>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサス「SUVにFモデルを設定しようと思う。UXはとくにFにふさわしいポテンシャルを持っている」

投稿日:

BMW「M」、メルセデスAMGに対抗するにはSUVにも「F」しかない

レクサスはそのパフォーマンスブランドとして「F(ISF、RC F)」を持ちますが、近いうちにSUVラインナップについても「F」を設定する、というウワサ。

現在でもレクサスはUX、NX、RXについて「F Sport」を持つものの、今回の話は外観をスポーティーにし、脚まわりをちょっと固めた「F Sport」ではなく、エンジン出力を高め、運動性能を大幅に向上させた「F」を登場させる、ということですね。

レクサス「現在真剣に議論中」

これはレクサスのプロダクト・プランニング&ストラテジー部門を担当するレクサスの副社長、クーパー・エリクセン氏が現地メディアに対して語ったもので、現在レクサスにおいては「FブランドのSUVについて、活発な議論がなされている」とのこと。 ※LXは完全なオフローダーなので今回の 議論の対象にはなっていない模様

加えてレクサスUXのチーフエンジニアによると、「レクサスUXは”F”を名乗るに値するポテンシャルを持っている」とのことですが、たしかにレクサスUXはぼくがRX、NXと運転した中ではもっとも(レクサスのSUVでは)ドライバビリティが高い、と感じたSUV。

加えてレクサスは「SUVにおいて、オンロードでの性能がオフロードでの性能よりも重要なのかを検討する必要がある」としており、SUVラインアップに「F」が登場するとしても、それは「オンロード性能重視」といった性格を持つことになりそうですね。

レクサスのSUVに「F」がないほうがむしろ不思議

なお、SUVにおいてオフロードよりもオンロード性能を重視するというのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、ぼくの印象としては、実際に運転してみたところ、ジャガーF-PACEは「背の高いF-TYPE」、つまり車高の高いスポーツカー。
実際にジャガーはF-PACE発売時に「オンロード走行にフォーカスしたSUV」と明言しており、こういった考え方も今後「アリ」なのかもしれません(実際に多くの人はSUVでオンロードを走らない)。

そのほか、アルファロメオ・ステルヴィオ、マセラティ・レヴァンテもやはり「オンロード寄りのSUV」だと考えていて、もちろんレクサス「F」と競合するBMW 「M」、メルセデスAMGのSUVもやはり「オンロード寄り」。

現在アメリカではレクサスRXが非常によく売れていると聞きますが、それだけにレクサスRX「F」が登場すれば、それはレクサスに大きな利益をもたらすのだろう、とも考えています。

そして、レクサスがSUVに「F」を設定するとなると、それは「ガソリンエンジン+ハイブリッド」になると考えられ、となるとこれもまた独自性を発揮することになるので「競争力を発揮する」のは間違いなさそう。

そう考えるとレクサスのSUVに「Fがない」ことのほうがむしろ不思議でもありますね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5