>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ356スピードスター後継モデルはこうだ!シンプル&クリーンな「357スピードスター・コンセプト」

更新日:

ポルシェとはかけ離れているようでいて、ポルシェのツボを押さえている

レンダリングアーティスト、Clément Lacour(クレメント・ラクール)氏が「ポルシェ357」のレンダリングを作成。
これはその番号からもわかるとおり「356スピードスターの後継」となりますが、一気に未来へとジャンプしたスタイルを持っていますね。

なお、ポルシェ356は1948年にポルシェがはじめて発売したクルマで、ここから数えてポルシェは昨年に「70周年」を迎えることとなっています。

ポルシェは意外や「スピードスター好き」な会社だった

そして1954年に356シリーズへと追加されたのが「356スピードスター」で、これはルーフをチョップしたスパルタンなモデル。
ルーフをカットする意味としては「重心を低くする」という主な理由のほか「軽量化」という側面もありますが、ポルシェはこの「スピードスター」を歴史的資産だと位置づけており、ぴったりポルシェ創業70周年となる「2018年6月9日」に991世代の「911スピードスター・コンセプト」を発表しています。

そしてポルシェは356、930、964、997、991世代において「スピードスター」を設定していますが、さらにコンセプトカーとして「ポルシェ911カレラ 3.2 スピードスター」を発表したことがあり、これは今回公開されたレンダリングのように「シングルシーター(実際にはシングルシーター風に見せるカバーが取り付けられている)。

porsche21

ポルシェが「911スピードスター」発表とのウワサ。ここで歴代スピードスターを見てみよう

そこで今回の「ポルシェ357スピードスター」ですが、インスピレーション元としてはやはり356、そして911カレラ 3.2 スピードスターを挙げています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、テキスト

そして完成したのがこちらの「357スピードスター」のレンダリング。

写真の説明はありません。

全体的にクリーンな印象を持っていて、エキゾーストパイプがないところからみても「ピュアエレクトリック」だと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらはフロントから。
グリルがなく、おそらくはダウンフォース獲得を目的としたであろうエアインテークとスリットがセンターに見られますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、このヘッドライトは、かの「ポルシェ935」にインスパイアされたもので、過去の様々なポルシェに刺激を受けた、「ポルシェ愛あふれる」一台だと言えそう。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

なお、こちらはフロントではなくてリア。

写真の説明はありません。

「後ろ下がり」なデザインもやはり、356や911へのオマージュのようですね。
キャビン後方にあるルーバーもやはり、356をイメージしたものだと思われます。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

VIA:Clément Lacour

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5