>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■服や小物、時計、雑貨など

ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオEVO"10th Edition"発表!ランボルギーニのデザインセンターによる”コレクター向け”カラーリング

投稿日:2019/03/13 更新日:

ブラック×ゴールドにイタリアントリコローレ

ランボルギーニが「ウラカン・スーパートロフェオEvo 10th Edition」を公開。
「スーパートロフェオ」はランボルギーニの開催するワンメイクレースで、開始当時はガヤルド、そして現在ではウラカンを使用して熱い戦いが繰り広げられています。

そしてその車両はレースに参戦するチームの他、コレクターに向けても「コレクターズ・エディション」として販売されますが、今回の「ウラカン・スーパートロフェオEvo 10th Edition」は文字通りスーパートロフェオの10周年を記念したもの。

なお、昨年にもやはり「スーパートロフェオ10周年記念」モデルが発売されていますが、今回発表されたスペシャルエディションのほうが「ロジェデュブイ度」が高いようです。

ウラカンのルーフには「エクスカリバー」のムーブメントが描かれる

実車の公開はランボルギーニとパートナーシップ契約を結ぶ腕時計メーカー「レジェ・デュブイ(Roger Dubuis)」本社にて公開されたそうですが、両社の関係は2017年から継続。

そしてその結びつきはかなり強く、ランボルギーニのショールーム(ディーラー)にもロジェデュブイの什器が置かれる他、今回の「ウラカン・スーパートロフェオEvo 10th Edition」のルーフには大きくロジェデュブイの腕時計に採用されるムーブメントが描かれています。※ロジェデュブイの前はブランパンがパートナーだった

写真の説明はありません。

ちなみにこちらがウラカンをイメージした限定88本のみの腕時計「エクスカリバー・ウラカン」。
各部にホイールやエンジンを思わせるデザインが施されていることが特徴です(文字盤の”X”はエンジンルームのサポートフレームをイメージし、リューズはセンターロックホイールのナットをモチーフとしている)。

近年では腕時計メーカーとパートナーシップ契約を結ぶ腕時計メーカーも多く、そして様々な「スペシャルモデル」が発売されていますね。

写真の説明はありません。

ウラカン・スーパートロフェオEvo 10th Editionのエンジンは5.2リッターV10、出力は630馬力。

写真の説明はありません。

マットブラックにゴールドをあしらったボディカラーはランボルギーニのデザインセンター(チェントロ・スティーレ)によってデザインされたもので、これはランボルギーニのエンブレムをイメージしたものと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして車体後部にはイタリアンフラッグ。
同じくパートナー企業の「OPPO」のロゴもありますね。

中国OPPOとランボルギーニが戦略的提携。まずは”クイックチャージ内蔵”スマートフォンを発売

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

ウラカン・スーパートロフェオ「Evo」はそれまでの「ウラカン・スーパートロフェオ」に比較してモンツァ・サーキットでもラップタイムが1.5秒短縮されたとのことですが、ルーフハッチやシャークフィンの追加、リアフェンダーサイドの延長が主な外観上の変更点。

画像に含まれている可能性があるもの:車

トランスミッションは6速シーケンシャル、最高速度は280km/h(リミッター作動)。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5