>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

これがレクサスのヨット”LY650”!レクサス「夢のような時間を提供したい」

投稿日:2018/09/09 更新日:

| レクサスが構想2年、豪華ヨットを発表 |

レクサスがかねてより計画してきた、ラグジュアリーヨット「LY650」の概要がついに公開。
自動車、とくに高額なクルマや高級なクルマを扱うメーカーとヨット(ボートもしくはクルーザー)との相性は良く、多くの自動車メーカーが海上に進出。

メルセデスAMG、ポルシェ、アストンマーティン、ブガッティ等はヨットのデザインを手がけ、BMW、インフィニティ、アバルトはそれぞれヨットとコラボしたスペシャルエディションも発売しています。

なお、トヨタはもともと「トヨタマリン」なるボート事業を持っており、そこから今回の「レクサスのヨット」という話に繋がってきたようですね。

レクサスが5リッターV8エンジン搭載の「スポーツヨット」を実現?豪華クルーザーを発売予定と公表

レクサス「夢のような時間を提供し、お客様のライフスタイルを広げたい」

このヨット「LY650」については2019年に実際の製品を披露するとしており、現段階ではまずCGの公開のみ。
「LY650」は「レクサスのヨットで65フィート」を表すようですが、これはすでに公開済みの「LEXUS Sport Yacht Concept」の発展版。
ただしコンセプト段階に比べて大幅に豪華な仕様となっていて、レクサスがこのLY650にかける期待値の大きさも分かろうというもの。

lexus7

なおトヨタからのコメント、発表されたLY650のスペックは下記の通り。

トヨタ自動車 副社長 友山茂樹コメント
「夢のような時間を提供し、お客様のライフスタイルを広げたいとの思いで開発してまいりました。LEXUS Sport Yacht Conceptから約2年を経て、モビリティの可能性を海にも広げるLY650を発表できることを嬉しく思います。」

Lexus International President 澤良宏コメント
「LY650は、LEXUSの『クルマに留まらない驚きと感動の提供』に向けた挑戦の象徴です。LEXUSはこれからも皆様のライフスタイルを更に豊かにするための挑戦を続けてまいります。」

LY650主要諸元
全長 [m] 19.96
全幅 [m] 5.72
最大人数 [人] 15
エンジン Volvo Penta IPS 1350/1200
燃料タンク容量 [L] 3,800
清水タンク容量 [L] 850
客室数 [部屋] 3部屋(ベッド6名対応)

lexus2

見た感じでは流麗かつ豪華で、サイドのグラスエリアはレクサスのクーペモデルを彷彿させ、ルーフはまるでクルマのリアスポイラーのような感じ。

ちゃんと船体側面にはレクサスの「レ」をモチーフにしたアクセントも入っています。

lexus6

船室内はまさにゴージャスの一言。
フロアにはレクサスのエンブレムを模したグラフィック入り。

lexus4

意外なのは「スピンドル」モチーフがないことですが、もちろんそれは意図してのことだと思われます。

lexus

上述の通り、現在多くのメーカーがヨット/ボート事業に進出もしくはタイアップしていますが、レクサスLY650はそれらのいずれに比較してもクルマとの関連性が強く、そしてまたヨットそのものも魅力的であるので、このヨットの発売がレクサスのクルマそのもののイメージを押し上げ、ひいてはブランドイメージも高めるかもしれませんね。

VIA:TOYOTA

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5