>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツGLCクーペ登場!美しいスタイルはそのままに、顔つきやエンジン/内装が最新世代に進化

投稿日:2019/03/20 更新日:

ヘッドライトが小さくなることで車体が大きく見えるように

メルセデス・ベンツがGLCに続き、「GLCクーペ」をフェイスリフト。
内容としては外観だと前後ランプ類の変更と前後バンパーのリニューアル、走行性能だとエンジンとドライビングアシスタンスのアップデートといったところで、「GLCクーペならではのスタイルに磨きをかけ、さらに経済性と安全性を増した」ということになりますね。

全体的な印象は「これまで通り」

全体的なフォルムは「GLCクーペ」そのままで大きく変わらず。
それだけもともとのデザインが優れているということになりますが、まさに「クーペ」と呼ぶにふさわしい、なだらかな傾斜を持つルーフラインが特徴的。

こちらは前期型のメルセデス・ベンツGLCクーペ。
これに比べるとヘッドライトが小さくなり、現行メルセデス・ベンツの採用する「プレデターフェイス」に統一されたことがわかります。

加えてエアインテークが大きくなり、AMGモデルに近いデザインが採用され、ボディ下部には金属または金属風のパーツ/加飾が用いられているようですね(これらの中にはオプションも含まれるかもしれない)。

そしてフロントアンダーの「左右つながった」、天才バカボンに登場する「目玉つながりのお巡りさん(本官さん)」のようなグリルはダミーで、しかし左右にエアを流す構造に。
これはメルセデス・ベンツだけではなくアウディでも採用する仕組みで、今後はこの採用がほかメーカーにも拡大されそうです。

横から見ると、比較しないと実際どうなのかはわからないものの、フロントフードが延長され「シャークノーズ」が強調されているようにも見えますね。※BMWはニューモデルが出ると、いつも新旧の比較を行う画像や動画を公開してくれるのでわかりやすいが、メルセデス・ベンツは変更点を強調することが少ない

フロントグリル形状の変更に伴い、ホイールアーチ部の樹脂パーツもその形が改められています。

ヘッドライトには「LEDハイパフォーマンス・ヘッドライト」が標準装備。

リアはテールランプ、バンパー、ディフューザーそしてエキゾーストパイプが変更に。
そしてやはりリアバンパーのアンダーセクションにはクロームの加飾付き。

現在メルセデス・ベンツはボディ表面について「フラッシュサーフェス化」を進める傾向にあるものの、逆にBMWは3Dデザインを持つテールランプを与えたり「凹凸」を強調した意匠を採用。
そしてアウディは「エッジ」をさらに強めるなど、ジャーマンスリーはそれぞれの方向へ向かって邁進しているようですね。

新型メルセデス・ベンツGLCクーペについて、安全面だと後方からクルマが来ているときにドアを開けようとすると警告を発する「エグジット・ワーニング・ファンクション」ほか、ボートなどを牽引するときに姿勢を安定させる「トレーラー・マニューブリング・アシスト」も追加に。

エンジンについてはガソリンだと145馬力(GLC200 4MATIC)、190馬力(GLC300 4MATIC)、ディーゼルだと120馬力(GLC200d 4MATIC)、143馬力(GLC220d 4MATIC 、180馬力(GLC300d 4MATIC)が用意される模様。

なお、ガソリンエンジンは「48Vマイルドハイブリッド」と組み合わせられ、スターターと兼用となるモーター(おそらく22馬力)がエンジンをアシストする構造を持っています。

インテリアについては最新世代のインターフェース「MBUX(Mercedes-Benz User Experience)」が与えられた”ワンピースコントロールパネル”が特徴。
ステアリングホイールにも「マルチファンクションタッチパッド」が与えられ、オプションにてジェスチャーコントロールも用意されているようですね。

なおメインのメーターには12.3インチディスプレイ、センターのコントロールディスプレイは10.25インチ(エントリーグレードは7インチ)。

現在のところ新型メルセデス・ベンツGLCの納車時期や価格についてアナウンスはなく、追って発表があるものと思われます。

VIA:Mercedes-Benz

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5