>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

明るいカラーの大型セダンは魅力!BMWアブダビがイエローのカスタムM5を公開

投稿日:2018/12/18 更新日:

BMWアブダビは派手なボディカラーを持つサルーンが好み

いつも様々なカスタムカーを公開するBMWアブダビが、今回オースティン・イエローのBMW M5コンペティションを公開。
この「オースティン・イエロー」はBMWがもともと持っているボディカラーではありますが、M5には標準で設定されておらず、それを正規ディーラーであるBMWアブダビが、BMWのカスタム・プログラム「インディビデュアル」を使用して特別にオーダーした、ということになります。

なお、BMWのボディカラーは「フェニックスイエロー」「ダカールイエロー」など、(イエローに限ったことではありませんが)地名がつけられることが多いようですね。

大柄なボディこそ明るいカラーがよく似合う

BMWアブダビはこういった明るいボディカラーを好むようで、これまでにもM5や5シリーズだけではなく、7シリーズにも明るいグリーンやパープル、ブルーといったカスタムカラーを用いています。

bmw-m5-yellow (1)
▲このレッドのM5も刺激的
bmw-m5-yellow (4)

さらにはACシュニッツァー製のエアロパーツやホイールを好んで装着する傾向にあり、そしてこの個体もやはり、ACシュニッツァー製のフロントバンパーインサート、リアウイングを装着。

bmw-m5-yellow (6)

その他だとアクラポヴィッチ製のエキゾーストシステムも装着済み。

bmw-m5-yellow (8)

カーボンファイバー製ドアミラー、サイドのステッカーなどMパフォーマンス製のパーツも多く見られますが、このあたりはBMWアビダビ得意の「ブランドミックス」ですね。

bmw-m5-yellow (7)

珍しくホイールはノーマルですが、切削加工がボディ各部のカーボンファイバーの質感とマッチしているように思われ、なかなかに上品かつスポーティーな仕上がりに。
もともとグルルフレームやモール類がブラック、そしてカーボンルーフ採用ということもあり、さらにはゴールドのブレーキキャリパーと合間って、かなり統一感のあるカスタムだと言えそうです。

bmw-m5-yellow (3)

反面、インテリアについては「ほぼノーマル」のようですが、もともとBMWアブダビがインテリアに手を入れることは少ないように思います。

bmw-m5-yellow (2)

日本だとBMWのボディカラーは「ホワイト」と「ブラック」が大半

なお、BMWはその国によって好まれるボディカラーが大きく分かれるようで、北米だとグレーやブルー、欧州だとグレーが好まれる傾向にある、と言われます。
反面日本だと「ホワイトとブラック」が大半を占め、とくにホワイトの人気が高いようですね。

ただ、BMWジャパンとしてはこの傾向をちょっと変えたいと考えているのか、最近ではカラフルなボディカラーを持つ限定シリーズを投入する、といった活動も見られます(もしくは、BMWのカスタムプログラム”インディビデュアル”を活性化し、一台当たりの販売単価と利益単価を上昇させたいのかも)。

VIA:BMW AbuDhabi-Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5