■近況について ■カメラや家電などガジェット系

キャノンのデジカメ、G9X Mark Ⅱ購入。206gと軽量ながらも1.0型COMSセンサー採用のお手軽高画質機

投稿日:2018/09/02 更新日:

| キャノンのデジタルカメラを買い増し |

キャノンのデジタルカメラ、「PowerShot G9 X Mark II」を購入。
先日、ライカのデジタルカメラ「ライカQ」を購入して使用しているものの、やはりこの価格帯のカメラを日常的に持ち歩くのはさすがに恐ろしく(ぼくはこれまでにカメラを2回落としたことがある)、よって普段持ち歩くことができる価格帯のカメラを購入した、ということになります。

さっそく使ってみた超高額カメラ、「ライカQ」。60万円の価値があるかどうか見てみよう

PowerShot G9 X Mark IIは軽量性が自慢

なお、キャノンG9 X Mark IIは1.0型CMOSセンサーを持ちながらも重量206グラムという軽さが自慢。
価格は実売で5万円程度ですが、この価格帯で1.0型センサーを持つのはかなり珍しく、1.0型センサー搭載コンパクトデジカメの先駆けともなったSONY DSC-RX100よりもちょっと安め(ぼくはこれまでDSC-RX100シリーズを”初代”から”RX100III”まで使用してきた)。

G9 X Mark IIは、その重量もDSC-RX100の「240g」に比較して軽く、かつUSB充電にも対応しているので、旅先での充電も比較的容易だと考えています。
さらに操作は「タッチパネル」採用で、ここもSONY DSC-RX100に比較して優れるところですね。

逆にSONY DSC-RX100に劣るのはレンズの明るさ。
G9 X Mark IIはF値2.0、SONY DSC-RX100は1.8なので、SONY DSC-RX100のほうが暗いところには強い、ということに。

焦点距離はG9 X Mark IIが28-84(3倍ズーム)、DSC-RX 100が28-100(3.6倍ズーム)、ともにズームは光学式。

canon

なお、G9 X Mark IIのカラーは「ブラック」「シルバー」があり、ぼくとしてはシルバーのほうが「味があっていい」とは考えているものの、シルバーはカメラを取り出した時に「ちょっと目立つんじゃないか」と考えて結局はブラックを選択しています。

ライカQ購入まで使用していいたSONY DSC-RX1に比較すると当然ながら画質は劣ることになりますが、その機動性(キャップを取らなくても撮影可能)、軽量性を重視した選択であり、これから当面は「キャノン EOS 5D Mark IV」、「ライカQ」、そしてこのG9 X Mark IIという3本立てとなりそう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f