■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

スント・エレメンタム「テラ」を購入した!スントは公式に高級ラインを大幅値下げ中。その理由を考える

投稿日:

| スントの”最高級”腕時計を購入してみた |

さて、SUUNTO EREMENTUM TERRAを購入。
これはスントの中では上級モデルに位置しており、プロフェッショナル向けという設定です(高度計や気圧計、コンパスが内蔵されているが、ぼくはこれら機能を使用することはたぶんない)。

発売当初は10万円くらいの価格設定であったものの、あまり売れずに公式サイトでもどんどん値下げが行われ、最終的には39,960円で処分が行われたもの。
「売れなかった」理由は定かではありませんが、スントの腕時計にしては重かったこと(ステンレス製で97g、堅牢製を重視している)、そしてやはり密閉製の観点からかほかのスント製腕時計のようにバッテリーの交換が「すぐに行えないこと」、その割に電池の持ちが良くないこと、が理由かもしれません。

スント・エレメンタムの維持は楽ではない

なお電池交換には専門技術が必要なので個人では行えず、これまた結構な費用がかかるという、ユーザーエクスペリエンスを無視したかのような腕時計であったことが不人気の理由だろう、とぼくは考えています(ぼくは以前に同じスントのエレメンタムシリーズ”アクア”を持っていたが、あまりの不便さに怒って売り飛ばしたことがある)。

L1060522

ちなみにスントは「ベクター」の時代からトラブルが多く、ぼくはこれまでスントの腕時計を8本購入しているものの、そのうち3本で機能的なトラブルが発生。
これはセイコーやカシオでは考えられないほどの問題発生率ですが、これに加えてバッテリーの寿命が日本メーカー製腕時計に比べると圧倒的に短い、という欠点も。

しかしながら今回は「この価格ならば許容できる」ということで再度の購入となったわけですが、信頼性の低さを考えても(プロ用のアウトドアウォッチとしては致命的ではありますが・・・)その外観の高級さは日本のメーカーでは出しえないもので、デジタル時計ながらも「どこへ出しても恥ずかしくない」一本だと考えています。※日本の高機能腕時計はどうしてもごちゃごちゃした外観になる。シンプルなインターフェースというのは苦手な模様

スントはやはり「高級」にはなりえない?値下げ相次ぐ

なお、スントは現在「スポーツウォッチ」として「SUUNTO 3」「SUUNTO 9」「SUUNTO SPARTAN」「SUUNTO TRAVERSE」「SUUNTO AMBIT3」、「プレミアムウォッチ」として「SUUNTO ESSENTIAL」「SUUNTO KAILASH」というラインアップがあり、後者の「SUUNTO KAILASH」は発売当初14万円という値付けを行なっていたものの、公式サイトではなんと「49,680円」までに値下げされているのが現状です。

suunto-elementum-watch

値下げの理由としてはおそらく「廃盤のために売り切り」ということだと思われますが、まだ「14万円時代に、高値で仕入れた在庫を持っているショップ」もあると思われ、当然ながら熱烈なスントファンほど初期に購入しているので「高値で買った」ということにもなり、スントは取扱店やファンに対して「不義理」を働いているんじゃないかと感じることも。

そしてスントは内外価格差の大きなブランドでもあり、こういった事例も多々あるので、スントについては「値下げされない限りは正規輸入品を買わない(並行輸入品を買う)」「出たばかりの新製品は買わない」と決めています。

そうすれば、スントは非常にリセールの良い腕時計なので、「買って売るまでの」得失差がかなり低くなるわけですね(時には利益が出ることもある。それを求めているわけではないけれど)。

L1060533

スントは「エレメンタム」「カイラッシュ」「エッセンシャル」で高価格帯へと進出しているものの、そこでの成功を収めることができず、公式に相次いで値下げを行うのは、上述のような「不義理」があるからだろう、と考えています。



スント・エレメンタムTERRAはこんな感じ

スント・エレメンタムはほかのスントの腕時計と同じくブラックのボックス入り。

L1060517

ただし、やや高級な作りとなっているようですね。

L1060519

説明書や保証書。

L1060520

インナーケースへ収まるスント・エレメンタム・テラ。

L1060521

ストラップはスント・エレメンタム・テラ専用。
素材はシリコンで、「コア」とは異なる、かなり柔らかめのつくりです。

L1060528

裏面にはセンサー。
「コア」等ほかの腕時計と異なって、コインによる(裏蓋を開けての)電池交換ができない構造ですね。

31068257047_57b26a6aaa_o

ケース自体は削り出しのような質感を持ち、品質はかなり高そう。
ベルトとの「ツライチ」になっています。

L1060525

サイドのボタンはポリッシュ仕上げ。
ケースが梨地のマット仕上げなので、けっこういいコントラストになっていますね。

L1060526

腕に装着するとこんな感じ。
けっこうコンパクトで張り出しがなく、これもまた冬季「長袖着用時」に活躍しそうな一本です。

L1060537

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5