>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■ニュース

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター発表!独自の内外装アクセントが与えられ800台限定、国内価格は6171万円

投稿日:2019/03/05 更新日:

外装にはホワイトのラインが追加されてエレガントに

ランボルギーニがアヴェンタドールのハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」にオープンモデルをを追加。

ランボルギーニは伝統的に、V12モデルのオープンモデルには「ロードスター」の名称を与え、V10モデルには「スパイダー」と命名していますが、今回もその法則に従い、その名は「アヴェンタドールSVJロードスター」。

なお、ロードスターは「オープン状態が基本であり、簡素なトップを持つ」と一般に定義されている通り、「ウラカン・スパイダー」の持つ電動格納式トップではなく、アヴェンタドールSVJロードスターには「着脱式の」ハードトップが与えられています(アヴェンタドールSロードスターと同じ)。

アヴェンタドールSVJロードスターのドライブトレーンはクーペ版と同一

アヴェンタドールSVJロードスターに採用されるエンジンはクーペ版と同じく6.5リッターV12、出力は770馬力。
トランスミッションは「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)」で、これはシングルクラッチの発展版となりますが、ウラカンやウルスとも異なる「アヴェンタドールのみ」に与えられるもの。

画像に含まれている可能性があるもの:車

0-100キロ加速は2.9秒(クーペ版+0.1秒)、0-200キロだと8.8秒、最高速度は350km/h(クーペと同じ)、100km/hから停止に要する距離はわずか30メートル。

画像に含まれている可能性があるもの:車

オープン化によって増加した重量は50キロのみ。とアナウンスされ、このルーフはカーボンファイバーにてできており、「2分割(片側6キロ)」構造をっています。

写真の説明はありません。

クイックリリースレバーにて取り外しができ、外した後はフロントフード内に収納できるとされますが、(アヴェンタドールSロードスターの)オーナーさんによると「けっこう取り外しと収納は面倒」。
しかしながら、先代でもあるムルシエラゴ・ロードスターに比べると遥かに(ルーフの着脱は)簡単になっているのでは考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ランボルギーニによると、アヴェンタドールSVJの概要は下記の通り。

SVJ Roadsterを表現する言葉、それは「唯一無二」。
わずか800ユニットのみで構成されており、Aventador ファミリーをまさに象徴するモデルです。空を切り裂くような流線形のボディラインと美しいデザインは、洗練されたイタリアンテイストとクラフトシップの賜物です。

未来志向のアエロディナミカ·Lamborghini:ALA 2.0 とエアロベクタリングが、直線走行での空気抵抗を最小限に抑え、コーナリング時に最適な空力荷重を実現します。これまで以上にパワフルになった自然吸気V12エンジンは、最高出力770馬力を誇ります。時速350 kmに8,500 rpmで到達することができ、100-0 km/hの制動距離はわずか31mです。
インテリアはユーザーのテイストを反映できるようにトータルカスタマイズが可能になっています。そして、あらゆる記録を凌駕するパフォーマンスから生まれる、真のエモーションを体感するために設計されたテクノロジーがそこにあります。

VIA:Lamborghini
写真の説明はありません。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターのエクステリアは「独自のフィニッシュ」

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスターエクステリアデザインについてはこのように記載がなされており、基本的にはクーペ版と同じ。
ただし、随所に入る「ホワイトアクセント」が独特の雰囲気を醸し出しているようですね。

洗練、アグレッシブさ、軽さ、そして航空学からフィードバックされたエアロダイナミクス。SVJ Roadsterの持つ美しさやパワー、性能は、カーボンファイバーをはじめとする超軽量素材によって実現されています。これらの素材は、ボディやリムーバブルハードトップに採用されています。ボディには、これまでのどのモデルよりも大きいエアインテークが設けられています。さらに幅の広いサイドスカート、空力性能を際立たせるプロフィール、軽量化が図られたエキゾーストシステムを装備します。

一方、ハードトップの製造には、製品の高品質で優れた仕上がりを可能にする画期的なRTM高圧プレス技術が用いられています。
ボンネット、フロントフェンダー、ドアにも超軽量素材が採用されており、車重の軽量化に大きく貢献しています。ここでは、一つひとつのディテールがそれだけで完結することは決してありません。それはエモーションを形づくるものであり、アグレッシブなパフォーマンスを表現するものなのです。

写真の説明はありません。

なお、エクステリアにおいてぼくが注目したいのは、今回クーペ版のアヴェンタドールSVJとは異なり、ホワイトのラインが設けられていること。
これはフロントバンパー、ボディサイド、リアバンパーのほか、リアセクションやエアインテークにも見られますが、このリアウイング支柱(センター部分)のラインはけっこうインパクトがありますね。

写真の説明はありません。

リアだとバンパーのエッジに沿ってラインが入り、「オメガ・デザイン」がよくわかるように。

画像に含まれている可能性があるもの:車

フロントだとバンパー下部にライン。
やはり「オメガ」が強調されているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

サイドではアンダー部分、Cピラーに相当するインテーク部分にホワイトのライン。

画像に含まれている可能性があるもの:車

パフォーマンスにおける特徴では、アクティブエアロシステム”ALA2.0(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)”、4ホイースステアリング、4アクティブ・サスペンションが装備され、これもクーペ版のアヴェンタドールSVJに同じ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

こうやって見るとインテリアに見られる「ホワイトのライン」とエクステリアのホワイトのラインとがシンクロしており、クーペにはない選択肢や楽しみ方が広がりそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アヴェンタドールSVJのインテリアもクーペとは異なる印象に

インテリアにおいては下記のように解説がなされていますが、やはりランボルギーニはアヴェンタドールSVJロードスターに対して独自のデザインを与え、「単なるオープンモデルではなく、積極的に選ぶ理由」を付与しているようにも思います。

車室を形づくるモノコックに使用され、ドアやシート、センタートンネル、コンソールにも再現されるカーボンファイバーの技術的特徴が、航空機に着想を得たデザインと共存しています。中でもレザーと Alcantara® のカバーが、高級感あふれるインテリアに独特のアグレッシブさを与えます。
さらに、クロスステッチによる美しいディテールと重要さが引き立つ「SVJ ロードスター」インテリアプレートが、洗練された美学に裏打ちされたこの新型モデルにユニークに仕上げています。

写真の説明はありません。

シートのカラー配置も新しくなったようで、「Yシェイプ」部分のカラーがこれまでとは反転しているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおアヴェンタドールSVJロードスターは800台限定(クーペは900台限定)。
価格については下記の通り公開されています。

ヨーロッパ387,007ユーロ(税抜き)
イギリス323,323ポンド(税抜き)
アメリカ573,966ドル(税抜き)
中国8,296,758元(税込み)
日本57,143,135円(税抜き)

VIA:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5