>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >フェラーリ(Ferrari) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■駄文(日々考えること) ■服や小物、時計、雑貨など

なぜシビック・タイプRのデザインはゴチャゴチャしているのか?→日本の製品は高機能化すればするほど外見が複雑になるから

更新日:

| ホンダ・シビック・タイプRについて思うことがある |

ふと思うことがあるのですが、それは「なぜ日本のハイパフォーマンスカーはこんなに見た目がゴテゴテしているのか」ということ。
たとえばホンダ・シビック・タイプRですが、この車はもう色々な付加物が取り付けられていて、これはこれでイケてるとは思うのですが、ちょっと「行き過ぎ」感も。

シビック・タイプRの価格は乗り出しだと切り詰めて500万円くらいなので、購入者層はそれなりに年齢が高い人々になりそうですが、それを考えるとデザイン的な「若作り感」が出すぎなんじゃないかと思うわけですね。

そしてオッサンがシビック・タイプRに乗っていると、側からそれを見た人はまず「いい歳こいて」とか「車に人生全てを突っ込んでる道楽者」といった印象を抱くことになると推測でき、そう考えると「もうちょっと外観をシックにした方が良かったのでは」と考えたりします。

シビック・タイプRのライバルはどんなルックスなのか

そこでシビック・タイプRのライバル達ですが、先代同士が「ニュルブルクリンク最速」を競ったルノー・メガーヌR.S.はこんな感じ。
付加物というよりはフェンダーの張り出しなど、全体的な雰囲気で「ハードコアモデル」ということを押し出しているようにも思います。

これならオッサンが日曜日の朝に峠を走っていても「今日は趣味の車の日なんだな」とまわりに受け止められそう。

このフロントのブリスターフェンダーを見よ!新型ルノー・メガーヌR.S.を見てきた

そしてやはりニュルブルクリンク最速を競ったフォルクスワーゲン・ゴルフGTI(クラブスポーツ)。
こちらはボディ形状も標準のゴルフと同じで、見た目は(レッドのラインがなければ)相当に地味。

やっぱりオッサンが乗っても「若作りして・・・」と言われることはないのかもしれません。

VWゴルフGTIクラブスポーツS発表。シビック・タイプRを破りニュル最速記録を樹立

欧州のスポーツカーは「派手」であっても若作り感はない

そしてもう一つ思うのが、欧州のスポーツカーはたとえ派手なルックスを持っていたとしても、「若作りしている」という印象を受けない、ということ。
たとえばアルピーヌA110はその最たる例で、これは「若者のクルマ」というよりは「オッサンのクルマ」という感じですね。

そしてスーパーカーであってもそれは同じで、フェラーリ488のハードコアモデル、488ピスタであってもナイスミドルこそ似合いそう。

こうやって考えると、日本と欧州のスポーツカーのデザインは大きく異なり、同じように派手ではあっても「何かが違う」ということになりそうです。
ただしそれは「お国柄」と言い換えることもでき、日本のスポーツカーが欧州のようなデザインを目指して「ゴテゴテ」をやめてしまうと、それはそれでアイデンテティを失うことにもなりかねず、逆に競争力を損なうことにもなってしまうので、日本のスポーツカーは今の路線で「正解」なのだろう、とも思います。



そういえば腕時計も同じだった

そしていつも腕時計について思うのが「日本と欧州の腕時計メーカーでは、そのデザインが異なる」ということ。
とりわけ高機能(”高級”という意味ではない)型腕時計について差が出るようですが、たとえば日本のメーカーが考える「高機能腕時計」はこんな感じ。

左からセイコー・アストロン、シチズン・プロマスター、カシオG-SHOCK(MR-G)で、どれもデザインがゴチャっとしていることがわかりますね。
なお、シチズンは「一つのボタンに一つの機能」を割り当てることで操作性を向上させるというポリシーを持っており、かつ情報は同時に表示させるという主義を貫いています。

watch

そして欧米の高機能腕時計はこんな感じ。

左からアップルウォッチ、スント・エレメンタム、IWCパイロットウォッチ。
それぞれに様々な計測機能があり、日本の腕時計にまさるとも劣らない機能を持っているものの、アップルウォッチやスント・エレメンタムは非常にシンプル。

watch2

これらはダイヤル(アップルウォッチはデジタルクラウン)に複数の機能を持たせ、BMWやアウディのインフォテイメントシステムに採用されるようなロータリーコマンダーのような機能を持っていて、回転させることで様々な画面を呼び出せるようになっています。
ちょうどシチズンが「一つのボタンに一つの機能」と考えているのとは逆に、「一つのボタンに複数の機能(や操作方法)」を持たせているわけですね。

こういった例を見ると、日本の製品は高機能になればなるほど「なにかをアドオン」する傾向にあり、その機能を視覚化する傾向にあるようです。
逆に欧米の製品は高機能製品であっても見た目が「機能の分だけ」複雑になるとは限らず、むしろシンプルになる場合があり、これはスポーツカーにもおなじようなことが当てはまるのかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >フェラーリ(Ferrari), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■駄文(日々考えること), ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5