと気になりますね。

scg-004s2

SCG 004 Sについてはアメリカにおいて「少量生産メーカー」としての認可を受けて公道走行のための登録が可能とされており、4500万円にて発売予定。
最初の25台は「ファウンダース・エディション」となり18ヶ月以内に納車される、とのこと。
ただし数量限定の意図はないようで、2020年〜2021年には年間250台程度を製造できる体制を作りたい、としています。
加えてレース用車両としてGT3/GTE/GTLMに参戦可能な車体も提供する意向があるようです。

scg-004s5

なおスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)は映画監督、富豪、カーコレクターなど様々な肩書を持つジェームズ・グリッケンハウス氏が率いるプロジェクト。
ジェームズ・グリッケンハウス氏は過去にもP4/5ピニンファリーナ(エンツォ・フェラーリベース)、P4/5コンペティツィオーネ(フェラーリF430ベース)を製作した経験があることでわかる通り、かなりのフェラーリマニア。
今回のSCG 004SについてもフェラーリP4/5の面影が見えるようですね。

42b4f1c6

加えてフェラーリ「セルジオ」風のディティールも確認でき、これらを意識したことは間違いなさそうです。
※実際にSCG 004Sについて、「過去のアイコニックな車にインスパイアされた」と発言している

上から見ると、なんとなくフォードGTっぽい雰囲気も。

scg-004s6

こちらはフォードGT。

リアもやはりフェラーリの(過去の)レースカー風。

scg-004s7

SCG 004 Sのインテリアはこうなっている

ルームミラーはモニター式?

scg-004s12

コクピットは結構レトロ。

scg-004s11

今流行りの液晶ディスプレイやタッチ式スクリーンがないという硬派仕様。

scg-004s10

3シーターとなりますが、後ろ両側の距離が近すぎ、なんだか「運転を監視されている」ように感じそうですね。

scg-004s9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5