>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

これがマクラーレンの本社だ!マクラーレン創始者の娘が案内するファクトリーツアー

投稿日:

| マクラーレン本社は”自動車メーカー”という固定概念を覆した |

マクラーレンがその本社の様子を紹介する画像を公開。
マクラーレン本社はその先進性、充実した設備、工場に至っては「チリ一つ無い」真っ白い空間で構成され、従来の工場のイメージを一新したことで話題に。
それではマクラーレンの本社、「マクラーレン・テクノロジーセンター」の内部、そして秘話を見てみましょう。

マクラーレン本社はこんな施設

マクラーレン・テクノロジーセンターは2004年にオープンし、当初は「パラゴン(Paragon)と呼ばれていた、とのこと。
その敷地は57000平方メートル、総工費は420億円程度とされています。

mclaren11

本社周囲の池は単なる池ではない

マクラーレン・テクノロジーセンターのには大きな池がありますが、これは深さ3メートル、たたえる水は5万立方メートル。
そしてこの池は「単なる池」ではなく、その水はウインドトンネルなどの施設が発する熱を「冷却する」ためにも用いられている、とのこと。

mclaren10

マクラーレン創始者の娘がツアーガイドに付いてくれることも

マクラーレン創始者、ブルース・マクラーレン氏唯一のむず目がアマンダ・マクラーレンさん。
彼女と彼女の夫のステファンさんは故郷のニュージーランドで農業を営んでいたものの、数年前にイギリスへと引っ越し、今はマクラーレンにて、「その名を継ぐもの」としてブランドアンバサダーを務めているそう。
以前にはマクラーレン570Sをドライブし、父の実家も訪れていますね。

mclaren9

マクラーレンがMSOでカスタムした570Sを公開。創業者の生家をイメージしたボディカラー

膨大なカーコレクション

マクラーレン・テクノロジーセンターのアトリウムにはマクラーレン創業初期のレーシングカー、かの有名な「マルボロ」時代のF1マシン、ボーダフォン時代のマシンも展示。

このスペースの裏には小規模な工作室、オフィス、ミーティングルームなどがあるようです。
なお、多くの場所がガラス張りとなっているのは、ロン・デニス氏(マクラーレングループの元CEO)が「仕事をしている姿が隠れる(彼から見えなくなる)のを嫌がったから」とのこと。

最近、マクラーレンはその本社内カンファレンスルームも動画にて公開していますね。

マクラーレン720Sはなぜそんなに速いのか?ロケット分野の博士がマクラーレンの未来的な本社で解説

これだけのコレクションもそうですが、この本社を見るに「どれだけ豊富な資金力があるのか」と感嘆せざるを得ない状況。

mclaren8

マクラーレンのカンパニーカラー「オレンジ」、そしてキウイにまつわる秘話

マクラーレンのカンパニーカラーは「オレンジ」。
これについては諸説あったものの、今回上述のアマンダさんがその論争に終止符を打つことに。
彼女によれば、「当時、マシンのカラーはレッドであったものの、ほかのレッドを採用したチームと間違われることがあり、他の「もっとも目立ち、もっとも安価に塗れる」カラーとしてオレンジを採用した、とのこと。

マクラーレンの企業カラーは実はオレンジ。もうオレンジがレースで復活することはない?

mclaren7

なお、「キウイ」はブルース・マクラーレンが自身の出身地であるニュージーランドのシンボルとして初期のレーシングカーに用いていたことで有名。

マクラーレンのナイキみたいなマークは何?そのほかフェラーリやランボルギーニの「謎」とは?

ときにはキウイ以外のキャラクターが用いられたことも

なお、キウイ以外のキャラクターが使用されたこともあり、1993年のヨーロピアンGPの際にアイルトン・セナが乗ったMP4/8には「クルマに轢かれたハリネズミ」。
これは同年のライバル、アラン・プロストが乗るウィリアムズがセガのスポンサーを受けており、車体に「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のグラフィックが描かれたことに対するジョーク。

ソニックはリアウイングの翼端とF1マシンの側面に用いられていましたが、側面は「ソニックがF1マシンを運転している風雨」のグラフィックとなっており、それへのカウンターということになりますね。

mclaren6

過去の記念マシンやトロフィーも

過去のレースにて優勝を飾ったアイルトン・セナのマシン、ミカ・ハッキネンやルイス・ハミルトンがドライブしたマシンも展示。

壁には一面にトロフィーが飾ってある、とのこと。

mclaren5

マクラーレンF1のスペシャルエディションも

こちらはマクラーレンF1のスペシャルモデル、「F1 XP LM」。
1997年にマクラーレンがル・マンにて優勝を飾った際、記念として5台のみがプロトタイプ(マクラーレンのプロトタイプは”XP”と就くことが多い)をベースに製造されたうちの一台。

重量は標準モデルに比べて75キロ軽く(マクラーレンF1から75キロ削るのは容易なことではない)、ルイス・ハミルトンがロン・デニスに「このクルマはどうすれば譲ってくれるのか」と訪ねたほどレアなクルマのようですね。

mclaren4

レゴで製作されたマクラーレン720Sも

レゴとのパートナーシップを記念して造られたもので、重量は実車よりも重い1.6トン。

mclaren3

マクラーレンがレゴで実物大720Sを制作。2000時間をかけて28万ピースを使用し重量は1.6トン

マクラーレンはすべてが手作り

マクラーレンの工場は非常に先進的ですが、「ロボットは一台もない」とのことで、全て手作業によってクルマが組み立てられているようですね。

【動画】マクラーレンはこうやって造られる!意外と地味に手作業で製造。ほかメーカーの工場も見てみよう

mclaren2

 

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5