>ロールスロイス(Rolls-Royce)

「宇宙」テーマのロールスロイス・ファントム”トランキリティ”登場!ロケットや探査機モチーフのデザインそして実際に”隕石”が使用され25台のみが限定販売

更新日:

まさに宇宙空間の静寂が感じられる

ロールスロイスがファントムに新たな限定モデル「ファントム・トランキリティ(Phantom Tranquillity)」を追加。
”Tranquillity”とは「静寂」を意味する単語ですが、その言葉の表すとおりひたすら静けさを感じさせる仕様が内外装に見られます。

なお、このファントム・トランキリティは世界で25台のみの限定となり、スタンダード、エクステンデット(ロング)ホイールベースのどちらかを選択可能。

ロールスロイス・ファントム・トランキラリティのテーマは宇宙

なお、この「静寂」とはおそらく宇宙空間の静けさをイメージしたものだと考えられ、というのも随所にロケットや隕石など「宇宙」をテーマにした意匠が見られるため。

画像に含まれている可能性があるもの:車

スピリット・オブ・エクスタシーも専用デザイン。
サテン仕上げとなり、ベース部にはゴールドが使用され、「Phantom Tranquillity」の刻印入りとなっています。

写真の説明はありません。

特徴的なのはこのインテリアで、ダッシュボードはイギリスのスカイラーク・ロケット(観測ロケット)をイメージ。

写真の説明はありません。

この「コレクション・ギャラリー」に使用されるのは航空機グレードのアルミニウムで、ゴールドに見える部分は「24金」(内側がスケルトンなので、埃が溜まったら掃除が大変だろうな・・・)。

写真の説明はありません。

インテリアカラーはアークティック・ホワイト(セルビー・グレーも選択可能)で、コレクション・ギャラリーと同じパターンがエンボス加工にて。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

スピーカーグリルも24金メッキ。
これはNASAの探査機、ボイジャーをイメージした、と記されています。

写真の説明はありません。

ボリュームコントローラーのサイドは24金メッキで、中央に使用されるのは「1906年にスウェーデンに落ちた隕石」。

写真の説明はありません。

なお、日本ではさほど隕石に対して興味が持たれることはないようですが、欧州だと、ほかにBMWが隕石をテーマにしたワンオフモデルを作成したり、ロレックスにも隕石を文字盤に使用したモデルがありますね。

そしてルーフはおなじみ「スターライト」ですが、通常オプションのスターライトよりも星の数が多いように思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こうやって見るとやはり「静寂」を感じずにはいられない、といった内装ですね。
ちなみにインテリアは「月の裏側」、ダークサイド・オブ・ザ・ムーンをイメージしているのだそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ロールスロイスはほかにもカスタムモデルを発表

そしてロールスロイスはゴーストとレイス「ブラックバッジ」も公開していますが、どちらもカスタムされたもので、こちらのボディカラーは「アイスド・サテンフィニッシュ」が施されたガンメタル。

写真の説明はありません。

グリルなど各部はブラックもしくはブラッククロームですが、これは「ブラックバッジ」特有の仕様でもあります。

写真の説明はありません。

一方でこちらはおなじ「ブラックバッジ」なららもボディカラーは”ガリレオブルー”。※ロールスロイス・ブラックバッジシリーズは、ボディカラーなブラックなわけではなく、グリルやフレーム、エンブレム等がブラック仕上げとなり、ホイールがブラック地の切削加工になるなど、”ブラックアクセントが付与される”スペシャルエディション。ほかにはエンジンもパワーアップされる

写真の説明はありません。

インテリア、コーチライン(ボディサイドのストライプ)はマンダリン(オレンジ)で、ホワイトとネイビーブルーも使用されているそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車

VIA:RollsRoyce

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5