>スズキ(SUZUKI) ■ニュース

新型ジムニー用カスタムパーツがドイツから!ブッシュガード、サイドステップを数種ラインアップ

投稿日:

| ドイツにはブッシュガード専門メーカーが存在した |

ドイツのアフターパーツメーカー、「コブラ(Cobra)」がエッセン・モーターショーに出展する、新型スズキ・ジムニー(日本だとジムニー・シエラ)用のガードバー(ブッシュガード/グリルガード)とサイドステップを公開。

ガードバーはステンレス製、サイドステップはアルミ製となり、それぞれクローム仕上げとマットブラック仕上げの二種が用意されています。

ちなみにガードバーは仕上げのほか形状が二種類あって、まず上の画像が「下にもバーがあるタイプ」。
かつ、クローム仕上げでフォグランプも装着した状態。

ブラックはなかなか精悍な印象

そしてこちらが「下に横棒がない」ガードバー。

jimny-cobra (10)

下に棒があるガードバーにフォグランプを取り付けなければこんな感じ。

jimny-cobra (1)

下に棒のないガードバーにフォグランプを取り付けるとこう。

jimny-cobra (3)

そしてこちらはブラックのバー。
かなり精悍な印象ですね。

jimny-cobra (4)

サイドステップは4種類

そしてサイドステップの形状は4種類あり、仕上げはブラッシュ、クローム、ブラックの3種。
こちらはブラシ仕上げの平べったい、ランニングボード風のサイドステップ。

jimny-cobra (9)

こちらはクローム仕上げで真ん中にステップがあるタイプ。

jimny-cobra (8)

円断面のバーにプレートを取り付けたもの。

jimny-cobra (5)

ツルリとした円柱状のサイドステップ。

jimny-cobra (2)

こちらはブラック仕上げ。
ジムニー・シエラの(マットブラックの)クラディングとよくマッチしていますね。

jimny-cobra (6)

なお、この「コブラ」はかなり多くの(ほとんどの自動車メーカーの)対応パーツを発表している「バー専門」メーカー。
日本車だとダイハツ、トヨタ、ホンダ、日産ほかスズキ(スイフトの対応パーツまである)向けパーツも発売しています。

エッセン・モーターショーはアメリカでいう「SEMAショー」のようなもので、アフターマーケット製パーツの見本市という位置づけですが、ジムニー向け以外にも様々なパーツが登場することになりそうです。

ほかにジムニー向けのパーツだとこんなものも

ジムニーは世界的に相当な販売台数が見込めるため、おそらくは世界中からそのカスタムパーツが出てきそう。
オーバーフェンダーで有名なリバティーウォークはジムニーを「メルセデス・ベンツGクラス風にカスタムするキットを発表していますね。

今度はスズキ・ジムニーをメルセデスGクラス風(しかもブラバスっぽい)に!リバティーウォークがまたやった

そしてDAMDからも同様にジムニーをメルセデス・版つGクラス風に改造するキットが登場(現在開発中)。

DAMDもスズキ・ジムニーをメルセデス・ベンツGクラス風にコンバート!さらには「ディフェンダー風」も

そのほか新型ジムニー用(対応)として様々なホイールやシートカバー、プラズマダイレクト、マフラー、補強パーツ、インテリア/ボディパーツも登場しており、今後まだまだ広がりを見せるのは間違いなさそう。

VIA:Cobra

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->スズキ(SUZUKI), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5