>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗】加速はレクサスLFA並み!まんまスーパースポーツ、メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペに試乗

投稿日:2018/08/13 更新日:

| やっぱりAMGは最高だった |

メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペに試乗。
もともとこのクルマに試乗する予定はなく、しかしその日メルセデス・ミー大阪にて「メルセデス・ベンツCLS 450 4MATIC Sports」を試乗したのち、「めったに入らないメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペが試乗車で入ってきたのでぜひ乗って欲しい」という提案を受けたわけですね。

寿司屋の「今日はいいネタが入ってますよダンナ!」みたいなノリですが、そう言われると「じゃあそれひとつ握ってくれるかな」となるのが人情で、今日は道も空いてるしいっちょ踏むか!ということで急遽試乗することに。

結果的に大当たり

メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペは「GLCクーペ」のAMG版ですが、エンジンは4リッターV8ツインターボ510馬力、0-100キロ加速3.8秒という超俊足ぶりを発揮するスーパーSUV。
この3.8秒というのは登場初期のランボルギーニ・ガヤルドと同じくらいのタイムで、パガーニ・ゾンダF、レクサスLFAのタイムが3.7秒といえばどれだけ速いかがわかると思います。

glc1

外観上だとAMG GT Rにてはじめて(市販車へ)装着された「パナメリカーナ・グリル」が与えられ、鍛造となる21インチAMG クロススポークホイール、レッドキャリパーにスリット+ドリルホイールを持つローターが与えられたブレーキシステム、リアスポイラーが大きな特徴。

glc11

なお、インテリアは先に試乗したCLSよりもひと世代前となるため、CLSと比べるとかなりシンプル。
ただし明確に「劣る」というわけではなく、これは「CLSのほうが未来に行きすぎている」と考えるのが妥当だと考えています。

とりあえずメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+ クーぺで走ってみる

早速クルマに乗り込んでシートやミラーをあわせ、エンジンをスタート。
エンジンスタートボタンはステアリングコラムの右側にあり、これを押すとブボボボン!という凄まじいサウンドとともにエンジンが目覚めて「おう!」と驚くことに。

これは期待できそうだということで早速クルマをスタートさせますが、出だしからしてかなり「軽く感じる」のが特徴。
トランスミッションはトルコンではなく多板湿式クラッチを使用した9速AMGスピードシフトMCT。
そのためトルコン式よりもちょっと変速ショックが大きいようですが、そのぶん「ガッツンガッツン繋がってる」感があるのも事実です。※3速以上になるとあまり変速ショックはない

glc10

なお、駆動方式はもちろん4WDですが、これは駆動力の配分を50:50〜0:100までフレキシブルに変化させることができるもので、さらに電制デフも装備しているためにコーナリングはスポーツカーそのもの(ダイナミックエンジンマウント=可変エンジンマウントも装備されている)。

しかもサスペンションは「AMGスポーツサスペンション(AMG BODY CONTROL=連続可変ダンピング)」で、コーナリング中の姿勢もビタリと安定。
コーナリング中にアクセルを踏むと「駆動力で曲がる」という感覚が非常に強く、とにかく運転していて楽しいと感じるクルマですね。

glc6

なおちょっとアクセルを踏んだだけでもグイと前に出ますが、これはやはり「9段」というトランスミッションの恩恵によるもので、「いつでも戦闘態勢」に入れるということを意味します。



そしてアクセルを抜くと「バリバリバリバリ!!」とブリッピングが発生し、シフトダウン時には「ヴォン!」と空ぶかしが入ることに。
とにく「何から何まで」やる気にさせることこの上ないクルマですが、そのエキゾーストサウンドはメルセデス・ベンツCLSのように「合成した音をスピーカーから流す」ものではなく、実際にエクゾーストシステムのフラップを開いて爆音を聴かせるもの。

glc9

このエキゾーストシステムはドライブモード「AMGダイナミックセレクト」によってフラップの開閉をコントロールでき、「COMFORT」「SPORT」「SPORT+」「INDIVIDUAL」「RACE」のうち、「SPORT」「SPORT+」ではフラップが開くことに。

このときの音といえば凄まじいの一言で、「よくこれで車検が通るな」というほどです。
音質でいえば重低音、そしてアメリカンV8のようなデロデロというサウンドですが、やはりこれはメインとなるアメリカ市場を意識したものだと言えそう。

glc5

現代ではクルマをぶっ飛ばすことが社会的に認められるものではなく、しかしそうそうサーキットへゆくのも難しい状態。
しかも事情によってスポーツカーを所有できない場合もあり、そういったときにはこのメルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペはうってつけ。

これ一台でSUV、そしてスポーツカーを網羅でき、かつ制限速度内で走ってもその刺激的なサウンドやブリッピング、強烈な加速を楽しめるクルマだと言えそう。

価格は1485万円と高価ですが、AMGはリセールが高く、これもまた「買い」の一台だと言えそうです。

glc3

あわせて読みたい、メルセデスAMG試乗記関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5