ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ(Lamborghini)

凝縮感のあるベイビーランボ、「ランボルギーニ・トローノ」コンセプト公開。テルツォ・ミッレニオ似のハイブリッドスーパースポーツ

投稿日:2019/02/26 更新日:

いつの日にか本当にこういったランボルギーニが登場しそう

RAMANDEEP SINGH氏をはじめとするデザイングループがランボルギーニのコンセプトカー「Trono」を公開(もちろんオフィシャルではない)。

そして「Trono」は英語でのThrone、日本語だと王座を意味しますが、テルツォ・ミッレニオをベースにしたデザインがなされているようですね。

ただ、テルツォ・ミッレニオと大きく異なるのは、「ピュアエレクトリック」ではなくハイブリッドだということ(スペックの解説はないものの、リアには排気パイプが見える)。

ランボルギーニ・トローノは「ランボルギーニらしい」特徴を備えている

このランボルギーニ・Trono(トローノ)のデザインはかなりの「キャブフォワード」。
コクピットがかなり前に寄っているということですが、これはテルツォ・ミッレニオ同様。

そしてランボルギーニがこだわる、サイドから見たときに「一筆書き」で描けるシンプルなラインも継承。

フロントウインドウの面積は大きく、ルーフの「半ばまで」に達していて、Aピラーもブラック処理がなされるためにキャビン全体がドーム状のように見えるデザインを持っています。

パネル構成はかなり複雑で、とくにサイドはかなり入り組んだ形状。
前後オーバーハングが極端に抑えられ、凝縮感のあるデザインでもありますね。

リアはフロント同様に「Y字」モチーフ。
大理石のように見えるのは鍛造カーボンで、ランボルギーニでは「フォージド・コンポジット」を呼ばれる軽量素材です。

やはりランボルギーニは「ヌルっと」したデザインより、こういったエッジの効いた、エクストリームなデザインが似合うようですね。

最近はランボルギーニのコンセプトが多数公開

なお、ここ最近になってデザイナーたちによるランボルギーニのコンセプトカーが多数公開。
つい最近は「乗る」よりも「着る」に近いコンセプトカー「オートノマス・ランボルギーニ」が公開されたばかりです。

テルツォ・ミッレミオは多くのデザイナーにインスピレーションを与えており、この「ランボルギーニ・コンセプトX」もそういったデザイナーによる作品のひとつ。

このランボルギーニ・ヴェガも同じくテルツォ・ミッレニオの影響を受けたもの。

こちらはフルエレクトリックのシングルシーター、「ランボチャレンジ」。

最近公開されたコンセプトカーの中ではもっともイケてると感じたのがこれ、「ランボルギーニ・ベラドール」。

VIA:RAMANDEEP SINGH

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5