ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリ488GTBを150馬力向上させるチューナー現る。加速、最高速ともに488ピスタを超える

投稿日:2018/04/28 更新日:

| フェラーリ488GTBを一気に150馬力もパワーアップ |

フェラーリ/フィアット/アルファロメオ系チューニングを得意とする「POGEA RACING」がフェラーリ488GTBのチューンドカー”FPlus Corsa Project”を公開。
3.9リッターV8ツインターボエンジンを大幅にチューンし、なんと820馬力を発生するまでに。
なおフェラーリが発表した488GTBのハードコアモデル「488ピスタ」の出力は720馬力なので、これよりも「100馬力も高い」パワーを持つことになりますね。

加速、最高速ともフェラーリ488ピスタ以上に

その結果0-100キロ加速は2.8秒(488ピスタは2.85秒)、最高速度は時速345キロにまで向上(488ピスタは340キロ)。
ボディ外観も大きく変更され、各部に軽量パーツを使用することで重量を42キロ削っており、ホイールは21インチサイズへ。

なお、このリアバンパーは「フェラーリF12 TRS」をイメージしたものだと思われます(ハイグリップタイヤの拾った石でかなり傷がつきそう)。

ferrari-488-gtb-by-pogea-racing5

リアウイングはカーボンファイバー製。
ウイングのエンド部は「カーボンコンポジット」のようですが、織り目の見えるカーボンとコンポジット素材との組み合わせは非常に珍しいですね。

ferrari-488-gtb-by-pogea-racing4

ホイールは大きく肉抜きされ、スポークは捕捉、センター部のマスも最小なデザイン。

ferrari-488-gtb-by-pogea-racing3

フロントバンパーは大きく形状が変わり、ほかのフェラーリでもあまり見られない形状に。
もちろん効果もしっかり考えられたものであるのは(最高速が向上していることを鑑みるに)間違いさそう。

ferrari-488-gtb-by-pogea-racing2

サイドステップにもウイングレットが設けられ、リアディフューザーも大型化。
エキゾーストシステムはステンレスとなりますが、これは「専用品」でフラップを内蔵しており、開放時には相当な爆音を発するようです。

ferrari-488-gtb-by-pogea-racing

今回インテリアの画像はなく、しかし外装同様に機能中心のカスタムが加えられているであろうことは想像に難くなく、やはりカーボンファイバーが多数使用されていそうですね。

この「Fプラス・コルサ」は20台のみがドイツのファクトリーにてカスタムされる予定で、その価格は470万円ほどだとアナウンスされています(パワーアップの幅、カーボンの使用範囲を考えるとかなり”安い”とも言える)。

あわせて読みたい、POGEAレーシング関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5