●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンにちょっとした不具合。ブレーキの引きずり音が大きく、周りの人もびっくりするくらいで要点検

投稿日:

ブレーキ鳴きとは全く別で、加速中でも音が鳴る

ポルシェ718ケイマンのトラブルというか、ちょっとした不具合。
走行性能に問題があるわけではないものの、おそらくブレーキが原因と思われる異音が生じています。

これはブレーキを踏んだときの「ブレーキ鳴き」とは別で、ブレーキを踏んでおらず、普通に走っているときに「キー」という連続音が出る、というもの。
そしてその音自体は鈴虫の羽音のような感じです。

発生状況はいくつかに絞られるようだ

なお、ブレーキをかけたときの「ブレーキ鳴き」に関してはポルシェに限らず欧州車にはつきもので、これに対してはさほど気にしておらず、しかしブレーキペダルを踏んでいないのにこういった音がでるということについてはちょっと問題視しています。

というのも、通常は接触すべきではないところが接触しているということになり、これによってローターやパッドの異常摩耗が生じたり、摩擦による熱で別の問題が生じることがあるため。

なお、この症状は最近まで発生しておらず、ここ数週間になって出てきたもの。
その間特にハードな走りをしたり、クルマに大きな負荷がかかるようなことはなかったと思うので、単に「ブレーキローターとブレーキパッドの摩耗具合によって、(これまでとは接触の度合いが変わり)急に発生した」とも考えられるわけですね。

であればもうちょっと走ってみればなにかが変わるかもと思い、しばらく走ってみたものの状況は改善しないまま、というのが現在の状態です。

様々な状況にて試してみた結果、おおよそ現在把握している状況は下記の通りで、「走行すると音が出る=回転部分から異音が出ている」のは間違いないものの、これらの状況を見るとドライブシャフトやその他回転系ではなく、「ブレーキシステム」がその発生理由だと断じていいかもしれません。

  • 低速でも、高速でも発生する
  • 加速時に発生することが多い(加速時のエンジンの振動で何かが変化?)
  • 右折時に発生することが多い(右折時に若干ハブが歪んでローターとパッドとの接触度合いが変わるのか)
  • 気温10度前後で出るようだ
  • ブレーキを踏むと音は消えるようだ(となるとやはりブレーキが原因)
  • ローターが熱くなると音が出なくなるかもしれない

正直、周囲の目が一番つらい

なお、ローターとパッドとの隙間に何か挟まっているんじゃないかとも疑いましたが、前後左右のローター裏表を見る限りでは(ローターの表面から判断するに)そういった痕跡もない模様。

ちなみにこの音は「常に」出るわけではなく、しかし一旦音が出るとしばらく出続け、その後音が出なくなるとまた少しの間は音が出ない、という状況。

ただしその音はけっこう大きく、周囲の通行人が振り返るほどで、そしてその目は「え?ポルシェみたいな高級車なのにそんな音すんの?」と言っているように感じられるほど。
加えて同乗者に対してもなんとなく気まずく、近日中にポルシェセンターにて細部を点検してもらおうと考えていますが、常に音が出ているわけでもなく、持ち込んだときに再現性がなければ「異常なし」ということになりそうです。

なお、ブレーキの引きずり音はこんな感じ。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5