>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

VWゴルフをツインエンジン+ツインターボ化した猛者あらわる。最高速は295km/h、加速はマクラーレン720S以上

投稿日:2018/08/16 更新日:

| とにかくゴルフ乗りは過激。今回はツインエンジンの「VR12(VR6+VR6)」 |

フォルクスワーゲン・ゴルフはファンが非常に多いクルマで、かつカスタム/改造する人も多いクルマ。
これまでもエンジンスワップや4WD化など、さまざまなカスタムが見られるものの、そもそもフォルクワーゲン自身が「ツインエンジン化」や、ベントレーの12気筒エンジンを押し込んだ「ミドシップ化」を行ったりしていて、「改造しろ」と言わんばかりの状況。

そして今回も魔改造ゴルフがまた一台登場していますが、これは前後にエンジンを搭載した「ツインエンジン」仕様となっています。

もちろん4WD、出力は1600馬力

なお、エンジンは「VR6」をターボ化したもので、これを2基搭載し「合計1600馬力」を発生。
それぞれのエンジンは個別のトランスミッションを持ち、これらは一つづつでも、シンクロさせることも可能、とのこと。

当然その速さはとんでもないレベルで、最高速度は295.7km/h(記録済み)。
ゼロヨンだと9.06秒を記録しており(あのゼロヨン無敵王者、マクラーレン720Sでも9.77秒)、オーナーによるとそのスピードは「恐ろしい」。
車体は極度に軽量化されている上にエアロパーツがなく、いったんコントロールを失うともう歯止めが効かなさそうですが、「ちょっと運転したくない」と思わせるクルマでもあります。

こちらはフロントエンジン。
ヘッドカバーはもちろん、タービン、ブローオフまでグリーンにペイントされ、美しさにも配慮していることがわかります。

golf5

こちらはリアエンジン。
この上に「カバー」がつくものの遮音は考えておらず、とにかく室内は騒音と熱に悩まされることになりそう。

golf

操作はこんな感じ。
シフトレバーやさまざまなレバーが見えますが、それそれを繋ぐリンケージも見えますね。
なお、ラインロックは前後別に用意している、とのこと(前後どちらのタイヤを空転させることもできる)。

golf3

シルバーのノブがついているレバーがシフトチェンジ用だと思われますが、その中間にはそれらを繋ぐシャフトと、まとめて操作できるノブがついています。

golf2

ちなみにこちらがフォルクスワーゲン「公式」ツインエンジン搭載ゴルフ。

vw-gti-twin-engine-rally-car (1)

それでは動画を見てみよう

こちらが圧倒的な速さを見せるツインエンジン「VR12」ゴルフの走りを納めた動画、「This VW Golf Makes 1600 HORSEPOWER! (Twin Engine & Twin Turbo!)」。

巨大なパワーに対応するためにタイヤとフェンダーが大型化していますが、グリーンのボディカラーが印象的。
おそらく「ハルク」というニックネームで呼ばれることになりそう。

あわせて読みたい、フォルクスワーゲン・ゴルフの改造関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5