>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフフィー・ダイナミック・エディション登場。その加速はポルシェ・ケイマンS以上の俊足SUV

投稿日:

ハンドリングの向上に費やしたのは63,900時間

レンジローバーが「ヴェラール」のラインアップへ、最強モデルとして「SVオートバイオグラフフィー・ダイナミック・エディション」を追加。

これは現時点では最もパワフルなヴェラールとなり、エンジンは5リッターV8、542馬力。
トランスミッションは8速AT、駆動方式はもちろん4WD、0−100キロ加速はなんと4.5秒。

写真の説明はありません。

ちなみにポルシェ718ケイマンSの0−100キロ加速は4.6秒なので、ヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションは「とんでもない俊足」ということに。

ボディラインはよりなめらかに

なお、レンジローバーはこのパワーアップに合わせてヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションのハンドリングも磨きあげ、それにかかった時間はなんと63,900時間。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

開発にあたったのはレンジローバーのカスタム車両開発部門である「スペシャル・ビークル・オペレーションズ=SVO」だそうですが、これまでのノウハウを活かし、ブレーキシステムも強化してあるようですね(2ピースローターを使用している。フロントのブレーキキャリパーはレッド)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、ホイールは標準で21インチ、オプションでは鍛造22インチを用意。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

外観だと前後バンパーのデザインが変更され、フロントバンパーはヴェラール特有の「フラッシュサーフェス」はそのままに冷却のために大きく口を開けることに。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外、テキスト

一方でリアだとあまりに巨大なテールパイプがひと目で判別できる相違点ですね。

写真の説明はありません。

通常のヴェラールにはフロントからサイド、そしてリアアンダーに渡ってブラックのモールが入りますが、ヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションではそれがなくなり、これが車両全体の雰囲気を大きく変えているようですね。

ヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションの内装はこうなっている

ヴェラールSVオートバイオグラフィー・ダイナミック・エディションのインテリアももちろん「特別製」で、アルミ製のパドルシフトやインフォテイメントシステムのコントロールダイヤルが与えられることに。

ステアリングホイールの形状もアグレッシブな形状へと変更され、全体的にスポーティーな印象を受けますね。

写真の説明はありません。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5