>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニ「ポロストリコ」がF1マシンをレストア。ランボルギーニはF1に参戦していたこともある!

投稿日:2018/07/21 更新日:

| ランボルギーニがエンジンを供給してた時代のF1マシン、M191Bがレストア |

ランボルギーニのレストア部門、「ポロストリコ」がF1マシンをレストア。
ランボルギーニとF1というとあまり繋がりがないように思われますが、実は1989年から1992年にかけてラルース、ロータス、リジェ、モデナ(ワークス)、ミナルディにランボルギーニ製V12エンジンを供給しています。

レストアを行なった「ポロストリコ」はランボルギーニが直々に自社のレストアを行う部門で、これまでもミウラやカウンタック、エスパーダ、最近だと「ミウラ”イオタ”SVR」のレストアも披露しています。

ミナルディは現在の「トロロッソ」

今回レストアしたF1マシンは「ミナルディ M191B(1992)」で、それにかかった期間は7ヶ月。
ずっとランボルギーニ・ミュージアムに展示していた車両をレストアしたもので、レストアはジャンカルロ・ミナルディ氏の監督のもと行われた、とのころ。
なお、ミナルディは2005年にレッドブルに買収され、レッドブルのジュニアチームとして活動しており、このミナルディ M198Bは当然それよりも前の時代のフォーミュラカーで、テレメトリーシステムやオートマティック・トランスミッションが普及する以前の「最後の世代」。

lamborghini5

エンジンはもちろんV12、形式は「LE3512」。
出力は700馬力近くに達する、とのこと。
このM191Bは3号車となり、最も良い成績はクリスチャン・フィッティパルディのドライブでの11位(スペインGP)。
1993年には後継モデルに入れ替えられることとなっています。

lamborghini

このエンジン自体は非常に高いフレキシビリティを持ち、低速から大きなパワーを発揮したとされ、当時マクラーレンに在籍してたアイルトン・セナがこのエンジンをMP4/8Bに積んでテストし、そのパワフルさに惚れ込んで「このエンジンをぜひ採用してほしい」とロン・デニスに頼んだほど(ただし政治的な問題でマクラーレンのエンジンサプライヤーはプジョーに。もしランボルギーニ×マクラーレンが実現していれば、また異なるモータースポーツの歴史となっていたのかも)。
なお、同じくテストを担当したミカ・ハッキネンも「凄まじい馬力だ」というコメントを残しているようですね。

lamborghini3

ランボルギーニのポロストリコにとっては「初」のレストアされたフォーミュラカーとなりますが、タイヤ、燃料タンク、消火システム、、エンジンコントロールユニット、シートベルトなどは新品へ交換済み。

lamoborghini2

なお、こちらはランボルギーニ大阪さんにていただいてきた「ポロストリコ」のカタログ。

L1040379

これまでにプレスリリースでも公開されていない内容や、

L1040380

そのレストア過程、

L1040383

ここのモデルについても掲載されている、とても貴重な一冊です。

L1040381

あわせて読みたい、ランボルギーニ×F1関連投稿

VIA:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5